GG-チャリのラーメン食べ歩き日記

神奈川エリアのラーメンを食べまくり
スマホからもPC版サイトがおすすめ!
店舗検索や二郎、家系、激辛特集もあります。

二郎 鶴見店

2012年07月24日 | 横浜市鶴見区

【住 所】 横浜市鶴見区岸谷2-13-7
【定休日】 水
【時 間】 11:30~14:15 18:00~24:15 土日祝11:30~15:00 18:00~23:30
【駐車場】 無し

今日は 二郎 鶴見店 に行って来ました。

こちらは二郎としては神奈川県最古参となります。
ちなみに私の二郎デビューはこちら鶴見店。
初めて食べた時の印象はとにかく「まずい」でした
それでも通い続けているのは二郎マジックですかね

ここ数年の二郎ブームに乗り、インスパイア系が続々とオープンした事もあり、本家二郎の行列が少なくなってきたのを感じていましたが
駅から遠く、国道沿い駐車場無しという、アクセスの悪い
ここ鶴見店においては、非常に顕著に表れています。

開店時間を少し過ぎた11時40分頃到着。


店内はガラガラ
先客は2名。
店主は麺茹でに入る気配は無く、ファーストロットの客を待っているようですが来客は無し。
開店から20分近く経った頃、ようやく一人来店し、ようやく麺茹で開始。
ファーストロット4人前と淋しいスタート



【メニュー】
小 600円、小ブタ 700円(チャーシュー4枚)、小ダブル 800円 (チャーシュー8枚)
大 700円、大ブタ 790円(チャーシュー4枚)、大ダブル 900円(チャーシュー8枚)
二郎では県内最安の価格設定

あいかわらず野菜マシマシ禁止
しばらくの間という事ですが、もう何年か経ちます。



食したのは 小600円
こぼれんばかりに並々と注がれたスープがここ鶴見店の特長
たまにこぼれてますけど



コールはヤサイ、アブラ、唐辛子



いつも通りヤサイマシはスルーされてますが、何か?



深~いアブラの層
二郎ではにアブラというと背脂の塊がオンされますが
こちらでは背脂ではなく、途轍もない油の層。
1センチはありそう



レンゲですくうと
スープと言うよりは味付きのアブラ



麺はあいかわらずデロデロ寸前の柔らかな太麺
アブラが絡むのですね~



チャーシューは一枚だけ
今日のは固め、お味濃いめ


ごちそうさまでした。

しばらくアブラは控えます・・・





【過去記事】
2011年11月17日
2010年05月27日
2009年02月03日




『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ラーメンショップ 希望ヶ丘店 | トップ | 二郎 池袋東口店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

横浜市鶴見区」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事