ガーデンフィールズ オクダ

富山県富山市町村245 TEL076-411ー8739
営業時間AM10時~PM6時 定休日 月曜日※祭日営業翌日休業

ぼちぼちまいてやってください!!

2014年11月11日 12時50分35秒 | ガーデンフィールズニュース

寒肥は寒い時期に与える肥料なので、
だいたい11月下旬~翌2月頃に与えます。

ただし、寒い時期の植物は
休眠期に入っていることが多く、
すぐに植物に吸収される訳ではありません。

寒い時期に与えた寒肥は、
春になるまでにゆっくりと吸収しやすい栄養素に変わり、
ちょうど植物が起きだす頃に吸収されていきます。

「元肥」と「追肥」という施肥方法がありますが、
寒肥は元肥にあたるので、
植物にとってウエイトの大きい重要な肥料と言えます。


寒肥をするかしないかで、
春以降の植物の生長に大きな差が出てくるので、
しっかりと寒肥をしてあげることはとっても重要です。

なお、寒肥として与える肥料の種類や量は
植物によって異なるので注意しましょう。

■寒肥には有機質肥料が良い

寒肥は元肥と書きましたが、
多めの肥料を一度に与えることになるので、
肥料焼けを起こしにくい肥料、つまり
有機質の肥料が適していることになります。

今年は早く雪が降りそうなのでお早めに作業してください。

有機質の肥料は植物にはすぐには吸収されにくく、
ゆっくりと吸収されていくので、
多くの肥料を一度に与えても肥料やけをしにくいと言えます。

また、ゆっくりと吸収されていく緩効性なので、
肥料の効果が長続きするのもメリットです。

有機質肥料の代表格としてはいろいろありますが

オクダ一押しは当店のバーク堆肥をやってみてください!


コメント   この記事についてブログを書く
« 虫よけにもなるクリスマスツ... | トップ | さむなったっちゃ!心も体も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデンフィールズニュース」カテゴリの最新記事