ガーデンフィールズ オクダ

富山県富山市町村245 TEL076-411ー8739
営業時間AM10時~PM6時 定休日 月曜日※祭日営業翌日休業

この時期はこの花が可愛く人気です!

2011年02月08日 10時01分48秒 | 学問

Kumomaup1 一般的に「クモマグサ」または「洋種クモマグサ」などの名で市販されており、交配種の一群です。高山植物として扱わなければならない植物のなかでも、育種や選抜が長年繰り返されてきただけあって、たいへん丈夫です。いずれも草丈は10~20cm弱で、多数の芽が集まってクッション状になっています。それぞれの芽の中心から花茎を伸ばし、直径2cm弱のウメに似た形の花を1~3輪、上向きに咲かせます。促成栽培された花つきの株が2月から出回ります。
 交配のもとになった種はヨーロッパ原産で、サキシフラガ・カエスピトーサ (Saxifraga caespitosa)、サキシフラガ・グラヌラータ(S. granulata)、サキシフラガ・ヒプノイデス(S. hypnoides)、サキシフラガ・モスカータ(S. moschata)、サキシフラガ・ロサセア(S. rosacea)などがあります。これらの種のほとんどは高山の岩場や岩の割れ目、礫原(れきげん)などに生えています。
 和名をクモマグサ(S. merkii var. idsuroei)という植物は、本州中部の高山の岩場に見られる多年草で、ほとんど市販されていません。日本では北海道に分布する基準変種のチシマクモマグサ(シベリアクモマグサ、S. merlii var. merkii) とともに、栽培至難のものです

日本の高山地帯の岩礫に自生する雲間草は、低地での栽培は難しく園芸化されていません。主に流通しているのは北欧産のものです。寒さには強いのですが暑さに弱いので大株の夏越しは困難です。花が終わった後株分けし鉢に植え替えて、風通しのよい半日陰で夏をすごさせるとよいでしょう

本日のビンゴ

36・66・72です

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ただ今 連絡あり!2番目のビ... | トップ | 4月にハーブの講習会やる予定... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんとにハラハラドキドキ、私もリーチなんだけど... (のむさん)
2011-02-08 10:34:11
ほんとにハラハラドキドキ、私もリーチなんだけどなぁ、これからが長いのね、また明日のお楽しみ[E:note]
ぜひ 当ててください (園王よりのむさんへ)
2011-02-08 14:21:11
祈ってます[E:happy01]
結局 クモマグサは毎年新しい鉢を購入しています。 (ゆみ)
2011-02-09 09:54:08
昨年は何とか 夏越しさせてみようかと頑張ってみましたが でも 暑すぎでしたね~~~夏。
去年の暑さは異状ですから・・ (園王よりゆみさんへ)
2011-02-09 13:38:03
越している人はなかなかいないでしょう[E:coldsweats01]

コメントを投稿

学問」カテゴリの最新記事