ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

土系舗装 不具合の原因

2021-04-13 05:24:55 | うんちく・小ネタ
土系舗装の表層が流出した、崩れた・・・等の多くは、水に原因があります。降雨や流入する水です。
特に、土系舗装の排水は、「水を集めない、加速させない、分散させる」ということが基本です。
下の写真は、最大勾配15%の土系舗装の坂道です。長さが60m強あります。それだけでなく、前提として、この坂道には上部の公園より多くの水の流入があり、法面からの雨水の流入もありますので、大量の水が流れます。雨水枡はありますが、雨の多い時期は土系舗装された坂道が水ミチとなります。このような状態になると、数年は大丈夫ですが、不具合が発生する可能性が高くなります。
ここで重要になるのが、先ほどの土系舗装の排水は「水を集めない、加速させない、分散させる」です。

下の図は断面図になります。土系舗装の坂道に多くの水を集めないためには、土系舗装と法面の間には側溝がある方がいいと思います。そして、歩きやすいように側溝にはグレーチング蓋をします。また、法面から雨水が流れ落ちる場所には堆砂空間をとり、縁石で土をブロックします。縁石は石であれば、隙間から側溝に水が流れ込みます。
土系舗装は、片勾配をとり、側溝に排水します。晴れている日はどのように水が流れているかわからないので、ぜひとも雨の日に現場に行ってみることが大切ですね。

実はホームページで、「真砂土舗装関係者はご覧頂かないようにお願いします。」というブログを見つけました。
https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_804.html
弊社製品ジオベストでの土系舗装ではありませんが、私もこの場所はよく知っています。こういうページを掲載していただいたことに感謝するとともに、リンクさせていただきました。
この土系舗装の原因は、河川敷にある園路ですが、川の反対側が高い堤防になっており、雨天の時は、多くの雨水が草の生えている法面側から流入する地形となっています。こういう場所では、園路に水が流入しないように、雑草地と園路の間に側溝が必要です。多くの水が園路に流入するのを阻止できれば、こんなひどいことにはなってないと思います。
そして、もう1つの不具合は、水の滞留が原因です。
実は、「水を集めない、加速させない、分散させる」は、「路盤に水を集めない、加速させない、分散させる」とも言い換えることができます。土系舗装は透水性舗装なので、雨水が浸透する舗装です。表層内に浸透した水は路盤を通過してフィルター層の下に浸透する構造です。特に路盤が水を透水させておれば、水の滞留はありません。水が透水する路盤材を使用し、横勾配を設けて排水するようにすれば良好な土系舗装になったと思います。
土系舗装の材料が悪かったのではなく、水や路盤材への配慮が足らなかっただけだと思います。他にも河川側の縁石に水抜き穴があれば排水も可能です。原因はいろいろと考えられますが、土系舗装は簡単そうに見えて、さまざまなところに配慮しないと、こういう結果になるという見本ですね。

■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。 
コメント   この記事についてブログを書く
« 環境にやさしい防草 | トップ | 地下水位と土系舗装 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事