ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

ジオベスト|園路舗装④

2015-08-17 18:01:29 | まち歩き
お盆明けの今日の朝方、広島に大雨洪水警報が出ました。
JRの運転が見合わせになるなど、注意報が出ている中、お盆の前日に施工した広島市内の公園園路の土系舗装が、雨水で洗われてないか心配で見て来ました。
土系舗装は、舗装したところが水と反応し、その水が乾いて初めて固くなりますが、初期硬化の時期に雨に降られると、せっかく固めたところが緩んで崩れてしまう恐れがあるからです。
平坦なところであれば、まず問題ありませんが、勾配がある土系舗装は、大雨で土が緩むだけでなく、固化材が流れてしまうので、完全に固まるまでが心配です。よって、強度が出るまではしっかりシート養生することが大切です。
今週はこの後、晴れが続きそうなので、まずは乗り切れそうです。
実は、この場所の土系舗装には、路盤がありません。元々存在した園路の路床を整地して、しっかりローラーで固めた後、直接、ジオベストで土系舗装をしています。
路盤の目的は、十分な支持力を確保し、耐久性を考慮して設置するものですが、歩行者や自転車等が通るだけの園路であれば、路盤がなくても、ほとんど強度に影響を与えません。
■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537


コメント