横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

村井俊治氏の「MEGA地震予測」、大阪府北部の地震も予測失敗

2018年06月18日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)
2018年6月18日の7:58頃、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。地震の規模はM6.1(暫定値)で、茨木市・高槻市・枚方市・箕面市・大阪北区で震度6弱を観測しています。

では、話題の村井俊治・東大名誉教授による有料メルマガ『MEGA地震予測』が、この地震を予測していたかどうか、検証してみましょう。

 ■

『MEGA地震予測』の内容は、無料公開されている「地震予測サマリー」で概ね知ることができます。大阪府北部の地震の直前、6月13日の『MEGA地震予測』が震度5以上の地震を予測していた地域に、この後に発生した震度5以上の地震の震源を描き込んでみますと、以下のとおりとなります。


   


…いかがでしょうか。いつものとおり日本中に地震予測を出していましたが、なんともピンポイントで震度5以上の2つの地震を外しているように見えることが分かります(いずれも予測円ギリギリのところではありますが、これだけ広範に予測円を出していてこの結果では、外したといっても差支えないかと思います)。

村井俊治・東大名誉教授は、メルマガのほかにも、雑誌や夕刊紙にも別の地震予測を発表することがあります。今回も、大阪府北部の地震の前月、5月7日に、「夕刊フジ」に以下の地震予測を大々的に発表していました(記事はこちらで読めます)。念のため、そちらのほうも見てみましょう。

   
   「MEGA地震予測、列島不穏シグナルが5カ所」(2018年5月7日「夕刊フジ」より)

…こちらでは実にハッキリと、大阪はまったくのノーマークです。以上のとおり、村井俊治・東大名誉教授らは、震度6弱の地震が襲った大阪を、ほぼまったく警戒していなかったことがわかります。


 ■

大阪府北部の地震は、死者を2名出してしまうなど、大きな被害をもたらしました。メルマガ発行以来、ずっと大阪をほとんど警戒していなかった『MEGA地震予測』を信じて、警戒を怠ったために、被害を受けた方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

実績もなく、信じるべき科学的根拠もない()、こうした地震予測を、簡単に信じてしまわないようご注意いただきたいと思っています。

※6月27日追記
「科学的根拠もない」という点については、これまでにも何度か詳しく説明しておりますので、以下の記事をご覧ください。「地面が動いているというデータの解釈自体がそもそも間違っている」旨を指摘しています。

https://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/98691b7b417e3670144d0d61fe544e41
https://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/fcd9c5e718a8e170002104f218edd9b2
https://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/c8f93772cf45396b775053a88392fb1b

コメント (60)   この記事についてブログを書く
« 有料地震予測は島根県西部の... | トップ | 『理科の探検(RikaTan)』10... »
最近の画像もっと見る

60 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-06-18 23:36:56
またも村井の法則が発動。
驚きました。大阪府北部地震の発生からちょうど1年,
またもピンポイントで村上の予測円の隙間で起きてしまった。
偶然とは言えない怖さがある。
Unknown (うどん)
2019-03-01 15:31:42
そう言うならきちんと根拠を示したうえで、正しく批判を批判してください。早く「ほほう、なるほど良いところを突いてきたな!」というコメントを見てみたいですよ。
まあ、貴方の個人的な気持ちを吐露したければそれもネタにはなるかもだけど。
自分の信じることを否定されると、こんな書き込みでもしたくなるのでしょうかね。ささやかな抵抗のつもりでしょうね。抵抗にはなってないけど。
Unknown (Unknown)
2019-01-27 00:56:04
批判ばかりして楽しいのか?
見てて不愉快きわまりない。
JESEAが熊本地震の予知に成功したことになってる!! (伊牟田勝美)
2018-10-13 01:17:18
JESEAのホームページが刷新され、過去の地震予知の成否判定も変更になっています。
それによると、2016年は捕捉失敗が0件になっています。
つまり、2016年4月14日の熊本地震(前震)も、予測成功にすり替えられていることになりますよね。
fool's gold (ばーど)
2018-09-30 17:48:12
※件名の意味を知りたい方は、『羊たちの沈黙』をご覧ください。見れば件名にした意味も、瞬時にご理解いただけるでしょう

人様のブログで、余り過激なことは言わないよう気をつけていたのですが、 昨年酷く粘着して、屁理屈と放言を並べ立てていた人の書き込みを見て以来、考えを改めようかと考えていました。
なので今回から、少し対応レベルを変えようと思います。

まず科学太郎様

このブログでは、村井教授の理論の根幹、GDPで出る異常点が、降雨や降雪など地震の前兆による変動ではない、と、分析して否定しています。
それは過去を遡って閲覧すれば簡単に分かりますし、管理人様もわざわざ過去URLをあげています。ものの5分もあればたどり着けるところを探し出せず、確認もしていない時点で、あなたは「科学」などとハンドル名につけるのはいただけません。
こんな確認は、科学の初歩です。
もしあなたがハンドル名に恥じない方なら、過去の管理人様の主張を熟読したあとに、「論理的に」ご意見下さるはずです。
こんな結論ありきの抽象的な批判ではない書き込みを、楽しみにさせて頂きます。

とある地震専攻の院生様

拝読した感想は、伊牟田勝美様とほぼ同じです。
大変失礼ですが、あなたは院生はおろか、大学教育を受けた方とも、文章からは感じられませんでした。
誹謗中傷だと仰るなら、平にお詫び申し上げますが、文章がきわめて非論理的で、とても特定分野の研究をされている玄人に見えません。
句読点の打ち方すら、文章的になっていませんしね。小論文や卒業論文で、このような書き方をしたら、「文章の書き方がなっていない」と、中身も読まれずに「不可」になるレベルですよ。

と、あなたのハンドル名がらみの話はおきまして、本文の方に意見させて頂きます。
「この予測は地上のGPSデータに基づいて出されているもので」これは再三このブログでコメントされていますが、ノイズの除去されていない速報値のデータを、信頼性の高いデータとして解釈する事は間違いです。
その理由は、あなたが本当に大学教育、事に地震を専攻される方なら、言わずもがなだと思うのですが。
信頼性の高いデータを使用して研究するのは、科学の初歩の初歩、その根本を無視している時点で、「根拠を探るためにこの取り組みを行っている」「大きな地震が起きる回数が少なくデータが十分でない」「データを積み重ねればより信頼性の高いものになる」と言ってみたところで、都合の良い言い訳、耳障りの良い詭弁にしかなりません。しかももう、商売としてお金までとっているのですから。
本当に科学的な理論を完成させ、地震予測につなげたいと、村井先生が本気に考えているなら、信頼性の高いデータを使用して研究を進めるはずです。
そこで初めて「地震が起きる前にGPS観測データに異常な動きが起きるならそれを予測に利用できる」と主張できるはずです。都合の良い「地震の兆候だ」と主張が出来る欠く速報値を使って、「論理的飛躍はありません」とは、最初から結論ありきで、村井先生が地震を予測できると思いこんでいる非論理的な思考ではありませんか。
「北海道胆振東部地震を完全に予測できていました」という意見には、正直驚きました。なるほど確かの北海道の地震は村井教授の予測範囲内ですね。しかしあの円を見れば、先生の予測した地震の起きるエリアが、渡島半島の方に主眼を置いていたことは一目でわかるはずなのに。
あの円の中に一体何十本の活断層があると思っておられますか。それに要警戒とされている地域には地震が起きてもいません。そこに、地震を専攻されている方が疑問を感じずに「予測できていました」と鵜呑みにすることが不思議です。
村井教授は、データを分析して、要警戒とか要注意とかを設定しているはずですよね。先生なりの「合理的な判断」があるはずです。しかしそれらの地域で、見事に的中したと言えるものは、正直記憶にありません。
これらから言えることは、村井教授の理論が、実際に地震を予測出来ていないという結論にたどり着けるはずです。
データの蓄積量以前に、村井先生の理論が全くなっていない、したがって要警戒地域で、的中といえるものがほとんど出ないのですよ。
それを無視して、「データを積み重ねることで正確性を増していく」と論じたところで、外れた責任をデータに転嫁しているだけです。

最後に、「使命感」という言葉について。
私は歴史を専攻していた者ですが、そこでもよく見かけます。「陰謀論」や「トンデモ歴史」を主張する論者が、好んで使う言葉であり、論法です。
「間違った歴史を正したい」「歴史の真実を明らかにしたい」と、彼らは本の中で強調します。実に情熱的な言葉です。
しかし、それらの著作を読んでみると、いずれも都合の悪い事実は無視して、史料や事実を曲解し、論者の結論ありきで書かれたものばかりです。
地震予測については、「人々を少しでも救うことになる」というのが、免罪符として使用されるようですね。外れたとしても、「防災意識を高める啓蒙運動をした」で、言い訳できますからね。
あなたが本当に地震を専攻されている院生なら、「防災意識を常に持ち続けることというのは非常に重要ではあります、理想を言えばですが。。しかし実際には注目が集まった時にしかそれは意識されません」事を憂慮して、地震学の啓蒙運動に務め、いかがわしい予測商法や予言を、バッタバッタとぶった切る専門家としての王道に、立ち返られることを希望します。
地震を予知するための条件 (伊牟田勝美)
2018-09-30 14:05:03
「とある地震専攻の院生」様

本当は、『地震専攻の院生』ではないですよね。

「この予測は地上のGPSデータに基づいて出されているもの」とおっしゃいますが、村井氏がノイズを除去する前の生値を用いる点で、GPSデータに基づいていません。
「科学的な結論の予想として破綻してはいない」とおっしゃいますが、科学的なデータを用いていない村井氏はそれ以前のレベルです。

「震源域周辺を中心にGPS観測データで異常な動きがあったということは周知の事実」とおっしゃいますが、少なくとも、311は、2011年3月9日11時45分のM7.3の地震に伴う動きと考えるべきです。

「巨大地震の震源域となる海域の地下で発生直前にスロースリップ現象が起こる」
スロースリップが起きた場所で地震が起きません。
スロースリップが起きている周辺で、スロースリップに関連する余震が発生するのです。そして、ごくまれに、スロースリップより大きな余震が発生するだけです。
ちょうど、熊本地震における前震と本震のような関係です。
これを検証するには、全てのスルースリップにおいて、その規模とその後の地震の規模の関係性を調べればわかると思います。

「今後データを積み重ねればより信頼性の高いものになることに私は期待しています」
私は、まったく期待していません。
なぜなら、村井氏を含めた(自称)地震予知研究者らは、地震を予知するための条件を考慮していないからです。
例えば、「地震の規模とは何か?」との考えがありません。地震の規模は、震源域(岩盤破壊の面積)に比例します。
未来に起きる岩盤破壊がどこまで進んで止まるのかを、GPSの異常が事前に示してくれると考えてしまうセンスに驚きます。
シミュレーションをすれば分かりますが、僅かな条件の違いで地震の規模は変わります。
まるで精緻なシミュレーションをしたかの如く、未来の地震の規模を見極めて、事前にGPSの異常として人類に教えてくれるのですか?
オカルトの世界でしょう!!

こんなものに期待する方が問題です。


他にも、論理的に考えると、村井氏の方法では永久に地震予知はできないことが分かります。
冒頭で「『地震専攻の院生』ではないですね」と申し上げたのは、地震学を専攻している学生なら、もっと論理的な思考ができると考えたからです。

そもそもまだ完成系ではない。 (とある地震専攻の院生)
2018-09-28 21:31:24
この予測は地上のGPSデータに基づいて出されているもので少なくともただデタラメに出しているものではないです。確かに現段階に置いて科学的根拠は無いかもしれませんが、その根拠を探るためにこの取り組みを行っているのではないでしょうか。
まず、この取り組み自体が意味があることを説明します。
過去311などの大きな地震において、事後の情報として公開されたとおり、震源域周辺を中心にGPS観測データで異常な動きがあったということは周知の事実で、311の場合東日本全域(北米プレート上を中心)にそれが認められました。最新の研究で注目されている海溝型地震において巨大地震の震源域となる海域の地下で発生直前にスロースリップ現象が起こること(例 メキシコ地震など多数)による地上の移動も十分に起こりうるということなども含めて、プレートテクトニクスから考えてもこれは説明がつきますし、実測もあることからこれ自体については科学的事実として認められています。これは発生後に出されたデータになりますが、村井さんはこれを逆手にとって考えたということが出来ると思います。つまり、地震が起きる前にGPS観測データに異常な動きが起きるならそれを予測に利用できるのではないかと考えたということでここに論理的飛躍はありません。
よって、別に論理的におかしな点があるわけでもなく、現段階で全てのパターンの地震について科学的根拠があるという訳では無いですが科学的な結論の予想として破綻してはいないと言えます。


ただ、いわゆるプレート内部で発生する直下型地震においては実は直前に明白な移動が発生する場合としない場合がある事が知られています。大阪の地震ではまさに観測されないタイプだったようです(その逆の場合で今まで動いていたのに突然止まる場合も考えられていますが大阪の地震についてそれがあったかは知りません)。しかし一方では北海道胆振東部地震を完全に予測できていました。まさにバラツキがあるようです。
そもそもとして大きな地震が起きる回数が少なくデータが十分でないということは欠点であると言えます。
逆に言えばまだデータ数が出揃ってない段階で批判だけするのはこれこそ根拠に欠けるのでないでしょうか。科学的根拠を得るためには相当な数の実証を積み重ねる必要があります。
これは科学ではないですが、科学の予測にも用いられるようになってきたAIもディープラーニングという手法で知られるように場数を踏んでデータを積み重ねることで正確性を増していくのです。
これと同じことが科学にも言えて、まだ村井さんの研究は発達段階である。そう言えます。
ではなぜ発達途中の研究結果を周知しているのか。それは、当たりさえすれば人々を少しでも救うことができるのではないかというそのような使命感によるものだと思います。外れてしまうこともありますが(熊本地震では発生直前に警戒レベルを下げてしまったこともあった)、全く救えないより、少しでも救うことができる方が相対的にいいからでしょう。さっきも言った通り科学的な予想として破綻しているわけではないですし、当たる可能性はそこら辺のネット上に溢れるこれこそ全くもって科学的に説明のつかないよく分からない予言とかよりよっぽど高いです。

理想を言えば人々は「今、巨大地震に襲われても生き残ることができるように」というような、防災意識を常に持ち続けることというのは非常に重要ではあります、理想を言えばですが。。しかし実際には注目が集まった時にしかそれは意識されません。結局風化するのが世の常で忘れた時にやってくるのが災害なんです。
村井さんがこのようにある程度信ぴょう性がある情報を発信することで人々の意識を常に災害へと導いてくれるというのは悪いことではないでしょう。

まだ、的中率は低いですが今後データを積み重ねればより信頼性の高いものになることに私は期待しています。
科学太郎さんへ (うどん)
2018-09-25 22:58:09
これまで何度も書いてあるのに見てないの?
観測点はあちこちに有りますよ。
でも観測点の有無が問題ではなく、ノイズを評価してどうするのという話。
予知そのものについても、長期間広範囲、外れりゃ延長で良ければ誰でも当たるという話。(長期間になったのでという理由!で外した熊本はその後発生)
予測して起きなかった方(つまりハズレ)の評価はろくにしてない話。
否定の根拠記載必要 (科学太郎)
2018-09-24 00:21:38
予想失敗ではなく、その域のデータがなければ、予測も出来ない。科学的なデータがないから。
結局は、その域に、GPSによる計測できる何らかの、観測点があったのですか?
まず、そこを教えてください。
この批判そのものが抽象的であり、論理的な根拠を元にブログを書いて貰いたいものです。
当たる、当たらないではなく、この記事に至った、科学的な根拠を元に、記載しないと意味ないね。
Unknown (うどん)
2018-09-15 12:01:53
→関東(東京)の警戒レベルを最大まで上げてから、何年経つのでしょうかね(*´ω`*)

 あはは!信者は多分気づいてないか、前の予知は忘れてる。
予測アプリとしてお金を取れるレベルではない (同情するなら金をくれ!)
2018-09-14 19:10:02
信奉者の方々はたいそう高額な寄付をされているんでしょうね…
人のデータを使って自分自身の考察を付け加えれば、あら不思議!地震予測アプリなるものが✨

私もやってみようかしら(*´艸`*)

信奉者の方々にお尋ねです♪
関東(東京)の警戒レベルを最大まで上げてから、何年経つのでしょうかね(*´ω`*)
当たったかどうかの前に (伊牟田勝美)
2018-09-09 23:34:53
村井氏の予知が当たったかどうかは、意味がないでしょう。
村井氏の地震予知なら、マグレ当たりは高確率で起きます。

それよりも、村井氏も内山氏も、被害地震が発生した日に「予知に成功」と言うのでしょうね。
そのタイミングで言われても、被災者にとって何のメリットもない!!
どちらも、通常なら後で成功例をまとめるのですから、その時で良いはずです。
己の利益に走っているとしか思えません。
外れてるよ (Unknown)
2018-09-08 18:13:58
予測成功さん

外れているよ。今回の震源地は、村井先生の予想範囲の外だよ。
良く見もせずに予測成功とか、すごく恥ずかしいよ。
結論 (ぺぺ)
2018-09-07 01:15:25
結局、常に緊急事態に備えて、緊急地震速報を聞こえるようにしときましょうということです。

村井援護派はいち科学者を否定して科学の進歩を止めるのかとか仰ってますが、有料の個人のメルマガでしてる時点でお金儲けのためです。フィールドワークもせずに、国土地理院の情報だけで論じてる時点でお察しです。
北海道地震 (予測成功)
2018-09-06 07:14:54
2018年9月2日早朝の北海道地震がありました。被害、甚大です。
Unknown (Unknown)
2018-07-12 08:46:42
結局は地震予知は無理!って言い切っていい感じなのですかね?
あまりにも当たらなさすぎる…
群馬の地震を当てた人は100%いない (パンチョあさみ)
2018-07-11 22:32:45
そもそも今の予知は当たり前に起きた地震を当ててるだけなので普段起こらない群馬の地震を当てた人は一人もいないと思います。
仮に当てた人がいたらその人は本物かもしれません。
それと、今いる自称地震予知家のレベルでいいなら予知は簡単です。
4ヵ月以内に北海道の浦河沖でM5、千葉県北西部M4、奈良県M3、三陸沖M5の地震が起こると予知すれば大体あたりますからね。
みんな大体で当ててるだけです。
だから群馬の地震は自称地震予知家は絶対に当ててないと断言できます。
群馬は地震が起きづらい所ですからね。
それと、大阪の地震は規模だけで言えば一年に4回位は起こる地震なので大地震ではないです。
なのであのクラスの地震をさも大地震が来ると言って当てた人がいたならその発言だけでその人はペテン師ですと自己紹介してるようなものです。
村井さんも大体来る地震をGPSと合わせていって信憑性を高めてるだけです。
あんなのにお金を払うくらいならもっと他にやることがありますね。
Unknown (サンピラー)
2018-07-08 03:57:45
この記事に来る変なコメントがなぁ・・・

「人の批判をして何になるんだ、バカにしやがって」
「批判しかできないのかよ」
という「批判は無益、及び批判と中傷の混同」タイプ

「地震予知はまだ発展途上。研究の芽を摘むな」
「そんなに批判したら地震予知研究をする人がいなくなる」
という「どんなに正当であろうとも批判は悪」タイプ

「対案はないのか、お前がもっといい予知をしてみろ」
「何もできないのに偉そうにするな」
「『○○の予知は当たる』などのもっと'有益'な情報を出せ」
という「お前がやれ」タイプ

「たった○○%って書いてあるけど、○○%でもすごいと思う」
「検証は本人がするからお前はこんなことしなくていい」
という「統計の知識・検証の方法を知らない」タイプ

「外れたらそれでよかったで済む話」
という「地震予知者の詐欺的行為を無かったことにしたい」タイプ

「役に立つ研究なんだからもっと支援しましょうよ」
という「社会の役に立ちそうに見えたらどんなマッドサイエンティストの行為も許される」タイプ

まあ、それ以下の文句言ってるだけのコメントもありますが、少なくとも擁護するコメントの多くは上記のタイプに当てはまり、きちんとした統計・検証に基づく擁護コメントはないですね。

上記のタイプに対するコメントは下総太郎さんや伊牟田勝美さんがもうしていますので、いちいち同じ趣旨の変なコメントをせんでも・・・とか思ってしまいます・・・
この記事を読んだ人はコメントも読んでほしいものです・・・
村井氏の地震予測の対案 (伊牟田勝美)
2018-06-30 12:43:48
『代案なき批判は…というのもよく言われますが,それは常に正しい考え方ではない』とは言えますね。
具体的には、錬金術を批判しても「対案を出せ」とは言われないでしょうし。

村井信者は、「地震は予知できる」との前提なので、
錬金術と一緒にするな」と言われるかもしれません。
なので、村井氏の地震予知の対案を発表します。

地震予知は、地震が予知できれば終わりではなく、震災を減らすことが目的です。
地震を予知しても、震災が減らせなければ意味がありません。
ですから、村井氏の地震予知の対案は、建物や家具等の耐震対策、避難訓練、避難場所の確保、火事と延焼の防止策、家庭の非常準備品、緊急地震速報の高精度化等々、数えきれないくらいあります。
これらが、村井氏の地震予知の対案となります。

上記の多くは、短期に準備を終わらせるのは難しい対策ですから、地震予知(短期)では対策が間に合いません。

一方、地震予知が効果的に働く場合もあります。
危険個所から避難したり、鉄道を止めたり、高速道路を閉鎖したり、緊急車両のルートをあらかじめ確保することです。
しかし、これはピンポイントで行わなければなりません。
震度で言うなら震度6弱以上、期間なら精々1週間、広さは、今回の大阪北部の地震なら大阪府の北半分程度です。
村井氏の地震予知の精度がこのレベルに達しているなら、批判する人は対案を出すべきでしょう。
ただ、村井氏の地震予知は遥かに低いレベルです。
村井氏の地震予知に従って鉄道や道路を閉鎖したなら、最大で5年間、人口の95%が移動手段を奪われ、食糧輸送も滞るため、多くの人々が飢餓の危機に見舞われ、職も失いかねません。
こんな低レベルの地震予知には、対案は不要でしょう。

それでも、村井氏の対案を出せと言うなら、こんなのはどうでしょう。
「私が咳をしたら、日本のどこかで、震度5強以上の地震が、1年以内に起きる」
ちなみに、村井氏の地震予知より、この地震予知の方がマグレ当たりしにくいのですが、村井信者は理解してくれるでしょうか。
いつになったら解説してくれるのかな (すざく)
2018-06-28 19:12:32
村井先生を応援している人は、いつになったら村井先生のすばらしい理論を、分かりやすく凡人に説明してくれるのかな。
それとも高尚すぎて本人も理解できてないのかな。笑

ハンドル名を毎回変えて、放言三昧。
ですよね、匿名24さん、いや関東在住さん、2018-06-19 05:13:00のUnknownさん。笑
君の意見は、ひとつとして参考になるものがなかったよ。爆笑
Unknown (うどん)
2018-06-28 12:45:33
宝くじの共同購入講をはじめました。勿論手間賃も取っています。
1等を当てるために発売総数の8割くらい買い占めましたが、1等は当たらず、当ったのは7等の300円ばかり。
データ解析の結果から、この番号は絶対「外れそう」と予測した番号が1等に当たりました。
毎回、当たらないと予測した方の数字が1等に当たるので「7等なら10枚買えば当たるのに、当選予測に使ったデータが悪いんじゃないか?もうやめたら。」というアドバイスも有りましたが、手間賃収入があるのでやめる気はありません。
また、「7等に当たったのだから、当たっていることに間違いない。この方式を続ければ、何れは1等が当たるかも知れないじゃないか。素晴らしい取組だ。」と励ましてくれる人もいますしね。
これは宝くじの講の話ですので、ここに来られた皆様はどうか気にしないでください。場違い失礼しました。
笑笑 (匿名24)
2018-06-28 07:15:04
地震情報うんぬんより、批判コメに対する貴殿の質問には質問で返すテクニックが色々と勉強になりました笑笑

また来よう!
短絡的な思考と (ばーど)
2018-06-27 22:21:19
私見を述べさせて頂きます。

>村井教授ご自身も予測精度に制約があることを認めており

これは誤りです。「予約精度」に制約があるのではなく、村井氏の地震予測理論に大きな問題がある点を無視しています。
もし先生の言うとおり、GPSの数値に地震の兆候があるなら、精度の高い確定値を使うのが合理的な判断のはずです。
なぜ、ノイズまみれの速報値を地震予測に使い続けているのでしょうか。それは精度の高い確定値を使うと飛び跳ねた数値が出ないので、「異常な数字が出ています」と言えなくなるからではありませんか?
GPSの問題については、国土地理院のHPでもきちんと説明されています。それを村井先生が無視している点は、どう言い訳したところで、まじめな研究者と言えるでしょうか?

>「備えあれば憂い無し」

そのスタンスを実践する道は、日頃から地震についての理解を深め、心構えを作っていくことではありませんか?
「限定的かもしれませんが、予測実績もある」かも程度の情報を中心にしなくても、十分対応可能ではありませんか?
この指摘は毎回のように答えさせて頂いていますが、誰もお答えいただけたことがないのが、不思議な点です。
また、村井先生の予測では、東北や北陸、関東などは、4年以上、(要注意とか要警戒とかの区分の変化はあったとしても)・地震が起きる可能性が高い地域のままです。
それだけ長期間、広大なエリアを囲っているんです。いくつか当たったように見えるものがあっても、不思議ではないでょう。それが本当に予測実績といえるものでしょうか?

>地殻内部に大きな圧力が加わる場合、こうした地表変動が生じる可能性は非常に理にかなったものと言えます

その変動が地震の前兆と言い切れるものなのかと言うことです。
前に書いたことと被りますが、村井先生が利用しているGNSSの速報値に、本当に地殻変動の兆候を捉えられているのか? です。
それを無視して、可能性を論じたところでただの机上の空論でしかありません。
村井先生がまずすべきは、「精度を上げる」という目先のごまかしではなく、理論の妥当性を研鑽して論文を書き、「本当に理にかなっている事」を理論的に証明して、実際のデータで裏付けをするべきなのです。それが科学者です。
論文ひとつ書かない(確かご本人も「書く必要がない」とツイッターだかで発言していましたよね)、理論の問題点の指摘(ここであげられている村井先生の問題点は、数年前からの指摘です)に対して、真摯に向き合わない。第三者の検証すら受けようとしない。
それを科学といえると思いますか?
私にはこのようなものを、無批判で肯定することこそ短絡的で、科学の進歩を逆行させるものと考えます。

もしあなたが、本当に村井先生の理論が正しいと思うなら、先生に論文を書いてもらい、「地震学会の連中をぎゃふんと言わせて下さい」と助言されるべきでしょうね。
あなたが一人の応援者であったとしても、上の助言は正論です。まじめな研究者であるならば、村井先生の心に届くことでしょう。
仮に、それを先生が無視するとしたら、それは彼が自分のやっていることが科学ではないと考えている証拠だと、私は断定的に考えます。
村井氏は地震予知を実現する気がない? (伊牟田勝美)
2018-06-27 20:28:37
うどん様
私の早とちりで、たいへん失礼致しました。
でも、せっかく蒔いたタネですので、少し育てたいと思います。

言動と行動から、村井氏は地震予知を実現する気がないように感じられます。
「電子基準点の異常変動はノイズだ」と指摘すると、「ノイズは除去済みだ」と言いつつ速報解を使い続けています。
本気で地震予知を実現するつもりなら、このような指摘は有り難いものです。
「電子基準点の異常変動はある」に拘るなら、それを証明するために、電子基準点の異常変動が発生した際に、異なる測量方法でも同等の変動を観測できないかを確認します。
何せ、測量界の大御所ですので、いくらでも測量方法は見つけられるでしょう。
この確認は全国で行う必要はなく、小田原にあるというプライベート観測点の周辺だけでも十分です。
村井氏の発言から、プライベート観測点だけでも頻繁に異常変動を観測しているので、1年もあれば、実際に地面が上下しているのか、証拠が見つかるはずです。
そのような検証をしていない時点で、地震予知実現に対する本気度を疑います。

また、前回の私の早とちりコメントのように、「異常変動はもっと小さくて1mmくらいかもしれない」と考えないのでしょうか。
現時点では1mmの測量は難しいでしょうが、測量界の大御所の力を生かして、最先端の測量技術を後輩から得る努力をしないのでしょうか。
このあたりも、村井氏の本気度を疑います。


実は、私の早とちりコメントは、伏線を張るために書きました。
現時点では、地震予知が実現可能か、不可能か、証明できていないと考えています。
地震予知が実現可能か否かを、どなたにも証明できないはずです。
証明できないのならば、地震予知を実現するための最低条件を定められないのかと、考えています。
つまり、核融合におけるローソン条件のように、論理的に考えられる最低条件を探すのです。

現時点で、いくつかの条件を見つけていますが、その中に、地震を予知するためには、地震の規模を示す情報と、地震の発生時期を示す情報の二つが必要だとする条件があります。(詳細は割愛します)
この条件が示すのは、村井氏の電子基準点、早川氏や串田氏の電離層、梅野氏の電子数など、一つの情報だけで地震予を予知しようとしても、不可能だということです。
仮にも東大名誉教授です。
村井氏が本気で地震予知を考えたなら、この条件にも気付けそうに思うのですが、未だに子基準点の異常変動にこだわっています。
地震予知より会社のことを考えているのでは? と思ってしまうのです。


さて、地震予知を批判してばかりいると研究者が居なくなるとの意見がありますが、私は逆を考えています。
地震予知ができていないことは明らかであり、取りようによっては詐欺の嫌疑をかけられる可能性さえあります。
万が一、村井氏らのデタラメ地震予知がメディアのターゲットになってしまうと、メディアは直ぐに村井氏らに飽きてしまい、その矛先を気象庁や文科省などに変えてしまいます。(メデイアは、大きな組織を口撃することに快感を覚えるらしい)
そうなってしまうと、地震を研究できる環境そのものが痛めつけられ、真っ当な地震研究者が迷惑を被ると思うのです。

なので、村井氏の地震予知が意味のないものであることを知らしめ、有料地震予知への入会を思い止まってもらうことには、意義があるはずです。
私も、ブログを開設して、微力ながらデタラメさを暴く記事を載せています。
功を奏して、メデイアの食指が届く前にデタラメ地震予知が退場していくことを願っています。
リンク修正 (横浜地球物理学研究所)
2018-06-27 13:28:51
案山子さん

ご指摘ありがとうございました。修正しました。
Unknown (案山子)
2018-06-27 12:33:58
>Unknown(2018-06-27 02:20:42)さん
非難はだめですが,批判はそれ自体が価値を持ちます(この違いは流石に分かりますよね)から,程度の多少はさておき役に立っていることは間違いありません.
代案なき批判は…というのもよく言われますが,それは常に正しい考え方ではないので(例えば本件でもそう)注意が必要でしょう.

>管理人さん
6/27追記分のリンクのうち,3本目が404でアクセスできませんでした.ご確認のほどよろしくお願いいたします.
Unknown (Unknown)
2018-06-27 02:20:42
批判するのはいいが、お前はそれ以上の事出来ないんだろ?お前の方が何も役に立ってない。
匿名希望さん (Unknown)
2018-06-27 00:05:38
村井氏がGPSのただのノイズを地表変動だと言ってるだけだということも知らず、村井氏の主張を信じてしまって、「非常に理にかなったもので科学的根拠がある」と言っちゃうほうが短絡的なんだがねえ
短絡的な解説 (匿名希望)
2018-06-26 16:55:27
>実績もなく、信じるべき科学的根拠もない、こうした地震予測を、簡単に信じてしまわないよう・・・

 村井教授ご自身も予測精度に制約があることを認めており、「備えあれば憂い無し」のスタンスで参考情報とすればよいだけの話です。実際、限定的かもしれませんが、予測実績もあると考えられます。
 いずれにしても、地殻内部に大きな圧力が加わる場合、こうした地表変動が生じる可能性は非常に理にかなったものと言えます(勿論、正確に検知できるわけではないが)。それに対して「科学的根拠もない」と断定して否定する発想こそが短絡的で、科学の進歩に逆行するものです。可能性があるものを真摯に追求し、諸課題を克服する試行こそが、科学の進歩につながるのです。
以前JESEAのメルマガを購読していました (震源地)
2018-06-26 13:58:18
JESEAが有料メルマガを発刊した頃から2年間ほど購読していました。(2014/7-2016/11)

当時読みながら思っていたのは横浜研様のご指摘通り、「日本国土の半分以上の地域が常に「警戒」やら「注意」やらの範囲に入っていること。
購読して1年ほどの時に表を作ってみてこの酷さに愕然としたので購読解除を考えたのですが、ズルズルと購読し続けていました。そんな日本全国が範囲になっている予測なら私でも当たりそうです。

しかし、熊本地震を外してさすがに無駄金と感じて止めました。
今回は大阪地震当てたかなと思って調べていてこちらの記事を目にしました。


地震と地面の移動に目を付けて観測を続けると言う研究は良いと思うのです。それに賛同する人がメルマガで資金カンパをするのも別にいいでしょう。
地震学者が全員成功していない地震予測の一つとして、将来の予測を夢見て研究することは悪いこととは思いません。

しかし、GPSのノイズ等による誤差を考慮に入れていないと言うのはかなり致命的のようです。実際地震予測が外れまくっているので是非修正が必要でしょう。


最も問題なのは、客観的に見て「どう見ても外した予測」について「当たった、当たった」とマスコミが囃し立てている状況で、これはもはや異常だと思います。

結果として、我々一般国民はメルマガを読もうと読むまいと突然やってくる地震にある程度の備えをしながら過ごしています。
JESEAが研究を続けたいならばきっちりと「地面の移動に着目して将来地震予測ができる日を夢見て研究しています」と述べた上でカンパなり購読料なりを集めるべきで、「関東直下地震が来る!」とか「南海トラフ!」とか占い師と変わらない程度の予測で国民を煽るのはやめて欲しいと思います。

他の地震学者たちも同じです。
本当に自分の予測が当たると信じていて国民に注意を促したいと考えているなら、無料でネット上で配信すべきじゃないでしょうか。
Unknown (うどん)
2018-06-26 12:58:53
伊牟田さま
「勢いよく飛び込んできた」のは、科学的なものの見方を放棄してしまった信者様たちのことで、伊牟田様のことではありませんよ。誤解のないよう。
Unknown (Unknown)
2018-06-26 02:08:12
これだけ要警戒から要注視地域を広げておいて、結局ノーマークの地域で地震が起きるって、逆に凄いと思う(苦)
村井氏の研究の正反対をいけば予知出来たりして。
勢いよく飛び込んできた人 (伊牟田勝美)
2018-06-25 00:36:42
うどん様
「勢いよく飛び込んできた人」とは、私(伊牟田勝美)のことでしょうか?
もしそうでしたら、少し取り違えがあるように思いますが、せっかくですので、拡げたいと思います。

私が求めているのは、「地震予知ができない」とする根拠です。
村井氏が言うところの異常変動の閾値は、現時点では4cmです。確かに、4cmは大きすぎるので、様々な矛盾を生じています。
ですが、異常変動の閾値が1mmなら、「地震予知はできない」と言い切れるのでしょうか。
現在の技術では、1mmの変化をリアルタイムに捉えることはできないかもしれませんが、将来、1mmを計測できるようになる可能性はあります。
その時には、「村井氏が地震予知の先鞭を付けた」と評価されるでしょう。

単純に批判するだけなら、いずれ破綻を来すと思います。
Unknown (DO)
2018-06-24 12:40:25
人の批判を検証する暇があったら、他に自分でできることを考えてはいかがですか。

本件などは御当人が今後解析されることであり、貴殿が行うことではないと私は考えます。

発言は自由ですが、ほどほどに。
なっさけ無い言い訳 (下総太郎)
2018-06-23 20:04:09
>でもそうやって批判ばかりしていると地震について研究してくれる人もいなくなってしまうのではないですか?

批判された程度で研究放り出す軟弱者に、何を期待しているんだか。

自分の話だが、大学時代に卒業論文書いたとき、担当の教授から徹底的に叩かれたよ。
「ここが間違っている」「なぜこんな解釈になったのか?」「文献をちゃんと読んだか?」「先行研究に敬意を払え」とね。
当時は苦痛でしかなかったが、おかげで教授曰く、「どうにか読めるもの」が書けた。
10年たって読み返すと、稚拙すぎて恥ずかしくなるが、批判を糧に書きあげられたことに、未熟な論ではあったが、大学時代の知識と思考を最大限に発揮して卒論が書けたことを、恩師に感謝している。

これが科学・学問の道だ。
批判に耐えられないような人間は、研究者にあるまじき脆弱な精神だよ。居なくなってくれた方がいい。何の役にも立たんよ。そんな奴の頭脳なんてね。

「批判ばかりして」だ「人のためになる研究なのに」と、肯定しか求めない論法はね、研究者にとって、成長を阻害する雑草だと思うぜ。
「ここが間違ってますよ」意見を封殺して、「成長しなくていい」と甘やかしているんだから。

>教授を擁護する立場ではないですがあんまり地震について研究している人たちをわざわざブログ作ってまで叩かないでほしいです。

つまりあなたにとって、研究の内容はどうでもいいんだな。内容が正しいかどうかはまったく関心がないんだ。
ただ、「批判をするな」という論法で、都合の悪いことに目をつぶり、耳をふさいでいるだけだ。
それを擁護と言わずに何という?
教授であろうが、大統領であろうがね、間違っているものは、批判されて当然だろ?
このブログが間違っていると思うなら、あの爺さんの研究内容が正しいと思うなら、科学知識で競うべきだ。

>掲示板で同じような考えの人とグチグチ言うくらいにしていただきたい。

ブーメランだよ。
ここで管理人さんが書いていることを、知識で論破することもできない。ただ「批判するな」「研究している人を叩くな」と、グチグチ筋の通らない屁理屈を押し付ける。
恥ずかしいと思わないのか?
勉強して「自分は村井先生の理論が、科学的に正しいと証明した。どうだ参ったか!」となってみようと思わんのか?

つまらんな。まったくつまらんよ。

真剣に勉強しようとする気がないなら、あなたこそ、同類のいるねぐらに戻って、グチグチいうだけにしてればいいんじゃないかい。
Unknown (***)
2018-06-23 00:00:43
でもそうやって批判ばかりしていると地震について研究してくれる人もいなくなってしまうのではないですか?

教授を擁護する立場ではないですがあんまり地震について研究している人たちをわざわざブログ作ってまで叩かないでほしいです。

掲示板で同じような考えの人とグチグチ言うくらいにしていただきたい。
Unknown (うどん)
2018-06-21 23:41:28
勢いよく飛び込んできた人、今度こそ批判に対する反発ではなく先生の理論の正しさについて説明してください。もう何年も待ってますので。。。

ひょっとすると「起きない」と予測されている地域に、何か別の予兆が有るかもと思ってしまいます。
Unknown (防災係)
2018-06-21 21:44:36
以前も、このサイトのコメントで記入させて頂きましたが、再度申します。

 つくばの気象庁気象研究所に勤務されていた、ある研究員(東京大学大学院卒 理学博士)から、私が直接聞いた話として、「現在の科学では、地震の正確な予知は不可能」と、はっきり言われていました。[この方は、その後、地方の気象台長に単身赴任されて、たまたま関東の自宅へ一時的に帰っておられたとき、夕食時、いきなり奥さんの前で吐血されて入院され、急病で逝去されました。当時、まだ50歳代のお方でした。]

なお、地震学者 島村英紀先生は、(おっしゃられた際の私の記憶だと)「現在 日本で わかっている活断層は2000程だが、実際には、この3倍はあるだろうと言われています。」とも、テレビ朝日の番組で述べられていました。そして、「ですから日本中、いつ どこで地震が起こってもおかしくない。」旨も、言われていたと思います。

御承知の通り、いわゆる「科学」とは、ある理論が出されれば、後日その理論を、他の人が追試験・追検証しても、その理論が実証される必要があるものです。その理論が、後の第三者による実験・観測・調査・検証によっても、成立することが必須です。このWebサイトで、子細に検証して頂いている通り、村井氏の理論は、今のところ「科学ではない」と言えるのではないでしょうか。
地震予知 できるの? できないの? (伊牟田勝美)
2018-06-21 00:45:37
村井氏の地震予知で盛り上がっていますね。

ところで、村井氏を支持する方にお聞きします。
地震予知は可能なのでしょうか?

同じように、村井氏を否定する方にお聞きします。
地震予知は不可能なのでしょうか?

「予知に成功している」とか、「失敗している」ではなく、科学的に地震予知はできるのか、できないのか、答えをお持ちでしょうか?

Unknown (うどん)
2018-06-20 12:37:15
>あんたの意見は”地震予測は科学的根拠がなく無価値”ってのが論理的な考察なんか?笑

どう読んだらそんな解釈になるのかな?科学的根拠のない地震予測は無価値どころか害悪と思いますけど。
Unknown (うどん)
2018-06-20 12:28:31
>わざわざ批判する意味が分からない。
わからんだろうな。
>人のためにと思って研究をしている人に>対して本当に失礼な記事
どの人のため?
一瞬で!! (たろう)
2018-06-20 08:24:22
予想、予知、予言!!
自分の運命は誰がわかるのかな!!
地震は一瞬、何処に、何時何分にどのレベルで起きるかわからないと、意味ないよね。
予測が外れて、避難先で地震に会ったりした人いるんかも?
信じる信じないは貴方次第かな!
僕は、参考にはしています。
話のネタにもなるしね!!
不思議 (ラスカル)
2018-06-19 22:58:45
気象庁が、昨日の地震で、大阪府北部で2cm隆起したって発表しましたね。

村井教授は、日ごろから7cm、8cmとか変動したと言って地震要警戒とか発言しているよね。

信じている人って、この違和感を、なんで無視するんだろ?

地震の前兆で地殻が変動するんじゃなく、地震の結果、隆起したり沈下したりすると考えるのが、最も納得できる考え方だと思うけどな。
今回もやはりと思いました (ばーど)
2018-06-19 22:49:01
大阪で大きめな地震もあったので、村井先生なり高橋先生なりを擁護する方が来ているかなぁと思ってましたが、今回もにぎやかですねぇ。
そしてそれらのコメントを見ていて、私は今回も残念に思います。

なぜなら、一人として、「村井先生の地震予測は、このような理論に基づいており、地震予測は可能である。批判する者の考え方は間違っている」というような、中身に言及する人がいないからです。

失礼ながら、歴史学科出身の私がこれらの意見を見ていて感じたのは、ベルツの日記にある大日本帝国憲法制定時の記述そのままと思いました。

「お祭り騒ぎだが、誰も憲法の内容を知らない」

擁護していらっしゃる方は、「地震を予測可能」という宣伝文句(本人だけでなく、週刊誌や日刊紙の煽りも含めて)を、無批判に鵜呑みにして、「地震を予測しているのに、上げ足を取って批判する奴がいる」になってしまってはいませんか? 「自分たちが支持しているものはどういうものなのか。果たして本当に信じていいものなのか」と、一歩踏み込んで、なぜ客観的に考えてみようとはしないのでしょうか? 

今回の地震も、少しでも予測の円内にあれば、「当たっているじゃないか、管理人の言っていることは言いがかりだ」と言っていたのではないでしょうか。「外れれば良かったで済む」とか、「日本に住んでいる限り地震が来ないところなんてない。色々研究を重ねても、自然災害は予知できないものが沢山ある」は言わなかったでしょう。はっきり「当たった」と明言したでしょう。
どちらに転んでも、もっともらしいセリフを用意してある。失礼ながらそのように見えます。
なぜ一歩踏み込んで、「外れた理由は、もしかしたら、GPSで異常な兆候が出たから地震の前兆だという、村井先生の理論が間違っているのでは?」と考えようとしないのか、とても不思議なんですよね。まるでそう考えたら「負け」とでも思っているかのように感じられます。

地震の予測は、科学の分野であるはずです。したがって理論に間違いがあると思われれば批判にさらされるのは当たり前の話です。
「今は理論も理屈もわからないが、将来は解明されるに違いない」と思っている方もいるかもしれませんが、それはただの思考停止です。今ある矛盾や問題に目をつぶっているだけです。
教科書に載っているような偉大な発明家や科学者は、一から常識を変えるような素晴らしい理論を作り出したわけではありません。今までの科学知識や理論の先に、今まで説明できなかった事象を解明したり説明できるようにしたというものばかりです。
似非科学者(村井先生の事を指しているわけではありませんよ。あしからず)が好んで使う「天動説から地動説に変わった」という例も、天動説の矛盾を母体にして、地動説が誕生した歴史的な事実を無視して、表面だけを都合よくなぞっただけです。

「批判をするな」という意見は、科学を否定しているのです。地震予測ではないと言っているのと同意です。
「批判」は「言いがかり」「中傷」ではないのです。なぜそれを否定して恐れるのか、「批判」を封じようと躍起になるのか、私は理解できません。
もし自分が正しいと思うなら、「村井先生の理論は、このような理由で正しい」と主張すればいいだけの話です。
実は理解できていないから、「批判するなら村井教授以上の予知速報だしたらどうでしょうか」とか「人のためにと思って研究をしている人に対して本当に失礼」などという詭弁で、封じようとするのではありませんか?
地震予測をしていない人は、地震予測をしている人を批判してはいけないとか、その方法では地震を予測できないと考えを述べる人が、「人のためにと思って研究していない人」なんでしょうか? こんなでたらめな理屈はありませんよ。間違っていると思う点は批判や異論が出て当たり前じゃないですか。

器の中身の正否を無視して、肯定しか求めない。それは科学ではありません。カルト宗教の世界です。
違うなら、「批判するな」とか「予測してみろ」という放言ではなく、ぜひとも村井先生の理論を分かりやすく書いてみてください。
Unknown (とーりすがり)
2018-06-19 21:49:25
この記事は研究結果の検証をしているのであって、研究動機の否定を行っているようには見えませんが、どうもそこをごっちゃにしてしまう方がいるんですね。
自分の意見を否定されると人格そのものを否定されたように感じるというのはよくあることですけど……。そこはちゃんと区別しましょうよ。

地震予知研究の進展を願うのならば第三者による批判的検証は避けては通れません。世の科学理論はすべてそのような洗礼を受け、生き残ってきたものです。
例え動機が「人のため」であろうと例外ではありません。感情的な理由で検証を拒否するのであればそれは科学とは言えませんよ。単なるオカルトです。
オカルトでいいから信じたいというならそれもまた一興かもしれませんが、それなら学者の肩書は使わないでいただきたいですね。
地下天気図は大阪地震当てましたよ (MR)
2018-06-19 21:22:18
地下天気図さんは今回の大阪地震地震の静かであることから見事に当てましたね。時期的なものはともかくほぼ的中です
誰がそんなこと言った? (下総太郎)
2018-06-19 18:55:21
Unknownさん。

>地震予測は科学的根拠がなく無価値

誰がそんなこと言ったんだい?
俺のコメントは「科学的な根拠のないものは、どう言い訳したところで無価値」だが。
まったく意味が違うよな? もし俺の発言をそう解釈したのなら、あなたは国語の読解力が絶望的だよ。落第レベル以前にね。

それとも反論できないから発言を捏造か?
ひと目読めば一瞬でばれる嘘をつくなんて、すっごい恥ずかしいな。
もっとまともな意見を言ってほしいものだよ。

まぁ、ニセ科学を信奉する人間に、モラルを求めるべきでないんだな。
次の大地震は、 (四国の人)
2018-06-19 17:02:41
当てますよ。
もう数年やってるので、結果出さないとね。
南海トラフならいけるんだけどな。(ぼそっ)
Unknown (防災係)
2018-06-19 14:16:55
かなり盛り上がった皆様の議論で、勉強になります。
私も、その言葉使いは賛成しかねますが、「下総太郎」氏に賛成です。現状で予測が無理な事を、そのためにカネを受け取っていながら、その価値なき物は、早晩消えてほしい物です。消えないのは、その方の過去の肩書があるからでしょう。

この村井氏の予測を前に知っておき、逆に、「ボーダーライン上に住んでいるから、地震は起こらないであろう。」と安心して、何の防備もなかった住民の方がいたとするなら、とんでもない予測です。

このWebサイトは、立場上、地震発生に日頃から神経質になっている私には、非常に有益です。いかなる批判があろうとも、どうぞ今後も検証を続けてください。陰ながら応援しております。ブログポチは、もちろん致しました。
 (関東在住)
2018-06-19 05:34:26
なんだこの人の記事笑

確かにお金を得てやっているから当ててほしいとは思うけど、これで分かったでしょ。
日本に住んでいる限り地震が来ないところなんてない。色々研究を重ねても、自然災害は予知できないものが沢山ある。

わざわざ批判する意味が分からない。

人のためにと思って研究をしている人に対して本当に失礼な記事。
Unknown (Unknown)
2018-06-19 05:13:00
で、下総太郎さん、あんたの意見は”地震予測は科学的根拠がなく無価値”ってのが論理的な考察なんか?笑
理論と現実 (科学って?)
2018-06-18 23:36:43
こうした事象はついつい理論と現実をごっちゃにして考えてしまいがちですね。理論はあくまでも複雑な因果関係を単純化し理解しやすくするためのものでそれをもって複雑な因果関係を解き明かす事は困難です。一方の現実は現代人の理解を遥かに超える複雑な因果関係によって成立しています。

そうした事を踏まえた上で「現時点で地震予知は不可能」という見解に至っているのでしょう。

では他の方法はないのか?という事で理論は構築できないものの、過去の観測データに基づいた経験則をまとめ上げる事で大雑把にでも予測できないかという取り組みが増えています。理詰めではなく統計的な手法を用いようという試みです。

しかしながら昨今流行りのビッグデータに比べると地震の観測データはあまりにも母数が少なく精度の高い相関関係を見出すには至っていません。数少ない事例から「たまたまそれが相関ラインに乗っていれば・・・」という期待値で予測している訳です。統計的に有意の相関関係を見出すためには例えばM5.0以上の地震の観測データを何万、何十万と集める必要があるでしょう。そこまで行ってようやく長期の天気予報並みの確率で予測できるようになるのではないでしょうか?

そう考えると現時点で地震を予測して生活する事は不可能に近く、過去何千年も地震の起こっていない場所でも常に警戒が必要になるとしか言いようがありません。

統計的であれ理論的であれ研究は大いに進めて頂ければ良いと思います。しかし、それに頼るのは私たちが生きている間は止めておいた方が良さそうです。
Unknown (ななし)
2018-06-18 22:30:47
新しいこと、変わったことをやって失敗すれば叩かれるのは当たり前だ。ただし、村井先生はしぶといから止めないでしょうね。
論理的な考察が出来ない人たち (下総太郎)
2018-06-18 20:32:16
今回の地震、村井先生の予測範囲はどうかなと思っていたけど、はずしていましたか。
何百kmも地震:警戒計界範囲を設定していながら、円外で大半の地震が起きる。
ある意味ピエロだよね。

今回も早速沸いて出ているな。論理式な思考能力のない連中が。

まずはHさんだ。

>外れれば良かったで済む、

すまねぇよ。あの爺さんは地震を予測したと宣伝して、金まで取っているんだよ。サービス内容に偽りありだろ。
ましてや日本中を丸で囲っておいて、予測も何もあるかよ。
「異常なデータが出ていたから言わないわけにいかない」とでも答えるかい?(←このセリフは、昔あの爺さんがほざいていたセリフだ) 予測したエリアで地震が起きないなら、それは地震とは無関係な「異常」だから。地震が起きなかったのは地震の兆候を捕らえていないからと考えるのが、論理的な思考という奴だよ。
あなたが「良かったで済む」と思うのは勝手だが、「地震を予測できる」と宣言している以上、料金に見合った成果を上げられないでは、対価に見合っているものか、再考の余地ありだと思うけどね。

>当たったでは済まない場合が有るその情報を知っていれば命を失わずに済んだ場合も有る。
>少なからず村井予想で命が助かった人も居るのです。

へぇ、初耳だね。今回の地震で、「村井先生のおかげで助かりました」なんて声、一度も聞いたこと無いが。熊本の時も鳥取の時もね。
いったいどんな人たちだい? 証人を連れてきてほしいね。

>予測は外れて当然の事

つまり、信者さんからみても、群馬も大阪も、外れたのは分かっておいでなんだね。

>予測された事を少しでも把握し
万が一の時に避難できる心構えが必要。

「外れて当然」の予測で、どんな「心構え」をしているのか興味あるね。詳しく書くいてほしいね。 「予測は外れて当然」なんて屁理屈並べるよりも、一番重要じゃないの?

ちなみに俺は、あの爺さんの言うことなどひとつも信じていないが、日ごろから家に3日分以上の食料と水携帯トイレを準備して、通勤途中でも、身近な避難施設へのルート確認、家族と落ち合う方法、連絡手段など、考えたり話し合ったりしているけど。
あなたのいう心構えってのは、そういうことだよね? そんなもの、村井先生の言葉を聞かなくても、一から準備できる話じゃないかい?
で、あなたは何をしているの? まさかあの爺さんの予測を読み返して、対策や心構えをした気になっていないよね? 理解できないだろうがはっきり言ってやる。そんなのは無意味だ。ただの自己満足だよ。

>批判するなら村井教授以上の予知速報だしたらどうでしょうか

あんたの理屈はね。
「肉が腐ってますよ」と指摘した人に向かって、「高級な肉なんですよ! 文句があるなら、同じ高級な肉を出してみろ!」と逆ギレしている感じ。
ここの管理人さんは、「村井先生の自信予測に、科学的な根拠はない。したがって地震を予測出来ていない」と指摘して、分かりやすく確率論や最新の予測とやらを引き合いにして、論証している。
でもあなたは、批判の本質を理解できないから、村井教授以上の予知速報を出せなんて論点をすり替える。まさに上の肉の例えそのままだよ。

STAP問題の時もいたよな。「STAP細胞を作れないヤツが、批判するな」と言っていたヤツが。
政治家じゃないヤツは政治家を批判するな。泥棒したことにないヤツが泥棒を批判するなという論法だな。詭弁て言うんだよ。それはね。


次は、ツイッターの投稿を見て来ました。さん。

>「外した」というよりも、「予測できていなかった」という表現が正しいのではないでしょうか。
>警戒とか注意、注視の指定がない地域では地震が起きないと言ってるわけではないでしょう。

すまねぇ、何かのジョークかな。大爆笑しちゃったよ。
上にあげられている予測地図をよく見てみな。そして範囲に含まれていない都道府県がいくつあるか、あげてみてくれよ。
日本列島ほぼ網羅して、「要警戒」「注意」と言っておきながら、その範囲外で地震が起きる。それを「予測できていなかった」なんて考えられるなんて、ジョークにしか思えないけどな。全部丸で囲っちまえと言いたくなるよ。それなら「予測」とやらもはずれまい。
俺にはなぜこれだけ広範囲の危険地域を指定しているのに、地震が起きないのか、それはあの爺さんの方法では、地震予測出来ていないからだと、自然に考えを進められるんだけどな。

>外れた外れたと批判的な情報を流すよりもこちらの方が当たるという情報を流していただいた方が有益なのです。

俺からすれば、日頃から地震に対しての準備と心構えをしていけばいいだけの話。
こんな情報に縋って振り回されるより、ずっと有益だと思うんだけど?
あと、いかがわしい情報は、批判されて当たり前じゃないかい? ひとつでも紛い物が減ってくれるなら、それこそ「公共の利益」だと思うけどな。

まだまだ言いたりないけど、今回はこの辺にしておくよ。

科学的な根拠のないものは、どう言い訳したところで無価値。そんなものに縋るより、日頃から目につくところで心構えと準備を怠らない。それのが有意義だと思うけどな。
予知=占い (Unknown)
2018-06-18 18:27:31
出来てないことを出来ると言う事(&盲目的に信じること)が悪い
占いを盲目的に信じている人をけなす人が地震予知を盲目的に信じている人もいる
そして、全地震で半分もあてていないのに確実に当たると言う科学者や少ない数しか当ててないのに全部当ててるかのように宣伝するメディア
被災するしないは結局運(確率)なので、助かるかは日ごろ(当日含め)の行いによる
地震予測は出来ないのでしょうか。 (ツイッターの投稿を見て来ました。)
2018-06-18 16:32:49
「外した」というよりも、「予測できていなかった」という表現が正しいのではないでしょうか。
警戒とか注意、注視の指定がない地域では地震が起きないと言ってるわけではないでしょう。
外れた外れたと批判的な情報を流すよりもこちらの方が当たるという情報を流していただいた方が有益なのです。
そのような情報をお持ちでしたら、是非ご提供いただけないでしょうか。
Unknown (H)
2018-06-18 15:07:20
主は村井教授の地震予測を批判するが、外れ予想も有れば当たり予想も現実に有る。
外れれば良かったで済む、では当たった場合は。
当たったでは済まない場合が有るその情報を知っていれば命を失わずに済んだ場合も有る。
予測は外れて当然の事、予測された事を少しでも把握し
万が一の時に避難できる心構えが必要。
少なからず村井予想で命が助かった人も居るのです。
批判するなら村井教授以上の予知速報だしたらどうでしょうか
内陸浅い地震が予測できないようでは (あたらね。)
2018-06-18 14:19:03
意味ないですね。
Unknown (Unknown)
2018-06-18 14:10:15
びっくりするほど外れていますね。
JESEAのサイトに乗ってる過去の検証ページではあんなに的中していたんですけどねぇ・・・
Unknown (Unknown)
2018-06-18 13:07:51
今回の大阪地震はたまたま起こった浅い地震で危険とされる地震ではないと思うけど。本当に危険な地震は千葉沖で起きると思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)」カテゴリの最新記事