横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

【要注意】 「地震解析ラボ」を盲信されている方が多いようです

2012年04月07日 | 地震予知研究(早川正士氏・地震解析ラボ)
地震予測サービスを行っている「地震解析ラボ」は、たまに東日本に地震予測を発表しています。そのあとに大きめの地震が起こると、「地震解析ラボの地震予知はよく当たる」などと称賛するひとが多いようです。

このようなひとたちは、統計的な考え方ができていないか、または単純に知識の欠如によって、ある意味で錯覚に騙されていると言えます。ぜひ、注意していただきたいと思います。

下の一覧をごらんください。今年(2012年)に入り、これまでわずか約3ヶ月の間に発生した、M6前後または最大震度4以上の規模の地震です。このように、東日本では昨年来、この規模の地震は、未だほぼ毎週のように発生しているのです。

1/12 福島県沖 M5.8 最大震度4
1/23 福島県沖 M5.1 最大震度5弱
1/28 岩手県沖 M5.6 最大震度4
2/14 茨城県沖 M6.2 最大震度3
2/19 茨城県北部 M5.1 最大震度5弱
2/29 千葉県東方沖 M5.8 最大震度4
3/01 茨城県沖 M5.4 最大震度5弱
3/10 茨城県北部 M5.5 最大震度5弱
3/14 三陸沖 M6.8 最大震度4
3/14 千葉県東方沖 M6.1 最大震度5強
3/18 岩手県沖 M5.0 最大震度4
3/27 岩手県沖 M6.4 最大震度5弱
4/01 福島県沖 M5.9 最大震度5弱

地震解析ラボは、10日間ほどの予測期間を設定して、地震予測を発表しています(たとえば「3/2~3/12に××付近で地震が予測される」といった具合)。ですから、10日に1回は大きめの地震が起きている東北から関東にかけての地域に地震予測をすれば、デタラメでも当たるのです。

逆に問いましょう。上記した地震を全て、地震解析ラボは予測したでしょうか? 答えは否です。そして、この地域以外で今年発生した地震(佐渡や山梨県東部で発生した最大震度5の地震)は、地震解析ラボは欠片も予測できませんでした。

こうした点を踏まえて統計的に考えれば、地震解析ラボには全く地震予測能力がないのだということが明らかなのです。


彼らが東日本を対象にした地震予測が当たったからといって、「地震解析ラボはよく当たる」などと言うひとたちは、完全に錯覚に騙されています。そういうひとたちは、新興宗教やマルチ商法にひっかかりやすいひとだと思いますので、注意していただきたいと思います。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
« 「地震解析ラボ」地震予知の... | トップ | 地震解析ラボの地震予測実績... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震予知研究(早川正士氏・地震解析ラボ)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事