横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

2016年6月16日 14時21分頃 内浦湾を震源地とする地震

2016年06月16日 | 地震情報
 
2016年6月16日(木)14時21分頃、内浦湾を震源地とする地震(速報値M5.3)が発生しました。

函館市川汲町(旧南茅部町)で震度6弱を観測しています。


(気象庁HP地震情報より)


 ■

発震機構は、西南西→←東北東の圧力軸の逆断層型のようです。震源は、旧南茅部町市街のすぐ沖で、深さ11kmとのことです。


(気象庁HPの図より作成)


 ■

この付近では、過去に大きな被害地震は知られていません。ただし、旧南茅部町付近の一帯からすぐ沖にかけては、小さな浅い地震がこれまでも比較的多くあったようです。

この地震の5時間前、9:05と9:13に、前震とみられる2回の有感地震があったことが興味深いです。


 ■

こうした浅めの地震は余震が多いことが普通で、今後もしばらくは余震が予想されます。
ジャンル:
科学
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長尾年恭・東海大教授ら地下... | トップ | 地震解析ラボは、熊本地震を... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
村井さん、可愛い! (伊牟田勝美)
2016-06-18 10:17:21
この地震も、『道南・青森はレベル1でマークしてました』と、村井さんは大はしゃぎの御様子。
ちょうど、取材中だったこともあるのでしょうが、「レベル1」でも「まーくしてました」と、はしゃぐのですから、可愛いじゃありませんか。

それより、熊本朝日放送は、取材結果をどんな風に放送したのでしょうね。
気になりますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震情報」カテゴリの最新記事