日々是好日日記

心にうつりゆくよしなしごとを<思う存分>書きつくればあやしうこそものぐるほしけれ

岸田文雄新総裁は「自・共・公」の「何助」でいくのか?

2021年09月30日 07時25分54秒 | 政治
 Yahooの「みんなの意見」が、「全国的に新型コロナウイルスの感染者が減少傾向にあるなか、感染の「第6波」に備える動きがみられます。あなたは新型コロナウイルスが、第5波で終息すると思いますか?」という問いを9月14日から10月9日を聴取期間として意見募集している。
 この年6月末には第4波感染流行の終息が見えてきたと思われたコロナパンデミック、これが7月の声を聞くや「あれよあれよ」という間に急拡大し、あっという間も無く医療崩壊情況まで招来してしまった。それにも拘らず、菅政権はこの大災厄をどこ吹く風とばかり、オリンピック・パラリンピックを予定通りに開催するという暴挙に出た。政権が集めて任命した専門家たちすらが「普通は、それは無い!」と言うのを無視しての暴挙であった。結果は一日の全国発症者数25,000人という猛威を呼び込んでしまい、これがさしもの政権の体力を奪い、命取りにまでなってしまった。
 しかしなぜか、秋風と共に発症者数は単調減少を辿り、今やその勢いは7月の第5波開始時点にまで戻っている。これを好機と見た政権は今度はこれを花道にしようというのであろう、19都道府県に出していた蔓延防護の警戒措置のすべてを解除してしまうという。
 しかし、この状況にあっても死者の数はほとんど減らないのである。感染の病後不調に悩まされる患者も全然減ってはいない。決して菅政権は、大向こうの拍手を浴びながらカーテンコールを受けられるような状況にはなっていないのである。
 過去5回を数える安倍・菅政権の失敗による再々感染拡大という恐怖を味わってきた国民は、にわかにお上の言うことが信じられない。その結果が上記Yahooアンケートの主旨であろう。
 このアンケートの経過は今朝の時点で、「第五波で終息すると思う」10%、「そう思わない」90%と、このコロナパンデミックはまだまだ終息しないと考えている人が圧倒的に多いことが分かる。にも拘らず政府は、今日をもって19都道府県に出していた「緊急事態宣言」、また8県が対象の「まん延防止等重点措置」についてこれらをすべて解除するという。これを一昨28日、早々と決定し、菅首相が記者会見までしてこれを発表した。どうやら、政権は自らの功績によって日本国内のCOVID-19ウィルスは撲滅された、もしこれが反転するようなことがあるとすれば、それは国民に「自助」のための自制心が無いからだとでも言いたいのであろう。
 菅内閣の「東山三十六景逃げるが勝ち」の逃亡姿勢は実に許し難い。そして、こういう政策はついにこの10年間の日本政治標準になっている。岸田文雄新総裁殿は「自・共・公」の「何助」でいくのか??。近々行われる総選挙前にその態度を明示してもらいたい。
 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 石橋湛山が一段と偉大に見え... | トップ | 「裏アカ」から就活生を判断... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事