どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

モンテクリスト伯 最終回

2018-06-15 12:00:34 | ドラマ
とっても良いドラマだった。

復讐がどうなるんだろうというサスペンス要素と、登場人物それぞれの愛の形がさまざま描かれていて、とても感慨深い物語だった。

全9話というよりも、長い暖の絶望と再生の物語だった。

Attendere e sperare

これは、アレクサンドルデュマ原作にも出てくる言葉で、「待て、しかして希望せよ」という意味とのこと。

苦難を耐えて、そしていつか明るい未来が来ることを希望する…

暖だけではなく、暖によって表舞台に出された登場人物の多くが、暖(モンテクリスト真海)が関わる事で、苦難を乗り越えて自立していくストーリ―も感動した。

両親を殺されたエデルヴァ

我が子を殺された留美

母を殺され自分も殺されそうになった未蘭

牢獄で朽ち果てるところだったファリア真海もまた暖によって最後の希望を得た。

暖… 名の通り、他人の心に寄り添うあったかい心の人だったのだろう。

ディーンフジオカは最高にかっこよかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モンテクリスト伯 今週最終回 | トップ | 西郷どん 流れがよくわからない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ」カテゴリの最新記事