帯広市生まれつきの過敏な性質HSP食事相談カウンセリングフード(風土)ヒーリング

HSPで生まれつき敏感で繊細な体質でお困りの方へ
身体・心・魂の生まれつきの性質を本来の健康にします


おかずがおいしいです。温かくなるにつれてついつい野菜が大量消費されてます。

2019-05-21 | 春の副菜レシピ

・おかずがおいしいです。温かくなるにつれてついつい野菜が大量消費されてます。

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です。

今は、陰性な菜っ葉類が美味しいです。野草や山菜も食べ過ぎに注意です。

陰性タイプの人は、ゴボウや人参も食べてくださいね。

陽性タイプの人は、根菜類は食べたくないでしょう。

写真は、塩ゆでしたサヤエンドウと梅干しと丸煮したゴボウです。

レモン塩と菜種油をかけてみたらおいしくなりました。

 

春から夏にかけて米粉でとろみを付けたスープもいいです。野菜もたくさん食べれます。

2番出汁の昆布も食べやすくカットしてそのまま食べます。

最近こってる蒸し鍋煮で、小松菜ばかりだったので、カボチャと高野豆腐を醤油を入れて作りました。良いできばえになりおいしかったです。

この調子で、どんな野菜でも蒸し鍋煮ができるぞって嬉しくなりました。

 

料理の基本は、入門編から学べます。

 

帯広市生まれつきの過敏な性質HSP食事相談カウンセリング

フード(風土)ヒーリング吉田久恵

営業時間 9時から17時まで(不定休)

北海道帯広市西10条南1丁目12-5

谷本治療院3F吉田宅

090-8370-4318

食事相談(風土アドバイス)メニュー

帯広市からのアクセス

お客様の体験

お問い合わせメールフォーム

・お電話 090-8370-4318 

十勝帯広市・音更町・芽室町・幕別町・道内から釧路市・千歳市・滝川市・北見市・札幌市・埼玉県・福島県・大阪府・東京都・沖縄県・ニューヨークからもご相談を頂いています。

身体、心、魂=生まれつきの性質全ての不調の食事相談です。

 


 

コメント

お手当法6:生命力を高めることで治癒力がはたらきます。

2019-04-06 | 春の副菜レシピ

・お手当法6:生命力を高めることで治癒力がはたらきます。

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です。

https://cookpad.com/recipe/5588240

玉ねぎの麦味噌煮です。今回は玉ねぎを千切りにして、味噌と同量にしました。

他にみじん切りにして蒸しパンなどの具に利用出来ます。

味噌は、見た目同量な感じでつくると玉ねぎが多くなり甘くてよいでしょう。

玉ねぎと味噌の味噌汁は定番ですが、

玉ねぎの辛味成分が動物性タンパク質や脂質を消化してくれます。

この料理は新しいキレイなアルカリ性の血液を作る植物性のアミノ酸タンパク質や、

ミネラルいっぱいの海の塩で元気な血液をつくってくれます。

最近のクライアント様は元気のある人が多いです。

嗜好品の多くが動物性タンパク質を摂られています。

元気で働けるからそれでよしと思う方もおられます。

でも長期にわたり健康的な暮らしをしたいのであれば、嗜好品を控えて中庸な食べ物を中心に食べる事で生命力を高めてくれます。

生命力を上げてくれる方法に、 品数を少なく、良く噛むと言うことも大切なポイントです。

1週間から1ヶ月で、自分の嗜好品が分かりどのように整えたら良いのかがわかります。

 

帯広市生まれつきの過敏な性質HSP食事相談カウンセリング

フード(風土)ヒーリング吉田久恵

営業時間 9時から17時まで(不定休)

北海道帯広市西10条南1丁目12-5

谷本治療院3F吉田宅

090-8370-4318

食事相談(風土アドバイス)メニュー

帯広市からのアクセス

お客様の声

お問い合わせメールフォーム

・お電話 090-8370-4318 

 

十勝帯広市・音更町・芽室町・幕別町・道内から釧路市・千歳市・滝川市・北見市・札幌市・埼玉県・福島県・大阪府・東京都・沖縄県・ニューヨークからもご相談を頂いています。

身体、心、魂=生まれつきの性質全ての不調の食事相談です。

 

コメント

フキノトウの天ぷらを作ります。山菜が美味しいですから作って下さい。

2019-04-03 | 春の副菜レシピ

・フキノトウの天ぷらを作ります。山菜が美味しいですから作って下さい。

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です。

YouTuberになるかも?(*^o^*)

こちらをご覧下さい。

フキノトウのがくを取りきれいにします。水分はキッチンペーパーでキレイにとりましょう。

 

天ぷらをします。 

 

天ぷらの衣の分量

薄力粉 100g

海の塩 小さじ1/4~1/2

水   100~130cc

1,ボウルに 薄力粉と塩を一緒にふるって入れます。

2,真ん中をくぼませて、そこへ水を入れながら、箸を左回りで混ぜていきます。

3,ドロッと濃そうなら、また水を足して混ぜます。

 

・かき揚げの時は、野菜(300g)に衣の薄力粉を大さじ1取り出し野菜にまぶします。

 

揚げ物が苦手という方が多いので、イメージしてもらえるようにビデオにしてみました。

 

手料理することで、自分を大切にすることを学びます。レットライ!

無料レシピサービス中です!お申し込み下さい。

 

帯広市生まれつきの過敏な性質HSP食事相談カウンセリング

フード(風土)ヒーリング吉田久恵

営業時間 9時から17時まで(不定休)

北海道帯広市西10条南1丁目12-5

谷本治療院3F吉田宅

090-8370-4318

食事相談(風土アドバイス)メニュー

帯広市からのアクセス

お客様の声

お問い合わせメールフォーム

・お電話 090-8370-4318 

 

十勝帯広市・音更町・芽室町・幕別町・道内から釧路市・千歳市・滝川市・北見市・札幌市・埼玉県・福島県・大阪府・東京都・沖縄県・ニューヨークからもご相談を頂いています。

身体、心、魂=生まれつきの性質全ての不調の食事相談です。

 

コメント

春先の温暖差を緩和する方法!切り干し大根の煮物レシピ

2018-05-01 | 春の副菜レシピ

・春先の温度差を緩和する方法!切り干し大根の煮物レシピ

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です。

この時期 寒い日と暑い日が交互にきてしまいます。

十勝では、5月に霜が降りたり雪が降ることもあります。

この温度差で体調を崩してしまいます。

暑いからと 水分を飲み過ぎたり 冷たいモノにはまって 次の日に体調を崩さないように注意する点を話しましょう。



春先は 寒い冬から 少しずつ暖かさを出しては ひっこめ 出しては ひっこめしています。

寒い日は まだ続きますが 自然は 春だよ~芽吹くよ~目覚めるよ~と小さな声で囁いています。

土の中では 昆虫 種 球根など ぼんやりと まどろんでいるかもしれません。

山では 雪が解けて 川の流れも活発になっているでしょう、動物たちは目覚めの準備をして

人間も 寒くて縮まっていた筋肉を緩めて 溜まっていた脂肪を流して 一緒に毒素も排出しましょうと、肝臓、胆嚢が活発に働いてくれます。

身体の浄化機能が手一杯で 手におえないと 花粉アレルギーになって 鼻水で浄化しようとしてくれます。

身体って そうやって いつも助けてくれるのです。元気になれよ~って。

 

 

写真の上は、菜種油をふんだんに使って チャーハン、モヤシと人参と板麩炒め、高野豆腐の揚げ物たちです。

夏の暑さが来るまでは 適度に 油は必要ですね。

下の写真は 切り干し大根の煮物です

細胞を広げる 緩める 溶かすという陰性なエネルギーを摂りたいのですが 冷やしすぎない食材を選ぶことがポイント!なので 乾物類が お勧めですよ。

レシピを 紹介しますね

切り干し大根の煮物レシピ

材料

切り干し大根  50g 1cの水に5分浸す 戻し水はあとで利用

人参   40g  太めの千切り

高野豆腐  4枚 水に5分浸けて戻す

インゲン  40g

ごま油  小さじ1

水  300ccと 切り干しの戻し水で ヒタヒタ

昆布 5cm

塩  小さじ1/4

醤油 大さじ1

 

作り方

1、鍋にごま油を入れて 水を切ってざく切りした切り干し大根を炒め、人参を炒め、高野豆腐を入れる

2、水を加えて 柔らかになるまで 沸騰してから蓋をして5分煮る

3、柔らかになったら インゲンを入れて 塩小さじ1/4 醤油大さじ1を入れて 中火でコトコト       15分煮る


切り干しの甘さを 引き出したいので 薄味で甘味があります。これを食べて ドンドンデトックスして痩せやすい体質つくりをして 今年の夏こそダイエットを成功させよう。


素麺とフノリたっぷりのラーメンです、干しシイタケと長ネギをゴマ油で炒めて 出汁を取っています。

干しシイタケや ネギ類も 動物性の脂を流してくれます。

ご飯だけでは 物足りない時に 陰性な穀物として 素麺やうどんがあるので お試しください。

その他の食材としては 広げるエネルギーを持ち冷やす効果のある 里芋が代表です。

ぷっくり膨れて丸くて でも冷やしすぎないのは 土の中で成長するからです。

我が家では先日 ポテトコロッケを作りました。久しぶりで美味しかったです。キャベツの千切りをたっぷり添えて召し上がってください。

季節に合わせた食べ方を風土講座でお伝えしています。

 

帯広市生まれつきの過敏な性質HSP食事相談カウンセリング

フード(風土)ヒーリング吉田久恵

営業時間 9時から17時まで(不定休)

北海道帯広市西10条南1丁目12-5

谷本治療院3F吉田宅

090-8370-4318

食事相談(風土アドバイス)メニュー

帯広市からのアクセス

お客様の声

お問い合わせメールフォーム

・お電話 090-8370-4318 

 

十勝帯広市・音更町・芽室町・幕別町・道内から釧路市・千歳市・滝川市・北見市・札幌市・埼玉県・福島県・大阪府・東京都・沖縄県・ニューヨークからも相談を頂いています。

身体、心、魂=生まれつきの性質全ての不調の食事相談です。

 

コメント