「原理講論」の誤謬と正解

原理読みの原理知らずたち

漢字廃止で韓国に何が起きたか(原理講論への影響)

2021年08月17日 | 資料

呉善花 著 「漢字廃止で韓国に何が起きたか」PHP研究所(2008年10月3日 第1版第1刷発行)
--------------------------------------------------------------------------
目次
Ⅰ 漢字廃止・ハングル専用政策の災禍
 1 漢字を廃止した韓国人が失ったもの
    国民の70パーセントが漢字復活に反対している
    ある日突然漢字が廃止された
    膨大な同音異語から起きる混乱
    漢字語を排して独自に概念語をつくろうとした計画の挫折
    言文一致の強化がもたらしたもの
    言葉の概念の広がりと深さを失った韓国人
 2 韓国漢字復活の難関
 3 韓国語に漢字訓読みの導入を
Ⅱ 韓国の言い回し
Ⅲ 韓国のことわざ
-------------------------------------------------------------------------

(P24)
ある日突然漢字が廃止された…
韓国語の語彙は、日本語以上に漢字語の影響が強く、一般の文書で使われている語彙の約70パーセントが漢字語で、公文書となると90パーセント以上が漢字語だといわれる。…
(日本で)すべてを仮名で書いたと同じようになると想像して戴ければ良いだろう。…

(P31)
韓国語で「チョン」と発音する漢字は150あり、それらの用いた熟語は2500あると言われる。
(中略) 電気、電機、戦記、戦機、前期、全期、転機、伝記、転記などがすべて同じ発音となる。
そこで直ぐに気付かれる点は、「それで同音異義の区別が出来るのか」もちろん出来ない。

(問題はこの後…)

区別が出来ないのにどうしているのか? どうしてきたのか? 様々な文献を調べてみるが誰も明確に答えない。

(P38)
(呉之湖氏によれば)彼ら(学生)は漢字を知らず、抽象度の高い漢字語の概念語を知らないから、外国語の専門書などはほとんど理解できていない(中略)自分の国の言葉で書かれた新聞すらまともに読めない者など、人類の歴史上どこにも探すことができない。

(P42)
漢字語は、音だけでは決して正確な概念規定ができないのだ。音だけが手がかりだから、言葉の抽象度が高ければ高いほど、意味の説明には膨大で複雑な論理を要する。そこで、多かれ少なかれ「難しい」と敬遠されがちとなる。高度な精神性と抽象的な事物に関する語彙、倫理、道徳、哲学、芸術、科学―言ってみれば文明語彙の殆どが韓国の一般の人々にはもちろんのこと、かなりのインテリにも正確に理解されないまま、次第に遠く無縁なものとなっていかざるを得ないのである。

 今の韓国語では深遠な哲学や思想の議論はまず成り立たない。如何に朱子学の伝統を誇っても、あの気学の概念展開をハングルだけで理解することは出来ない。ハングルだけで世界的な水準をもった哲学論文を書くことも殆ど不可能である。日本語か西洋語でやるしかない。

 そこまで言わなくとも、私の知る韓国の御老人の中には、「韓国語では難しいことは考えられない。考えようとすればどうしても日本語になる」と言われる方が何人もいる。今や私も完璧にそうなっていて、小説ならば韓国語の方が早く読めるが、専門書は日本語の方が数段早く読める。

 逆に言うと、韓国人の多くが日常的な肌触りをもった言葉で全てを論じられると勝手に思っている。日本の朝鮮統治の問題一つとっても、容易に日常的な感性から抜け出た議論をすることが出来ないのもそのためである。私はそれを半一思想教育や伝統的な小中華主義の所為だとばかり思ってきたが、決してそれだけではない。

 元来、日本以上に漢字という表意文字を駆使して知的行為を行って来た国民が、突然に表意の世界の伝統を断ち切り、音だけの表音文字の世界に入ってしまったこと―それが最も大きな原因かも知れない。

(P88)
日本では漢文の読み方の方式が確立されているため、外国語が簡単に日本語になってしまう。…
(平易な)漢文ならば…韓国人でも、…漢字を知っていれば漢字面からだいたいの意味をつかめる。それは漢字の熟語にしても同じことである。ところが「(韓国の)だいたいわかる」と「(日本の)正確に分かる」には決定的な違いがある。

(P89)
返り点・送り仮名をつけて訓読みすることが「日本人として徹底的にわかる」ことを意味する…
それに対し韓国は、漢文をそのまま外国語として音読みし、翻訳して意味を理解する道をとった。…
それは「韓国人として徹底的に分かること」を決して意味していなかった

★日常よく使われる漢字語だけが同音異義はそのまま音だけが残り、しかしその由来の漢字による原義は忘れられ去られてしまっている。

★ 韓国では漢字廃止の影響で漢字語を正確に理解出来る層と出来ない層がある。原理講論の「蕩減」「体恤」の使い方を見ると、
 著者・劉孝元氏は漢字語をよく知らない層の一人だったと言えよう。と同時に基本的キリスト教用語も知らなかったということだ。

★ 文師は「漢字かな混じり文」を推奨していた。にも拘わらず一時、韓国語版・原理講論の漢字ハングル混じり版を廃版にしようとしたことがあった。
_________________________________________________________
             【INDEX】

この記事についてブログを書く
« キリスト教用語の誤用(2) | トップ | 「偽キリスト」と「反キリスト」 »