熨斗(のし)

のし(熨斗)について、趣味について、色々なことを綴っていきます

雪の入笠山

2012-01-31 00:05:11 | 

先週末は友人と富士見パノラマスキー場からゴンドラに乗って入笠山に行ってみました。

友人2人はスノーシュー初体験です。

夏はいろんな花が咲き乱れる入笠湿原も真っ白な雪に覆われ、

数十センチ積もっている雪の中をスノーシューで一歩一歩、歩きます。

  

前日までの雪や風で、木々は樹氷がきらきら光っていました。

朝はまだ曇り空で気温が低かった為、辺り一面銀世界。

すこーしづつ雲は流れ・・・

風で木に積もった雪が舞い、

ダイヤモンドダストがきらきら光って舞い降りて行きます。

樹氷の中を約1時間程歩く頃、青空が出て来ました。

どんどん空は青くなり・・・

 

頂上に着く頃には真っ白な世界に真っ青な空が広がっていました。

青と白の世界の中に、カラフルなウエアはとてもキュートで、見ているだけで楽しくなります。

    

山頂は1955m、結構風が強く耳や唇が凍りつきそうです。

ここからは360度の展望が楽しめます。

 

つづく

 

 

 

 

 

コメント

仙丈ヶ岳に満月

2012-01-28 21:22:07 | 

1月8日 

ちょうど飯島町近くを通ると、仙丈ヶ岳の上にまん丸の満月が上る所でした。

あまりに綺麗な満月だったので、

山から上るお月さまと最後の光を山頂に注ぐお日様を追いかけてしばらく車を走らせました。

  

月と夕日と山と風景が一瞬、一つになりました。

      

今日同じ場所を通りました。

田んぼや畑は真っ白に雪で覆われていました。

 

 仙丈ヶ岳は以前よりもどっしりと、大きく見えました。

 

 

 

コメント

Have a break(花子 そしてポニー)

2012-01-26 00:30:22 | Have a break

雪の日の花子の写真の続きです。

ちょっと北キツネみたい?

花子は時々雪に突っ込んでは、鼻の頭に雪を乗せ一人で遊んでいました。

 

 

やっぱりお別れはちょっと寂しくて・・・

見えなくなるまでずっと見てました。

花子の家から帰る途中でポニーに会いました。

大人しくって小さな可愛いポニーでした。

飯田市のシンボルの風越山をバックに、伊那谷ののどかな風景でした。

喬木村のこの辺り、苺狩りが盛んな地域です。

 

 

 

コメント

夢の中で。

2012-01-24 01:55:10 | ひとりごと

 私はたまに不思議な夢を見ます。

数年前は度々身体から抜け出して空を飛んだ記憶があるのですが、

最近は空を飛べなくなりました。

重くなったからかなぁ・・・?

 

数日前・・・

「チロルチョコに熨斗を付けてバレンタインで使うように」って夢の中で誰かに言われました。

誰が言ったの?(気になる)

それで・・・

チロルチョコに合う大きさの熨斗を作りました。

まん中が日本最小の五分熨斗で、

それより小さいチロルチョコ専用の熨斗は長さ約1cmです。

 

熨斗を付けて、小さな水引も掛けました。

 

もう少し買って来ようと思ってセブンイレブンに行ってみたら、

何と!熨斗を印刷したチロルチョコがありました。

ちょっとびっくり。

そもそも熨斗とは、ただの飾りではなく、意味を持っています。

正式な贈り物ですよ・・という証です。

お祝い事に付けるとか、お返しに付けるとかではなく

御祝でも、仏でも、お返しでも、

正式な届け物として、気持ちを込めてお贈りします・・という意味を添えています。

 

熨斗を付けたチロルチョコはちゃんと本命の人にあげなくちゃ!!

(夢に出て来た人の言いたかった事はこういう事かなぁ?)

 

 

 

 

コメント

Have a break(花子)

2012-01-22 10:58:45 | Have a break

雪が降った日、花子に会いに行きました。

花子にとって生まれて初めての雪、

花子はどうしているかなぁ・・・・。

花子は少し大きくなっていて

「はなこ」って呼ぶと「なに?」っていう顔で振り返りました。

花子の不可思議な動きは健在。

雪の中でも元気で・・・

 

「ちょっと見てて」

とでも言いたげに、じっとこちらを見つめます。

   

「ほら、もうじき立ちあがれそうでしょ」って。

 

「お座りも出来るようになったよ・・」って

ちょっぴり澄まし顔。

 

いたずらばっかりしていたのにね・・・。

 

    

 

 

コメント