熨斗(のし)

のし(熨斗)について、趣味について、色々なことを綴っていきます

ガボッチョ

2018-06-23 00:58:32 | 

忙しい友人が「少ししか時間がないんだけど、どこかへ行ってきれいな空気をいっぱい吸いたいなぁ~」と言うので、

(きれいな空気かぁー)

少し歩けて、少し汗かけて、きれいな空気がいっぱい吸えて・・・なんて考えながら長野県の地図を見ていて、

車で入って行ける霧ヶ峰付近はどうだろう・・・と思った。

霧ヶ峰の「池のくるみ踊り場湿原」近くに、ガボッチョなんて言う変な名前の山を見つけた。

1678m、標高もちゃんと載っている。

ここへ行ってみよう!

とりあえずガボッチョを探しに行かなくちゃ!!と思って一人で出かけた。

 

「池のくるみ踊り場湿原」周遊コースの入り口から見た景色の中にガボッチョが見えていたことは後で知ることになったのだけれど・・・、

 

近くにいた人に

「ガボッチョへ行きたいのですけれど・・・」と言うと、

「ガボッチョの山頂までは登山道はないよ。ほとんど人が行かないからね。獣道を辿って行くといいかもしれない」という返事。

「ありがとうございます。行ける所まで行ってみます・・・」

池の周遊コースを半分歩き、

 

湿原を抜け、

 

ふと前を見ると背丈ほどのススキの向こうに茶色の丘が見える。

登れる山らしき物はここしかないよね。

この距離からはススキを掻き分け掻き分け、こんもりとした茶色の山頂目指して登る。

 

山頂は少しだけススキが刈り取られていて、ガボッチョと書かれていた。

    

山頂からは八ヶ岳の全容と茅野市、左に首を振ると車山の山頂と蓼科山。

 

何でガボッチョ??と思いながら、今度はどこから下ろうか獣道を探す。

来るとき会った地元の人が言っていた。

「見晴らしがいいから道に迷うことはないけれど、けがをしても誰もいないから、

大声で助けを呼んでも来てくれる人はいないからね。」・・・って。

確かに。

 

ススキを掻き分けて転げるように下りて来ると、ノビタキの声が聞こえた。

 

この付近にはノビタキがたくさんいる。

数年前、車山でノビタキの親子を見つけて、夕暮れになるまでカメラを向けていたことを思い出した。

 

ノビタキの赤ちゃんがゆっくりゆっくり細い枝の上に上って来た。

巣立ちの初めての日だったのだろうか。

枝から下りれなくなったらしく、じっと動かず数時間が過ぎた。

その下でお母さんらしきノビタキが赤ちゃんを見守りながらうろうろと動き回る。

夕暮れになるのにこの親子は大丈夫だろうか・・と思いながら、その姿を数時間見つめていた自分。

・・・その日の事を思い出しながら湿原の周りの遊歩道を歩き、

振り返ってみると、朝見た風景。

あぁ、あの緑色の森の向こうの茶色いこんもりした・・・あれがガボッチョだったんだ。

 

 

 

 

 

 

コメント