元気UPブログ

心が元気になるような記事を紹介するようにしています。

運の使い方

2021年04月19日 | 日記
 運が良かったと思うこともあれば、運が悪かったと思うこともあります。
それでは、運の良い人はいつでも運が良くて、運の悪い人はいつでも悪い
のでしょうか? いやいや、何か法則があるのではないでしょうか。

 人によって幸運の総量は決まっているのか? それとも幸運に遭遇する
回数が決まっているのか? もし幸運の総量が決まっているとすれば、宝
くじで1等に当選した人はそこで運を使い切ったはずなのに、2回も1等
に当選した幸運な人がいるんだとか。こうしたことから妄想すると、幸運
の回数が決まっている
のではないか、と思ってしまうのです。
           
 アラジンという映画に、ジーニーというランプの精が登場します。そし
てジーニーはアラジンに、「3つの願い」を叶えると約束します。大きな
願いでも1つ、小さな願いでも1つ。これこそが幸運の法則なのではない
でしょうか。
 少し位運の悪いことがあってもガッカリしない、それは大きな幸運をま
だ残している、ということです。私は競馬で外れる度に、こう思うことに
しているのです。「こんな小さな配当に運を使わなくて良かった、もっと
大きな配当を当てるために運を残しておこう。」
 
 
 


 
コメント   この記事についてブログを書く
« アンチエイジングの宿命 | トップ | 自慢話はハラスメント? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事