元気UPブログ

心が元気になるような記事を紹介するようにしています。

常識の盲点

2020年09月21日 | 日記
 NHKで、藤井蒼汰2冠の特集をやっていました。強さの一因として、彼は常識にとらわれな
い手を指すことが出来るんだそうです。将棋の常識のことを「定跡」と言うのですが、定跡は
一流の棋士達が何年もかけて作り上げた常識ですから、その常識にとらわれないというのは、
正に型破りと言えるでしょう。
                
 将棋界のスーパースター羽生善治九段が、「定跡を疑って考えます」という話を何年か前に
していたことを、その特集を見ていて思い出しました。『常識が必ずしも真ならず』と言うこ
とでしょうか。スーパー天才2人の共通点を、とても興味深く感じました。

 詐欺の被害が相も変わらず無くなりません。詐欺は、常識にとらわれている人をだます犯罪、
言わば常識の盲点を突いた犯罪です。(警察の人だから大丈夫)(銀行の人だから大丈夫)と
いう、常識からくる信用を逆手に取るのが詐欺の手口です。口座から勝手に預金が引き出され
ていたという事件も、最近報告されています。これも(銀行や大手企業の口座だから大丈夫)
という、常識の盲点を突いた犯罪です。

 常識を疑うというのは、とても難しいことです。しかもデジタル化が急速に進んでいる昨今、
疑う余裕すらないまま波に飲み込まれ、被害に会う危険性は広がって来ています。こんな時こ
そ、コマーシャリズムに飲み込まれず、常識を疑う姿勢が求められるのではないか、と思うの
です。天才ではなく凡人であっても、藤井2冠や羽生九段に学びたいものです。


 
             
コメント   この記事についてブログを書く
« 今はもう秋! | トップ | 中秋の名月 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事