げんき大学の「元気になるブログ」

津市げんき大学事務局が発信する「げんき大学」の最新情報ブログ☆気になる最新情報はココでチェケ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【第7回】「津市のハートに火をつけよう」を開催のお知らせ

2012年02月23日 | 講座

第7回津市げんき大学講座「津市のハートに火をつけよう」を開催いたします。

◆日 時:2012年3月3日(土)、10:00~12:00

◆場 所:津市市民活動センター 会議室1 (津市大門7-15 津センターパレス2階)
※今回より会場が変更になりますので、ご注意ください。

◆講 師:写真師 松原 豊 氏

◆受講料:1,000円(学生500円)

◆タイトル:「写真師が見る小さなコミュニティづくり」

松原さんは、ローカル誌 NAGIKalasなど三重県を中心に活動するかたわら、村を記憶する写真師としての撮影をライフワークとされています。
2011年に写真集「村の記憶」を発刊。

 

◆主催:津市げんき大学実行委員会


【問合せ・申し込み】
電話、FAX、メール、窓口にて受付中

特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター
〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス3階
TEL:059-213-7200  FAX:059-213-7201
メール:tsusimin@ztv.ne.jp

コメント

【第6回】「津市のハートに火をつけよう」終了しました

2012年02月18日 | 講座

 

先日、第6回「津市げんき大学 地域デザイン講座 津市のハートに火をつけよう」を開催いたしました。

今回の講師は、

ツイヨンジャー倶楽部

津市観光振興課 職員

原田 浩治

でした。



「おもしろきこともなき津をおもしろく」出会いが活動の原動力

と題したスライドで原田さんのこれまで取り組んだことや、原田さんの考えを講義していただきました。



重要なのは、百の愚痴より十の提案、十の提案よりも一の実行とのことでした。

また、原田流の企画のすすめ方は、
・発言は無責任でよいので、どんどんアイデアを出すこと。
・周囲の評価を気にしない。
・やりたいことを宣言し自分を追い込むこと。
だそうです。


その後、小休止をはさみ用意された紙に8個「津をおもしろくするために」やりたいことを書き、一人ひとり発表しました。



今回おもしろかったのは、後から思いついた案を発表したこと。
原田さん曰く「初めの2、3個は簡単に思いつくが、8個目になると難しい。そこに意外とよいアイデアが出る可能性がある。」とのことです。

 


最後に2月22日に原田さんが行うイベントのご紹介です。

【以下、原田さんの告知を添付】

2月22日(水)2まつり&津ぎょうざの日2周年イベント。
津ぎょうざを222個222人で恵方に向かってかぶりつきます!
参加者はもとよりボランティアスタッフを募集します!
そして参加者を口コミで集めてください!!

1 日時 2012年2月22日(水)午後2時22分
     準備12時~
     受付1時~
     2時津ぎょうざ配布
     2時15分会長あいさつ 説明してかぶりつく
2 場所 だいたてアーケード内
3 内容 222個の津ぎょうざを222人で恵方に向かって午後2時22分にかぶりつく
     調理は津ぎょうざ協会会員様に協力いただく
     当日はイベントカンパも受付します。(残ったらは義援金です)
     人数が把握しやすいように222人分の名札(紙に番号を書いて紐をつけるだけ)の簡単なものでOK
4 参加者 先着222名
      ※ただし津ぎょうざファンであること
       このイベントの趣旨(2時22分に恵方にむかって津ぎょうざをかぶりついてもらう)に賛同の方が条件です。
5 報道 マスコミ関係者に2月14日に正式にリリース

このイベントによって、①津ぎょうざ協会員及び津ぎょうざサポー津のメンバーの結束を固めること、②今後のB-1グランプリへの士気高揚、③津ぎょうざ ファンの拡大、④「津ぎょうざ」がご当地グルメとして地域活性化している認知度の向上です。できれば津ぎょうざ小学校のコンセプトも出したいところです が・・・w

準備係、当日の受付、整列係、配膳係、着ぐるみ担当とスタッフがいればいるほど助かります。
津市民、津ぎょうざファンの心意気の見せどころです!話題性のある情報発信として是非とも協力ください!!




【次回講座のお知らせ】

日  時:3月3日(土)、10:00~12:00

場  所:津センターパレス2階 会議室1

参加費:1,000円(学生500円)

講  師:大写真師 松原 豊 氏



【申込み・お問合せ】

津市市民活動センター

津市大門7-15 津センターパレス3 階

TEL : 059-213-7200 FAX : 059-213-7201

Email:tsusimin@ztv.ne.jp

コメント

【第5回】「津市のハートに火をつけよう」終了しました

2012年02月09日 | 講座

先日、第4回「津市げんき大学 地域デザイン講座 津市のハートに火をつけよう」を開催いたしました。

今回の講師は、大津市社会福祉協議会 副参事 山口浩次氏でした。

 

まず最初にアイスブレイクの為に山口さん指導のもと「長息体操(ながいきたいそう)」と「指の体操」を行いました。

次に山口さんの経歴を基に気付いた事、嬉しかった事、大変だった事、成功話、失敗談等を事例を交えて話してくださいました。

失敗談も皆で共有する事で有益になると言って話してくださいました。

この話の中で一番印象的だったのは、「助けて」と言おうという事。

「助けて」の一言が言えなくて病気になってしまったり、自殺してしまう方がいるそうです。

なので、恥ずかしがらずに声を出して「助けて」 と言う事、そして「助けて」と言える環境を作る事が大切だと教わりました。

そして、みんなで「助けてー!」と声を出して言う練習もしました。

 

その後小休止の後、みんなで外に出て、空を見上げて夢を思い描くというワークショップを行いました。

皆さん無言で真剣に様々な夢を思い描いていたようです。

 

その後、室内に戻り、4人1組でワークショップを 行いました。

このワークショップでは褒める事を学びました。

誰かの言った意見を否定をせずに褒めること。

それがお互いが伸び、良いアイデアがでる秘訣だそうです。

 

最後に山口さんが連れてこられた小島さんという若者の東京での壮絶な体験話しを聞きました。

自分が辛かった時に助けてくれた方がいて、今度は自分が辛く感じている人の助けになりたいとの事でした。

 

今回の講座も参加者の満足度が高く、素晴らしい講座となりました。

毎回素晴らしい講座になるのは、講師の方もそうですが、参加者の皆さんの協力によるものも大きいです。

皆さん、毎回のご協力ありがとうございます。

 


 

【次回講座のお知らせ】

日  時:2月18日(土)、10:00~12:00

場  所:にぎわいプラザin大門(オーデン大門ビル)

参加費:200円(ドリンク代)

講  師:ツイヨンジャー倶楽部、津市観光振興課 職員 原田 浩治氏

 

【申込み・お問合せ】

津市市民活動センター

津市大門7-15 津センターパレス3 階

TEL : 059-213-7200 FAX : 059-213-7201

Email:tsusimin@ztv.ne.jp

コメント