平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週阪急3駅、JR2駅の5駅をのぼりを背負ってアピールランしています。

茨木では午前11時から、そのあと扇町です 

2019年04月28日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 終日、部屋の整理。書棚、資料など連想できるように並び替えました。


【今日の情報紹介】

[空自のF35墜落] 最新鋭機に何が起きた

航空自衛隊三沢基地(青森県)に所属する最新鋭ステルス戦闘機F35Aが太平洋上での夜間訓練飛行中に消息を絶ち、きのう朝までに周辺海域で尾翼の一部が見つかった。防衛省は墜落したと断定した。

 2018年9月に米国で起きた派生型のF35Bに続き、F35として2例目の墜落事故である。操縦していた40代の男性3等空佐は行方不明のままだ。一刻も早い救助を祈りたい。

 岩屋毅防衛相によると、墜落したF35Aは基地の東約135キロの洋上で「訓練中止」と無線通信した後、消息を絶ったという。総飛行時間3200時間というベテランパイロットが、直前に何らかの異変を認識していた可能性がある。

 今回の訓練に参加して無事だった3機を含む配備済みの同型機は当面飛行を見合わせるが、将来的には南西諸島の防衛にもあたるであろう重要な戦闘機である。早急に事故原因を究明すべきだ。

 F35Aは老朽化したF4戦闘機の後継機として昨年1月に同基地に初めて配備、今年3月に飛行隊が発足した。墜落機は愛知県にある三菱重工業の工場で組み立てられ、国内企業が製造に参加した初めての機体だった。

 F35は敵のレーダーに映りにくいステルス性に優れ、「第5世代機」と呼ばれる。米ロッキード・マーチン製で、米、英、伊など9カ国による国際共同開発機。他の航空機や艦船と多くの情報が共有でき、機動力、ミサイル探知能力が高い点も特長とされる。

 しかし、01年に本格的に始まった開発はその多機能性ゆえか、トラブルが多発。実際の配備まで15年以上かかったことで費用が膨らみ、F35Aの調達額は18年度の契約ベースで1機約116億円に上る。

 防衛省は昨年12月に閣議決定された新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と「次期中期防衛力整備計画」(中期防)で、中国などとの緊張の高まりをにらみ、短距離離陸・垂直着陸が可能なF35Bと合わせて計147機の導入を決めている。だが、墜落事故によって影響は必至だ。

 計画には護衛艦「いずも」の事実上の空母化に合わせ、F35Bを念頭に置いた戦闘機新規導入や、F35Aに搭載する「JSM」など敵の射程圏外から攻撃できる長距離巡航ミサイル導入も明記している。

 ただ、地元・三沢市民からは「もし、市街地に落ちたら」と不安の声が上がる。高価な機体にもかかわらず、安全性が確認されなければ、今後の飛行訓練はもとより、機体の調達自体に国民の理解が得られないのは当然だ。

 空自の航空事故調査委員会による事故原因の追究とともに、防衛省は説明を尽くす必要がある

2つのblogランキングに参加しています。1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」と「政治人気ランキング」それぞれのクリックが山ちゃんの元気になります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HK & Les Saltimbanks "On l�・che rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下Facebook 
◆山下Twitter

◆山下HP・「お元気ですか」
◆ピースアクション #平和 #憲法 #人権
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌
この記事についてブログを書く
« テキスト闇教育 / 新井英一 ... | トップ | GPIFが年金株運用で約15兆円... »
最近の画像もっと見る

#平和 #民主 #人権 #憲法」カテゴリの最新記事