平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週阪急3駅、JR2駅の5駅をのぼりを背負ってアピールランしています。

憲法の改正ではなく、新憲法の制定だ

2005年09月18日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
朝、神戸港中突堤の周辺をランニング。釣り糸をたれている人も多くのどかな雰囲気がある。4K程度か。昨日から新社会党近畿ブロックの一泊学習会。憲法学者の浦部さんの話は自民や民主の改正論は「憲法の改正ではなく、新憲法の制定」であり、正当性はまったくないというもの。憲法を知らない人間が新憲法を作ろうとしている話だった。アスベストの問題はこれから、震災の時に多くの建物が倒壊し、多くの人が吸入しており、労災、公害の面で取組もうとの提起もあった。
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 茨木で民主票が減ったわけ | トップ | 便利なホームページがあります »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうぞよろしく。 (反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合)
2005-10-01 09:04:11
どうもです。

山下先生の議会活動と市民運動を支持している立場から書き込んでいます。

私は、反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合というブログと掲示板を開設している一市民です。唐突ですが、どうかよろしくお願いします。

浦部神戸大学教授のお話は、とても開明的だとおもいますし、浦部先生のご本は簡潔に憲法について述べておられていると思います。



山下先生と新社会党の発展を心から支持し、

改憲阻止に向けてがんばりましょう。
ありがとうございました。 (日本国憲法擁護連合)
2005-10-08 13:37:42
お忙しい中、ブログにじきじきに書き込み下さってありがとうございます。



>しかも平和憲法擁護の立場から、うれしいで>すね。



私は、大阪で革新運動が地道に展開され、とくに新社会党が力強い運動をされていることに大変、感銘をうけています。とくに、新社会党と社民党の共闘で、辻元議員を地域から送り出していることがとくに、すばらしいと思っています。



保守派が台頭してしまっている現状で、新社会党や辻元さんらの活躍が本当に要求されているのだと思います。なかでも、東京都中野区や大阪府知事選挙や神戸市長選挙など、新社会党と日本共産党の共闘は革新共闘を彷彿とさせていると思います。



私は、革新共闘論者なので、全国でこの形式が再び復活していければいいと思っています。また、市民派との連帯もあるようで、関西の革新運動は、沖縄と同様に元気だと思っています。



>軍隊はほとんどが権力者、支配者の利益を守>るためのものです。



日本の歴史もそうですし、世界史もそうだと思います。私は、大学で法制史をまなんでわかったことですが、戦前・日本は着実に、戦争体制を法制度で準備しておこなったといえると思います。現在、権力や支配者が、君が代・日の丸国旗国家法、盗聴法、有事法制、そして改憲・教育基本法改悪の突き出しをしてきましたから、着実に戦争へのシフトが策動されていると見ていいと思います。



改憲策動のなかで、とくに国民投票案はひどいもので、戒厳令のような内容になっています。国民投票法案では、反対運動を抑制する具体的ななかみになっています。例えば、公務員の反対運動を抑制し、教職の反対運動を想定して逮捕をちらつかせたり、報道規制をしくものとなっていたり、戦慄すべきものです。こうしたことまで行ってできあがる「改憲」はそうとうな代物だと思います。浦部先生がそれらを逐一指摘されているようです。



これまで支配者は、何度も改憲を主張してきたが、今回は攻防になると見ています。地域の闘い、住民の闘い、そして労働組合や平和団体の闘いで、支配者の圧力を張ね返した歴史があると思います。改憲阻止のために、最大限の闘いが求められていると思います。

そのために、私も奮闘したいと思っています。



あの戦争が、総動員体制でおこなわれたことを想起すると、今日の動きはその歴史を再びあゆみだそうとしているのではないかということであると思います。



>軍隊が民衆を守るなんて、歴史と現実に目を>塞いでいるのです。実に空理空論の極致とし>か思えません。私は支配層の利益を追求する>ために憲法を破壊してきた者たちを許せませ>ん。



私も同じ気持ちです。



>たしかに改憲の手続きはあります。しかし、>それはあくまでも平和、民主主義、人権を基>本としたものであってこの基本原則から逸脱>すべきものは想定していないというのが大半>の学説です。



それから私はもっとも許しがたいと思うのは、内閣といえども、すべての公務員は憲法を遵守しなくてはならないのですから、改憲政党の内閣だとはいえ、それを逸脱しているということです。



>浦部教授が言うように自民や民主の改憲論

>は、今の憲法を否定する新憲法であって、法>違反といえるものです。



数は力で押し切るの彼らのいう民主主義です。しかも、そういう情勢にもっていくために、小選挙区制度をこしらえたといえます。

自分たちが、都合のいいように作り変えて、

いいように改正していく、これが現在の権力の暴走だと思います。また、彼らは自分たちが憲法破壊を策動しながら、その舌の根も乾かないうちに、反対運動側は憲法破壊者だといいなしてこれを規制し抑圧しているというのが、もっとも度し難いといえると思います。



山下さんの奮闘を、心から応援しています。

がんばりましょう。





もしよかったら、私の反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合掲示板を見てください。

http://8918.teacup.com/tanaka/bbs

#平和 #民主 #人権 #憲法」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

社会保障と憲法 (憲法と社会保障)
 初めてのブログです。要領がわかりませんので、昨年まとめた文章を、貼り付けてみました。年表・メモはエクセルなので、次の機会にします。 社会保障と憲法  社会保障制度の改悪が続いています。そして、その根拠となる憲法25条が、また戦争放棄と恒久平和を誓った前
新高齢者医療制度 (憲法と社会保障)
 中曽根第二臨調から始まった老人(医療)攻撃は、老人保健法をテコに20余年で、その改悪を完結するところまで進んだ。それは、老人医療の改悪を先行させ、次に若人の医療制度も改悪する。これを3回繰り返したことにより、無料から一部負担、さらなる一部負担の増、そして1
憲法改正と新憲法制定 (医療制度改革批判と社会保障と憲法)
 憲法改正と新憲法制定について考えてみました。前神戸大学、現在名古屋大学の 浦部法穂さんのお話しをもとに考えたことを、まとめてみました。  憲法改正と新憲法制定 (1)自民党新憲法草案が発表され、憲法改正論議が活発になってきましたが、憲法改正と新憲法制定と