明るく楽しい日々を願って。

毎日の平凡な出来事を、日記のように綴ります。趣味の切手も時々アップします。
どうぞ宜しく・・・。

司馬遼太郎展

2017年07月03日 | Weblog

今日は、晴れ間が覘き

暑い日になりました。

 

横浜そごう美術館で開催されている

司馬遼太郎展へ行ってきました。

YUさんが入場券をご用意くださいました。

有難うございます。

 

     

横浜そごう美術館入口です。

 

入るとすぐに司馬遼太郎の産経新聞夕刊に連載した

『竜馬がゆく』のコピーのパネルがありました。

     

挿絵は岩田専太郎です。

『竜馬がゆく』は、1962年6月21日から1966年5月19日まで

全1335回に渡って連載されました。

すごい数の新聞連載のコピーです。

この小説によって、竜馬像が確定したといって良いくらいだそう。

 

20世紀デザイン切手に、

この『竜馬がゆく』が取り上げられています。

     

『竜馬がゆく』のマキシマムカードです。

横浜中央郵便局で、初日印を押印しました。

もう17年前になります。早いものですねぇ。

 

展示は、司馬遼太郎の作品ごとに、

テーブルが設けられて、

作品の内容が理解できるように

参考になる写真や解説があり、

分かりやすかった。

 

NHKの大河ドラマに取り上げられた作品も

いくつかありました。

『竜馬がゆく』

『花神』

『徳川慶喜』

『翔が如く』

『国獲物語』

『功名が辻』

など、記憶に残っています。

 

また、『坂の上の雲』は、NHKのドラマで

興味深く見た記憶があります。

 

私は、その他の作品では『街道をゆく』が、面白かった。

特に『横浜散歩』を、嘗て、じっくり読みました。

     

『街道をゆく』の表紙です。

横浜外人墓地とランドマークタワーの写真が

使われています。

 

最後に、写真撮影が許されているコーナーで、

YUさんと写真を撮りました。

     

司馬遼太郎の忌日2月12日は、

《菜の花忌》と呼ぶのだそうです。

司馬遼太郎の小説『菜の花の沖』に

因んで命名されたそう。

菜の花と司馬遼太郎の写真パネルの前で

写真を撮りました。

 

思ったよりも、楽しかった。

司馬遼太郎の作品を

改めて読んでみたくなりました。

 

心が豊になった後で、

お腹が空いてきました。

そごう10Fの「えべっさん」へ行き、

ランチにしました。

     

     

えべっさんランチです。

下の丸いお丼は、冷やしうどんです。

量が多いと思いましたが、

完食しました。  

 

あらためて、入場券をくださったYUさんに

感謝申し上ゲて、このブログを終わります。

     

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 横浜中央郵便局改称50周年記念 | トップ | 第8回世界の植物切手展のお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事