西洋と東洋の狭間

何かにつけ軌道修正の遅い国で有るが一端方向転換すると、凄い勢いで走り出し今までの良き所まで修正してしまう日本文明

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ディープインパクトよ「凱旋門賞」へ

2006-06-29 04:35:53 | 世界の競馬
ディープインパクトよ「Prix de I‘Arc do Triomphe」を取れ!私が知りえた、1971年の菊花賞、ニホンピロムーテーが勝った競馬から、今日のハーツクライそしてディープインパクトまでの日本競馬会所属の競走馬を考えますと、過去関西三強の一角、「四白流星の貴公子」タイテェム、気性難ではあるが切れ味の鋭いイシノヒカル、最初の競馬ブームの立役者・地方からの「怪物」ハイセイコー、そのライバルのステイヤー・タケホープ、日本競馬界最初のシード馬、ガキ大将のキタノカチドキ、根性の逃げ馬カブラヤオー、最強世代と言われた、「天馬」トウショウボーイ、そして関西の勇、杉本アナウンサーの実況で有名な「見てくれこの脚」の「悲運の名馬」テンポイント、遅咲きのステイヤー・グリーングラス、次の世代では、脅威の三冠馬ニジンスキーの持ち込み馬「超特急」マルゼンスキー、ここまでの日本を代表する競走馬では、世界一流の視野から見れば、格差はあるが日本国内的には発展期と考える。
(凱旋門賞に挑戦した日本馬の成績、スピードシンボリ10着・メジロムサシ18着)

次に、4歳時では絶対的強さを誇り、シンザン以来待望の三冠馬(父内国産馬では唯一)トピオの底力を継いだミスターシービー、次代に同じく無敗の三冠馬「皇帝」シンボリルドルフ・・・ディープインパクトの出現までは、日本競馬史上最強と考えられた。
「白い稲妻」タマモクロス、日本のバブル期に、二回目の競馬ブームを起こした、平成の三強から前記タマモクロスの好敵手でもあり、地方笠松の勇「灰色の怪物」オグリキャップ、長距離の鬼であるスーパークリーク、繊細な大井の勇イナリワン、そしてアイネスフウジン、春の天皇賞連覇、三代続けての天皇賞制覇等、当時最強のステイヤー・メジロマックィーン、メジロライアン、次世代の二代目皇帝、そして「奇跡の復活」を果たしたトウカイテイオー、戸山流調教の快速の逃げ馬・ミホノブルボン、「淀の刺客・レコードブレイカー」ライスシャワー等の活躍があり、ここまでがトレーニング施設や規模の大きな馬産施設等の充実もあり、日本国内的安定期とする。
(凱旋門賞に挑戦した日本馬の成績、シリウスシンボリ14着)

1990年の初頭から、超良血種牡馬の購入から日本国内産馬の能力が数段上がった様に思われる。何故なら、それぞれの馬のレベルが上がった中で均衡する事からも、なかなか抜きん出た馬の出現が困難になると同時に各レースの走破タイムが、格段に早くなっており、何より世界的大レースの日本馬の活躍が物語っている。
ウィニングチケット、ビワハヤヒデ、や三冠馬「シャドーロールの怪物」ナリタブライアン、並びにグラスワンダー、ジャパンカップで凱旋門賞馬のモンジューを寄せ付けず勝利したスペシャルウィーク、凱旋門賞に出走し日本馬最高位の半馬身差の2着にきたエルコンドルパサー、次の世代での七冠馬テイエムオペラオー、それにアグネスタキオン、ジャングルポケット、史上最高のレイティングに輝いたシーバードの血を受け継ぐ良血馬タニノギムレット、次にネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、世界レベルの血統の導入による世界的発展期と考えます。
(凱旋門賞に挑戦した日本馬の成績、エルコンドルパサー2着・マンハッタンカフェ13着・タップダンスシチー17着)※但し、その他世界的G1レースに優勝、入賞を多く出す。

そして変則二冠馬で驚異のダービーレコードを樹立したキングカメハメハ、その時の2着馬でジャパンカップではアルカセットの日本レコードにタイム差なしの2着又、唯一ディープインパクトに脚質変更から本格化し黒星をつけ、勢いその次の世界G1レース、ドバイシーマクラシックでは、上がり33秒の破格の時計を出し、4馬身差で圧勝し、次走キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに勝利を狙うハーツクライの出現に至っており、勿論、ディープインパクトの能力も私が今まで見てきた多くの馬の常識をはるかに越えており、3角から最後尾に近い位置から、ほとんど馬なりの状態で上がり4角を回り直線に向くまでには先頭に近い位置まで進出し、直線を向いてからは、信じられない上がりのタイムで証明される様に他馬を圧倒するスピードで先頭に踊り出て、突き放す競馬は、とてつもない長く、切れる脚を計った様に使い、又その様に競馬をよく知っている事は、賢く且つ、身体能力、心肺能力が共に優れている事を毎度の如く実証しており、プラスこの馬独自の安定した走法も味方となっている事からも、今年の結果次第ではあるが、長年の夢でもある世界最高峰の伝統のレースである、凱旋門賞に勝利し、正に名の如く世界に「衝撃」をもたらし、世界に肩を並べる記念すべき年となる可能性が多いにあると考える。

よって、日本の至宝から世界の至宝となり、世界から種牡馬の墓場とまで言われた日本の競走馬生産(日本の馬の生産を護る事から、外国産馬の出走の規制又、日本馬の能力からのリスクを考え、海外挑戦が極端に少ない事等から、素晴らしい種牡馬を有していても、その子や種牡馬の世界的評価が困難になり、色んな意味からも海外からのオファーがなくなり、サラブレッドの血統が日本国外に流出する事がなくなる理由より)が世界の生産国へ恩返しをする意味からも、ディープインパクトを海外で供用させる事で、より広くの世界でこの素晴らしい血統を残したい思いがするのであるが。

前哨戦となる宝塚記念から
阪神競馬場は、午前中から雨が降り続き、馬場状態はやや重。過去10年で良馬場が4回しかない凱旋門賞に向けて、格好のリハーサルとなった。
6月25日=京都・G1・芝2200メートル・3歳上・出走13頭
ゲートは珍しく横並びでスタート。あとは後方で待機し、前半はゆっくりで、いつも通り3コーナーから動いた。勝つことを義務づけられた一戦で、日本の至宝が輝いた。3コーナーすぎの坂を下り終え、武豊騎手は残り700メートルで満たされたパワーを解き放つ。手綱を緩められたディープインパクトは、闘争心を一気に爆発させた。「走りたいというそぶりをしたので、ゴーサインを出した。「もういいよ」という感じで。直線は気持ちが良かったですね。また飛んでくれました」。武は10度目の至福の時間を過ごした。逃げたバランスオブゲームを直線半ばでとらえると、あとは引き離すだけ。後方の蹄(てい)音が遠ざかり、聞こえなくなったところが栄光のゴールだった。馬場の大外を駆け抜け、力でねじ伏せようとするインパクトを、8万人の歓呼の風が祝福した。
ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎)が前走に引き続き次元の違う、圧勝劇を披露した。2着に4馬身をつけ、通算戦績も11戦10勝2着1回となり、国際GI宝塚記念を勝って最速で獲得賞金10億円ホースとなったディープインパクトが、10月1日の凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、ロンシャン競馬場)に向けて大きく弾みをつけ、この秋、世界を震撼させる。2着にはナリタセンチュリー、3着にはバランスオブゲームが入った。それにしても宝塚記念当日は、これまで以上に落ち着き払っていた。「先生(池江郎調教師)がそういう調教をしてきた成果が出てますね。たくさんのサンデーサイレンス産駒を担当しましたが、なかでも精神面は強い。環境が変わってもタフだと思ってます」と信頼は揺るぎない。ディープインパクトの評判はフランスにも届き、現地からも宝塚記念に取材に来ており、レース終了後には、米、仏のメディアも余裕で試走を終えたなどと伝えている。
渡仏日程や受け入れ厩舎なども詰めの段階に入っており、いよいよ本格的に動き出す。

ここで、凱旋門賞に出走予定の世界の強豪を見る。
ディープインパクトにとって最大のライバルと目される昨年の凱旋門賞馬ハリケーンラン(牡4、仏)「今年はタタソールズGC(G1)1着、サンクルー大賞典2着、通算9戦7勝2着2回」、のK・ファロン騎手(41)は、対決を楽しみにしている。01~02年には、短期免許を取得して日本で騎乗した経験もある。インパクトの宝塚記念圧勝を受けて「(インパクトが)凱旋門賞に来ることは春から聞いていた。待っている」と闘志を燃やしている。
IFHA(国際競馬統括機関連盟)が決めるワールドリーディングホースの世界1位は現在、北米最高峰の芝のレース・ブリーダーズCターフの昨年の覇者でレーティング125のシロッコ(牡5、仏)「今年はジョッキークラブS(G2)1着、コロネーションC(G1)1着通算5戦3勝3着1回4着1回」、主戦のC・スミヨン騎手(25)は、凱旋門賞でのディープインパクトとの対戦を心待ちにしている。「日本馬が年々強くなっているが、その中でも飛び抜けた存在。迎え撃つよりも挑戦する気持ち。(宝塚記念を)負けてから来てほしくなかったので、勝って良かった」。今季は英重賞2連勝のシロッコは、凱旋門賞の前にキングジョージ6世&クイーンエリザベスDSでハーツクライと対戦する。
この2頭は凱旋門賞最多6勝のA・ファーブル調教師の管理馬だけに特に怖い。だが、それ以上に同じ日本のハーツクライの方が強力かもしれない。先にも書きました様に、初の海外レースとなったGIドバイシーマクラシックを圧勝。心身とも一段と成長し、充実期を迎えている印象だ。又シーズンは始まったばかりで3歳の勢力図は不明だが、ディープにとっては1歳若い世代のトップクラスも要注意だ。
短期免許を13年連続で取得し親日家として知られるO・ペリエ騎手(33)は、まるで自分のことのようにディープインパクトの宝塚記念の快勝を喜んだ。「素晴らしいことだ。ヨーロッパのホースマンにどれだけ強いかよく聞かれるが、日欧で乗ってきて、これほどの馬は見たことがないと伝えている。凱旋門賞で、それが証明できるのでは。日本に世話になってきたし、できることがあれば協力したい。無事にゲートインしてほしい」。96~98年の凱旋門賞3連覇を達成し、日本馬の実力を最も知る男はインパクトの世界制覇を確信している。
(以上、関係者のコメントは日刊スポーツ紙を参照)
8月9日現在、先の7月29日でのキングジョージⅥ&クィーンエリザベスDS出走した、ハリケーンランは一着、ドバイワールドC優勝馬、エレクトロキューショニストは二着となっています。

ロンシャン競馬場
フランス共和国、イル・ド・フランス地域(Île-de-France)、パリ市(Paris)。パリ西のブーローニュの森 にあります。4~7月の春開催と、9~10月の秋開催があり、欧州最高峰のレースである凱旋門賞が行われる10月 の第1日曜日には世界中から競馬ファンが集まります。  
右回りの芝コース。大回りは1周2750m、中回りは1周2500m、小回りは1周2150m。新コース は1400m、直線コースは1000m。幅55m。直線は第1ゴール板まで533m、第2ゴール板まで650m。競走距離は1000m~4000mで、46箇所の発走地点があります。  
凱旋門賞の行われる2400mのコースは、第1コーナーと第2コーナーの外にあるポケットからスタートします。スタート後400mは、ほぼ平坦。400m~700mまでは2.4%の上り勾配。1000m地点(第3コーナー)までさらに上り(頂上の高低差は約10m)、第3コーナーから1300mまでは3%の下り勾配。その後、1520m地点まではさらに下り、そこからゴール板まではほぼ平坦となります。

凱旋門賞の年齢別勝利数は3歳52勝、4歳以上32勝と3歳馬が断然強い。負担重量の差が大きいのが理由のひとつだ。現在は3歳牡56キロ、4歳以上59.5キロ(牝馬各1.5キロ減)と、同時期の日本が2キロ差なのに対し、3.5キロもある。

また、インパクトが目指す凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月1日=ロンシャン競馬場)日本での放映は、NHKで生中継される予定となった。放送時間などは決まっていない。

ある意味、日本のサッカーW杯での優勝、以上の歴史的瞬間を見る事になるかもしれない事からも、競馬に興味のない方でも見られる事を是非お勧め致します。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« W杯・ドイツ大会、本戦(日... | トップ | W杯・ドイツ大会、ベスト4... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お馬さんは、綺麗ですよ (anise)
2006-06-29 09:23:41
北海道は、親戚も多く、よく行きますが、牧場の競走馬も含めて、目が綺麗ですよ。

でも、小さい時には、親と離れ離れにされ、親馬も子馬も鳴いて、可哀そうです。

でもサラブレッドの宿命なんですよね。
シャドーロール (tanaka404)
2006-06-29 12:55:01
平成元年頃から12年間ほど、サラブレッドに魅せられて競馬場へ通い続けました。



札幌、函館、中山、東京、淀、阪神、小倉と。

女傑ヒシアマゾンが大好きでした。アメリカにお嫁に行ったので子供も見れなくなり残念です。



11年前の、やはり淀で開催された宝塚記念でライスシャワーは向う正面を過ぎた所で骨折、可哀想でした。目前で倒れる姿を見ると辛いです。「無事、これ名馬」って言いますが、スタートした時、皆無事にゴールしてね

って思います。



一昨年はサラブレッドの故郷、新冠から静内と日高一帯をのんびり子馬を見に行きました。とっても可愛いです。ナリタブライアンのお墓にも行き「楽しませてくれて有難う」

と小石に書いてお供えしてきました。



こんばんわ aniseさん (SUKIPIO)
2006-06-29 19:29:42
何時も、コメントありがとうございます。aniseさんのおっしゃる通り、競走馬の多くは、恵まれない事が多いと思います。極端なほど弱肉強食な世界です。

しかし現実に存在しており、せめて光り輝く馬を応援してやりたいと考えます。
こんばんわ tanakaさん (SUKIPIO)
2006-06-29 19:47:44
早速のコメントありがとうございます。

よく、ご存知で、失礼ながら意外に思いました。

ヒシアマゾンはナリタブライアンと同期でした。牡馬に交じって有馬記念はブライアンの2着が印象に残っています。出来れば日本でよい仔馬を残してもらいたかったですね。

私には、過去の馬ですが、トウメイや「無事これ名馬」に考えさせられます牝馬、テスコガビーといった名牝とダブらせて見ておりました。

古くはテンポイントやハマノパレード、又騎手でも福永洋一騎手の姿が心痛みます。

しかし、その為にも、先を見て希望をかなえて頂きたいとも思います。

競馬の思い出 (アスカパパ)
2006-06-30 11:24:32
1967年頃から十数年、京都競馬場の近辺で勤務しました。屋上から外観が展望出来ました。風向きによっては淀川を越えて、あのファンファーレが流れて来そうな雰囲気でした。



そんな訳で、土曜、日曜には競馬場へ通ったこともありました。競馬にはロマンがありました。往年の名騎手栗田騎手との名コンビ、シンザンの像を見ると血が踊りました。パドックで観察するのも好きでした。あの磨き上げられた馬体の光沢は正に生きた芸術品を見る想いでした。悲劇の名騎手、福永洋一の英姿も目に焼き付いています。



当時はタニノムーティエの全盛期でした。そんな時、タニノソブリンとセブンオーの連が的中した時のときめきは今も新たです。1970年、皐月賞を制したタニノムーティエが日本ダービーも制覇しました。2着ダテテンリュウとの連3-4が的中した喜びも感ひとしおでした。三冠馬期待の菊花賞は悲劇で終わりました。



翌年1971年のダービー馬、ヒカルイマイは最強の牝馬といっても過言ではないと思っています。私の競馬歴はダービー馬で言えば、1972年のロングエースを経て、翌1973年には、武豊騎手の父、武邦騎手がタケホープで制覇した辺りまでで終わりました。仕事で競馬の余裕は無くなりました。映画鑑賞も出来なくなりました。それでも貴重な体験でした。



SUKIPIOさんが語っておられるニホンピロムーテー、タイテェム、イシノヒカル、ハイセイコー、キタノカチドキ、カブラヤオー、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラス・・みんな、みんな、それぞれの思い出がある懐かしい名前です。



現在は、ディープインバクトの名前は知っているという程度ですが、競馬に対する理解は持っています。TBさせて頂きました映画『シービスケット』にもその一端を漏らしていると思います。SUKIPIOさんの書き込みを拝読して懐かしくなったもので、つい、なかながとコメントを差し上げて仕舞いました。どうも失礼致しました。
こんにちわ アスカパパさん (SUKIPIO)
2006-06-30 22:00:39
アスカパパさんの思い出の籠められた、素晴らしいコメントと、そしてT・Bまで、して頂きまして、ありがとうございました。

あのタニノムーティエとアローエクスプレスとの対決の以前の事は知らないのですが、貴重な生のお言葉、嬉しく感じ入ります。

それに、ロングエース、ランドプリンス、タイテェム、それとヒデハヤテ等も懐かしいです。
こんばんわ (りゅういち)
2006-07-30 20:06:37
こんばんわ、りゅういちといいます。



「ディープインパクト 凱旋門」の記事として

「良い記事」だと思いましたので、

紹介させて頂きました。





都合が悪いようでしたら、削除致しますので、

ご連絡よろしくお願い致します。

メール:nekiryu@hotmail.com
T・Bと記事の掲載ありがとうございます。 (SUKIPIO)
2006-07-31 03:03:01
初めまして、そしてお褒めのコメントまで頂き、ありがとうございました。

「りゅういちさん」のH・Pを拝見させて頂きましたが、私の様なブログの記事などで、宜しかったのでしょうか。

私なりには、大変励みにもなりました。長く競馬を見て応援しておりますが、これからが世界の日本競馬となる時代の様に思え、非常に楽しみにしており、記事の方にもなるべく多く投稿してまいりたいと考えております。

また、そちらのH・Pにも度々訪問させて頂きたいと思っております。

コメントを投稿

世界の競馬」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

シービスケット (アスカ・スタジアム)
まだモノクロ・テレビも無かった少年時代の夏休みのある日、ラジオから聞こえてきた、若いサラブレッドと少年の、清々しい物語に何とも云えぬ感動を覚えたことを記憶している。「ふうわり、ふうわり、白い雲・・(中断)・・緑の牧場を、走れ!・・」とかいうナレーシ ...
ディープインパクト 凱旋門! (競馬初心者でも当たる競馬予想方法)
ディープインパクト 凱旋門情報を集めてみました。 ◇ ディープインパクト凱旋門賞...
ディープインパクト、いざフランスへ! (AUとか馬ブログ)
ディープ、必勝カーゴで超VIP輸送!世界制覇へいよいよ渡仏 (SANSPO.COM) うわぁぁ、いよいよなんですねぇぇ。ピカレスクコート君を帯同しVIP機でいざ決戦の地へ!!
ディープインパクトがフランスへ (GARNETMOON)
現世界ランク1位(同率)のディープインパクトが、10/1にフランスで行われる「凱旋門賞」に出走するため、JALの「ティームDI(DEEP IMPACT)」の全面協力のもと成田空港からフランスへ飛び立ったようだ。・・・で、無事パリのシャルル・ドゴール空港に到着した模様 ...
ディープインパクトがフランスへ (GARNETMOON)
現世界ランク1位(同率)のディープインパクトが、10/1にフランスで行われる「凱旋門賞」に出走するため、JALの「ティームDI(DEEP IMPACT)」の全面協力のもと成田空港からフランスへ飛び立ったようだ。・・・で、無事パリのシャルル・ドゴール空港に到着した模様 ...
Ambien. (Ambien.)
Ambien.