西洋と東洋の狭間

何かにつけ軌道修正の遅い国で有るが一端方向転換すると、凄い勢いで走り出し今までの良き所まで修正してしまう日本文明

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ポールとミシェル Paul and Michelle/続・フレンズ」1973

2007-08-05 20:20:12 | 映画
パリへ、そして・・・カマルグは・・・

ここをご欄頂く前に、「続・フレンズ」あらすじ、その1を先にご欄ください。
あらすじ、その2
やがて、願っていた家族一緒の、つかの間の幸せな生活も終わりを告げる日が来た。
パリでの生活に、不安を感じるミシェル。
「まわりは皆、優秀な大学生ばかりで、私なんか・・・」
「バカな事言わないでよ! 君は誰よりも魅力的だよ!」
ポールがソルボンヌ大学に入学する日が近づき、一足先に彼だけがパリに戻り、アパートを探してからミシェルとシルビィを呼び寄せることにしたのである。
「パパに行ってらっしゃいわ」・・・「バイ、バイ」 
               
3年前に、引き裂かれたポールとを繋ぐ唯一の道が、現実に、あの過去を再び蘇らせる様にポールを遠くに導く様にも感じられ、不安を募らせるミシェル。
遠くに小さくなってゆくポールとの絆を今度こそ離さない様に、ミシェルは叫ぶ。
「ポール!・・ポール!」
        
それは、行かないでと、願う姿にも見える様でもあった。
そんなミシェルの思いとは別に、父とのレールの様な互いの考えの平行線上の先にあるモノは、見えるはずもないポールであった。

早速ポールはパリに行って、部屋の手配をする。
そしてミシェルとシルビィが、カマルグから来る日に、おりからの大学仲間のデモに加わる事になるが、リヨン駅に、ミシェルを迎える時刻が気にかかる。
機動隊と衝突して散らされたのだが、結局、家族と暮らし始める初日から、大学生活もままならないポールは時間に遅れる始末であった。
しかし、ポールなりのけじめもした。ポールは父の家を訪ね、ミシェルを呼び寄せて住むことにしたと話すが、父はそれなら資金援助を打ち切ると言う。ポールは構わないと言って家を出る。
ポールは肉屋で働き、授業に出る。ポールが帰るとミシェルが皿洗をして生計を立てなければならなかった。パリでの親子三人の新しい生活が始まったが、決して楽なものではない。
また、彼女には、お腹の子が、父親がポールなのかギャリーなのか確信がもてなかった為に、ポールにも相談できずにいたのだが、学生仲間の集まりでポールの友人ジョアンナから中絶をしてくれる医学生を紹介してもらい、医学生とジョアンナはfractureだと言って手術室を使い、中絶後したのだった。
中絶後、擬装のためにしっかりギプスまでしたその夜、ミシェルは気分が悪くなり、医者を呼ぼうとするポールを止め、ミシェルは中絶した事をうち明ける。その悲しみは、ミシェルに忘れさす事は、ないのであろう。
                     
ある日、思いがけずギャリーがパリに現われ、ミシェルをアメリカに連れてゆき、結婚したいと申し出た。
ミシェルは迷ったが、もう一度自分の人生をポールに賭けようと決心する。
ギャリーは栄転が遅すぎたとあきらめる。
「ミシェルとシルヴィーに、ニューヨークを見せてやりたかったよ」
ギャリーの優しさに、答える事が出来なかった複雑な気持ちは、言葉にもつまらせるミシェルであった。
昼と夜のすれ違いの生活は、心身の疲労を生み、二人の関係もミシェルがポールと友人の女子学生スザンナ(A・ロンバーグ)の関係を疑いだした事で、再び心の溝を深めていく事になってしまうのである。
そんなある日、スザンナが訪ねてきて、ポールを表のカフェに連れ出した。ところが、その日ミシェルは気分が悪くなって早退した帰り、二人を見てしまった。
              
あわてて部屋に戻ったポールに、自分がいない間にいつもスザンナと会っていたのかとなじりミシェル。二人は、心の歪みのままに激しく相手を責めあったあげく、ポールは信じられないのか、と言って出て行ってしまった。
それでもミシェルは怒らせてしまったポールが心配で追いかける。
そしてポールを探しあぐねてミシェルが戻ってくると、部屋には、二人の争いに巻き込まれた様に、シルビィがいなくなっていたのである。
ポールも帰ってきて、セーヌの河岸等を二人は手分けをして探すが見つからない。
やがて、疲れ果てて戻ってくる時にシルヴィは橋のところで見つかったのであった。
必死に探し出した愛娘と家に帰った二人には、今の生活に限界を感じるのです。
    
その後、ポールとミシェルはセーヌ河に挟まれた遊歩道で話し合い、二人は将来への決断を出す事になる。
そして、今のままではやっていけないと、ミシェルはポールに自分の決心を告げた。
 
「あたしとシルヴィーはカマルグに帰って、ポールが卒業するまで待つわ。」
「辛いけど・・ あの3年を耐えたんだから、今度の3年もきっと平気さ。」
ポールが大学を卒業するまでの三年間、田舎に戻ってシルヴィと二人で生活するために、パリを発つことにした。
「手紙書かせてよ」・・・「勿論よ、ポール・・・毎週はがきを出すようにするわ。」
「書く」・・・別れる意味の知らないシルヴィーの返事が救いの様でもあった。
リヨン駅の人気の少ないホームで、ポールは愛妻と愛娘にキスをした。
               
「忘れないで、ほんのしばらくの間よ」
「そう、ほんのしばらく、そう、そうだよ」
そして駅で、ポールは去っていく二人を見送った。
        
「グッバイ!ポール」・・・「グッバイ!ミシェル」
列車の窓からポールを見続けるミシェルは・・・そう、あの小道に続くカマルグのアトリエへ。

『さよなら、ポール。さよなら、ミシェル。・・・そして・・・アニセ・アルヴィナよ・・・永遠に・・・』

二人にとっては、3年前のあの純粋なまでのカマルグへの道とは、変わったモノになったであろう。
それは、子供の成長に伴った親の責任から二人の変化となってきた事でもあり、また、何よりポールとミシェルの本当の意味での巣立ちでもあったのかもしれません。しかし、その事で彼等を非難する人は、いないでしょう。そして、彼等と共に理解する日が来た事。そして誰もが通らなくてはならない、もう一つの道がある事も・・・。
でも、何故、私達は、彼等の原点でもあるカマルグへの道を今日に至るまで、たとえ心の奥底であろうとも、忘れる事が出来なかったのでしょうか。
それは、あの時、私達もポールとミシェルと供に、カマルグの道の先にあるモノを信じ、目指した事があったからなのでは、ないのかと。
だからこそ、信じたい。ポールとミシェル達が、この先の道のりが、いかに険しくとも、あの一筋の細く真直ぐな道に至り・・・青く澄んだカマルグの空のもとへと辿り着く事を。
そして、それは私達にも通じる道である様にも思えるのですが。


今回の、投稿に至る写真の提供等に、ご協力を頂いたモーラン爺さんに感謝いたします。
また、より、「ポールとミシェル」を身近に感じる事では、次にご紹介致しますサイトでは、綺麗に表現されておられ、よろしかったら、是非ご欄下さい。
 
※動画も、上手くまとめられ、当時の気持ちが、伝わってくる様です。
 入られますと、「ギャラリー」「パラパラ劇場」と、クリックして下さい。 

コメント (68)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「ポールとミシェル Paul an... | トップ | 国の指針 »
最近の画像もっと見る

68 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信じたい・・・カマルグに辿り着く事を。 (モーラン爺)
2007-08-05 21:52:30
こんばんわ SUKIPIOさん。
今回の続フレンズの記事も、とても素晴らしくって感動してしまいました。
あらすじのアレンジ・表現が絶妙だと思います。

信じること、、、 難しいですよね。
成長するにつけ、いつしか裏を探ったり代償を求めたり・・・
私は十代~20代頃まで「続フレンズ」が大嫌いだったんですよ。
SUKIPIOさんの仰るとおり、自分が成長するにつけ理解が増していきました。
良い映画、名作とよばれる作品には自分が歳をとっても鑑賞に堪えられる、
あるいは異なった視点に新鮮な回答を出してくれる、
そんな核のような部分があると・・・ 私はいつも思っております。

また、このような志の高いサイトにリンクまでして頂いて少々申し訳なく感じております。
私の幼稚なサイトにも、SUKIPIOさんのブログを紹介リンクさせて頂きたいのですが、
その旨でご迷惑をおかけしたくはないので、どうかご考慮の上でお返事下さいませ。

SUKIPIOさんのお陰で、落胆したまま放置していた当サイトを更新する気になりました。
本当にありがとうございました。
「続フレンズ」は、受け入れ難いものがありましたね。 (SUKIPIO)
2007-08-06 12:52:50
モーラン爺さん、早速、私には過分なるコメントを頂きまして、大変にありがとうございます。
日曜の日に、急ぎUPしましたので、文面にまとまりが無かった様にも感じられ、失礼いたしました。

コメントまで頂いた上に、モーラン爺さんのサイトとのリンクまで、お考え頂きまして、迷惑どころか、身に余る光栄に感じております。
逆に、私の様な視野の狭い、拙いブログで、ご迷惑を、おかけするのではと、心配しております。
モーラン爺さんに、おかれましても、アニセ・アルヴィナの事は勿論なのですが、「フレンズ」、「続フレンズ」の詳細なサイトでの資料等の収集等では、大変なご苦労があった事と想像致しておりました。私どもが、安易に“苦労”といった言葉は、ある意味失礼だったかもしれませんね。
公開から36年経ちましたが、私は、今でもハッキリ記憶していますのは、当時、生涯最初の、同じ映画を一週間に二度、映画館で鑑賞した事です。
あの時代はビデオをも無かったからでしょうね。一度目は、何も考えず観に行きましたが、その感動が忘れられず、再度あの世界に飛び込みました。土砂降りの雨の日にもかかわらず、フト館内を見渡せば、立ち見もあり、超満員であった事が、嬉しくもありました。
全てが、この作品に巡り会えたその時から、心に素晴らしい、それぞれの思いを持てた事で、何より、駆り立てるモノがあったのでしょうか。
また、アニセ・アルヴィナが亡くなられた事も含めまして、最近は落胆されておられた様で、心配と同時に残念にも感じながら、是非、復活を、と願っておりましたので、「当サイトを更新する気になりました。」との、コメントには、喜んでおります。
日本での情報活動では、ままならい様なのですが、大変微力ながら試みたいとも思っております。そして、あつかましい様なのですが、「モーラン爺さんのサイト」への訪問を許して頂く事と共に、今後も宜しくお願い致します。
こんにちわ、モーラン爺さん。 (SUKIPIO)
2007-08-06 13:25:40
モーラン爺さん、再度、失礼致します。

先に、申し訳ございませんが、リンク「ブックマーク」させて頂きました。
宜しく、お願い致します。
こんばんわ (kju96)
2007-08-06 22:22:16
丁寧な解説、映画がよみがえります。
ラスト近く、パリ・セーヌ川中央のシテ島で、生活苦に追われ現実の厳しさを痛感しながらも未来を語り合う二人。
二人をクローズUPした空撮が美しかったですね。
汽車で見送るシーン。
娘とミシェルを送り出すポール。
ミシェルがポールを見つめる。
もう二度と取り返すことのできないポールとの過去と青春でしたね。蘇りました。懐かしいです。
007も良いですが、フレンズは青春の映画でした。
ルイスギルバートの良いですね。
「アルフィー」も捨てがたいです。



こんばんわ、kju96さん。 (SUKIPIO)
2007-08-07 19:11:59
続けて、コメントを頂きまして、有難うございます。
ポールとミシェルの別れのシーンは、流れる音楽や背景も効果的に、胸に迫るモノがありました。

「007は二度死ぬ」も、勿論、見ましたけれど、「アルフィー」の音楽も素晴らしく、ソニー・ロリンズが担当したのでしたね。出演は「泥棒貴族」のマイケル・ケインでしたか。
楽観的なプレイボーイをファッション的な60年代のスインギング・ロンドンのムードの世界に上手く演出された作品の様でした。
こう見ますと、ルイス・ギルバートは、音楽も作品のジャンルも幅の広い監督の様ですね。

相互リンク有難うございました! (モーラン爺)
2007-08-07 19:37:58
こんばんわ SUKIPIOさん
ブックマークまでして頂いて本当に恐縮です、、ありがとうございました。

先ほど当方の該当ページにも紹介させて頂きました。
SUKIPIOさんのサイトのバナーを探したんですが見つからないので、
とりあえず暫定的にページ最上部の部分を利用しましたが、
なにか不都合がありましたら、ご指摘下さいませ。

ルイス・ギルバート・・・ ほんとーに幅広いジャンル手がけてますよね。
部分的なカットやシーンは素晴らしい演出するのに、
なんとなく作品全体では一貫性や大局観に欠けるような気もします。
でも、、、嫌いぢゃないですけどね。
逆に言えば、理詰めぢゃない作風の「隙の多さ、緩さ」が、
カマルグのノンビーリした時間の流れを上手く醸し出してた様にも思います。
こんにちわ、モーラン爺さん。 (SUKIPIO)
2007-08-07 21:51:47
不都合なんて、とんでもありません。
こちらこそ、リンクして頂いた上に、バナーまで作って頂きまして、本当に、ありがとうございます。

仰る通り、テーマからの細かなメッセージ的な部分が少し映画の時間内では、不足していた感があり、観る方に任されている様な気がいたします。また、それが良かったのかもしれませんね。
大した参考にもなりませんが、そして、既に、ご存知と思い、失礼ではと思いながら、以下の事を載せさせて頂きました。
アルルの町外れにありますアリスカンという墓地と、奥にある廃墟の教会が、何となく「フレンズ」冒頭に出て来る場所にも似てましたが、残念なのですが、トンガリ屋根の部分が崩壊していました。間違っているとは思いましたが、その写真が次のサイトにありました。
また、「ポールとミシェルは彼らが誓いを互いに交換したので、結婚するように自分たちを見ます。 また、彼らはそうでなければ、人影のない教会で彼らの子供、シルヴィーに洗礼を施します。 単にポーリーン教会(the Pauline churc)の多くの人々と同じ様に、どんな神によっても祝福されるように彼ら思っている以外考えられない事です。」で、「ポーリーン教会」と書かれた記事が、次のサイトに載せられていましたので、一度ご欄下さい。
参考に、なれば良いのですが (SUKIPIO)
2007-08-07 21:53:09
無断で、載せていますので、観ていただいた後は、削除しようと思いますので、宜しくお願い致します。
http://4travel.jp/traveler/tripper/album/10144440/

http://www.sensesofcinema.com/contents/05/35/friends_paul_michelle.html
余計な事であったかもしれませんが、少しでもお力にでもなれば、幸いに存知ます。
しっかり拝見、拝読しました (山口ももり)
2007-08-08 07:27:11
この映画は見てないのです。それにしても、監督とが俳優とか、音楽を担当するダレソレ・・・とかは全然知らないわたしですので、SUKIPIOさんの知識には驚嘆しております。昨日は映画館へ涼みに・・・「ハリー・ポッター」見て来ました。やっぱり・・・イマイチ・・・もう、年齢なのかもしれません。えも、館内はオバサンが多かったですよ。
「フレンズ」も、ヴィデオ屋にあれば見てみたいと思います。
 若い愛・・・愛されることだけしか知らなかった娘の日々から、自らが誰かを、ひたすら愛する日々へ。それは戦いへの始まりでも、ありますよね。愛する事は力がいります。
謎解きの楽しさもまたファン冥利! (モーラン爺)
2007-08-08 22:08:20
こんばんわ SUKIPIOさん
貴重な資料の紹介、ありがとうございました。
紹介されたサイトの写真を詳しく観察したのですが、
私の貧しい知識では、映画のロケ地なのか判断が出来ませんでした。
でも、、、

~ シルヴィー・マリー・エレーン・ミシェル・ポーリーン ~

これは洗礼の際にミシェルが考えたシルヴィーの名前なんですが、
私の考察では「マリーはミシェルの母親」、「エレーンはポールの母親」、
 ・・・・で、「ポーリーン」だけが謎だったんです。
もしかすると、、、教会の名前をもらったのかも?しれませんよね。
今後その線で調査してみようと思っております。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

Starting Over ! World Network ! / 再出発!祝・1周年! (英語喫茶 ☆海外ネットワーク☆ オーバー・ザ・スカイ [ World Network :Over the Sky ])
One year passed since this blog started. I thank all readers heartily. I started this web-page to study English for myself. The English dictionary helps me to write every day even now. Therefore a blog friend was only the person who studied English. O...