朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

ホテルライフ

2011-07-13 | 外国の風物
ホテルに連泊して、滞在する時の楽しみの一例です。



海岸に近くはないですが、敷地内は本物のトロピカル植物がいっぱい。



冬なので多少は花が少ないのかもしれません。



朝食をゆっくり頂きます。オムレツは注文を聞いて、目の前で焼いてくれます。





ビュッフェ形式で、各種の料理、真菜野菜、果物、ケーキ、飲み物が並んでいます。



この写真は翌日のお皿です。皿にに取るものを抑制気味にしていますが、ついつい多くなる。残してしまっては作った人に悪いので完食するようにしています。



これは、バスタイムの写真。
附属のバスジェル(ジェル石鹸)を全部バスタブにぶち込んで、お湯蛇口とシャワーで泡立て、香りと泡の風呂を楽しみます。
もっと沢山の泡が立って厚さ30cmくらいになることもあるのですが、なぜか今回はあまりあわ立ちがよくなかった。

タオルは、ハンドタオル(20cm四方程度)とフェースタオル(30x50cm程度)は付いていますが、日本式の細長いタオルはありません。

つまり、背中が流せない。
この点はいつも不思議。諸外国の人々は、背中をどうやって洗っているのでしょうか?

ボクは日本から、日本式細長タオルと長いあかすり(写真で青いプラスチックタオル)を持参しています。

~~

以前、来日した米国人を温泉に連れて行って大浴場に一緒に入浴したことがあります。一応、日本式タオルを渡したのですが、使いからがわからない(通常のフェースタオルとして使っていた)。背中や体、手足は、手のひらに石鹸をつけて、手のひらで擦っていました。それが普通なんでしょうか。あるいはその時にハンドタオルを持って擦るとか、でもそれでは背中が難しい。

コメント