投げろ!

大澤大介の猪突猛進

アウトヴ50Fで3尾め4尾めの尺 ポジドライブガレージ

2019年07月21日 | 釣行



(左:ファーストプロトのk50Sと右:アウトヴ50F原型)

中々渇水が続き状況的にはあまりよくない日々が続いていた。


えっ関東は日照時間が極端に少なく雨ばかりですよ!






(上から2つ:アウトヴ60Fサンプル)

東北方面のアングラーは雨が待ち遠しい様子


一雨こないとなかなか辛い


そんなある日、開発から待望のプロトタイプが送られてきた


初期サンプルを紛失しそれに近いもの若しくは使い勝手が向上しているか


そんなことを現場で確認してほしいと7本ものタイプ別がある。


タイプ別は以下


リップ厚重心移動
リップ厚固定重心
リップ薄重心移動
リップ厚重心移動ボディー太



(アウトヴ50Fと60F)

ルアーを交換しては流れの強い瀬からトロ場


アップからダウンまでクロスを交えて色々な角度で


キャストをする。


それなりにどれもこれもヤマメは釣れるし一長一短がある


そんな中で総合的に使ってみてリップの厚みがある


物の方が使いやすいしダウンに入ったときの粘りがあるように


感じる。



(アウトヴ60Fに食ってきたヤマメ)

あともう少しトゥイッチしたとき左右に飛んでくれるといいかなぁ・・・と思ったり


アウトヴ50Fはフローティング


ボサ下などにキャストし反応がいつもあるわけではないのでそんなときは


シンキングでレッドさんが主にテストをしているK50Sでレンジを下げると


食ってくるヤマメもいた。



(薄っすらとピンク色が美しい)

やはりフローティングとシンキングは陰と陽じゃないけど


どちらか一本で完結するものではないのだと


魚の活性や水深、水温、天候でF・S使い分けるのが良いかな


とはいうものの私はフローティングが好きで今回はぼぼ通しでアウトヴ50F


に頼ってみた。



(小河川で釣れた尺ジャスト)


カラーもかなり悩みの種で一般的にはリアル系カラーが断然人気のようですが


私が好きなのはパール!



(パール系に好反応だったヤマメ)

このパールが好反応で今季も前季も良い思いをさせてくれた


そんな中でグリーンバックで初の尺が小規模河川で釣れた



(色の強い泣き尺)

パーマークがでている魚体や銀色の強い魚体と


沢山のヤマメが瀬やトロで釣れた。


流石に日中は日差しと鵜から身を隠すためにボサの下や


流れの早い岩盤帯についていることが多かった


(今季4本目の尺ヤマメ 31cm)

岩盤のエグレに流れが当たりいいサイズが潜んでるならココかなという


場所から今季4本目の尺も飛び出しアウトヴ50Fにお世話になりっぱなし


これから梅雨もあけもう少し渓流に通いフローティングミノーの


アウトヴ50Fを使い倒してみたいとおもいます。



(アウトヴ60Fに岩盤帯から飛び出てきた)


















RV アクアマックス ZIP チェストハイストッキングウェイダ-

2019年07月20日 | ツール




渓流用チェストハイストッキングウェイダーに新色追加


以前はグレーストーンというカラーが発売されていましたが


今回新色が追加され


グレー


が新たに加わりました。


フロント止水ファスナーが付いており


脱ぎ履きがとても楽


早速現地で使ってみると


膝や股部分がゆとりがあり入退渓の時や


ランディングの際の上下運動がとても楽になっていました。





あまりタイトだと動いたときにウェイダーが突っ張り


おっとっと・・・


となることが多かった。





かといってダボダボ過ぎると遡行中、水流に足を取られ動きにくさがあり不快


今回使用したときはそういった部分が解消されており


アクアマックス素材で通気性も問題なく快適に釣りができた。






PDGフラットフラッター95S・fimoカラー【ノアール】

2019年07月04日 | ツール





ブローウィン140でノアールというカラーを作成させて


もらい、主に磯や外洋系での使用をメインに考え考案させて頂きました。


初回生産から今回で三回目の追加生産を迎えます


皆さん有難うございました!





さて、そのノアールですが同じく磯ヒラで活躍してくれていた


フラットフラッターにも追加ラインナップさせて頂くことになりました。


こちらは外洋以外でも河川や港湾でも使って頂いているそうで


アングラーさんによって色々な場面で楽しんでいただいているみたいですね、有り難い!!


写真はプロトタイプなのでまだPDGと背中に刻印も無く、フックも


未装着でしたので個人的にfimoフックHの#4を





私はデイゲームが多いのでこのようなラインナップが


増えてくれるのはとてもありがたいです!


ナミノハナも再度追加生産になったので限定カラーとして一回限りの生産ではなく、


ロストしても補充ができるように定期的に追加生産をお願いしてきたいと


思います。





皆さん宜しくお願いいたします!













ちょっと変更RBBロックショアベスト&ヒップバック

2019年07月03日 | ツール


ロックショアベストとヒップバックの仕様が若干変更になります。


現行のモデルから大きく変わることはないのですが、この部分を


変更してほしいという声もありましたので変更になる予定です。


ロックショアベスト変更箇所

〇丈のショート化
〇右側ポケット追加
〇上部フロントポケットを廃止
〇グリップ収納ループ廃止
〇立体浮力材変更
〇サイドの調節ベルト使用変更

こんな感じに変更になります。








〇丈ショート化
〇上部フロントポケット廃止
 丈を短くすることでウェット派の方はより動きやすくなると思います。
 また、ダイビングペンシルを操作中にベストの一番下部分、ファスナーの
 付け根周辺がリトリーブする際に手に当たるのが気になっていたので
 ショート化。ヒップバックを使用時にベストが当たり併用しずらい為

〇右側ポケット追加
 丈を短くすると上部フロントポケットのスペースが確保できなくなり
 いままで車のカギ等を入れ重宝していたのですが難しくなった為
 右側浮力材前にポケットを持ってきました。
 左同様、ルアーケース等を入れる容量はありませんのでスプリットリング
 や車のカギなどの小物入れ程度に考えていて下さい。

〇グリップ収納ループ廃止
 ヒップバック使用時にグリップを装備しているとヒップバックを
 フロントに回しずらい為廃止


〇立体浮力材変更
 丈を短くし立体浮力材だと縫い代部分があるため適合浮力を保つのに
 スペースが無駄になる為大判サイズにし一枚が薄いものを
 枚数入れています。


〇サイド調節ベルト使用変更
 ベストを着たままベルトを持ち、前方向に引くと締まるよう
 変更しました。


ヒップバック変更箇所

〇引手ループ追加
〇身体設置面に滑り止め
〇フィッシュグリップ収納ループ変更





 


〇身体設置面滑り止め
 ヒップバックを着け釣りをしていると時間と共に下へズレ落ち
 不快。ズレ落ちを防止するためにターポリン生地の上に
 滑り止め生地を追加しました。


〇引手ループ追加
 ルアーを取り出すときにヒップバックをフロントへ回すさいに
 回しにくいので(滑り止め効果)引手のループを左右に取り付け、左回り右回り
 どちらからも出来るよう左右にあります。

〇フィッシュグリップ収納ループ変更
 以前のものはループのみでグリップを輪に通してから装着でしたが
 使いにくい為、マジックテープで止める使用に変更。
 ベスト側のグリップ収納は廃止になりましたのでヒップバック
 の下部に取り付け




ザックリとした説明になりましたが以上が変更箇所です。


以前のものが良かった!という方は店頭に並んでいる物のみに


なるかと思いますんでお早めに!


発売予定は

ロックショアベスト2019年秋

ヒップバック   2020年春

となります。




北陸

2019年06月21日 | 釣行



















町中の川辺に無数のホタルが見れるなんてとても感動的


漁協が無く自然繁殖のみの川で釣れたイワナもとても綺麗だ





トラウト用フローティングミノー 

2019年06月08日 | ツール


ポジドライブガレージの飯村氏にお願いしてフローティングミノーを


つくって頂いていた。




昨年から釣行を繰り返し、ヘビーシンキングで沈めて釣るのではなく


比較的表層付近に誘い出して食わせることのできるフローティングミノーの


釣りがとても楽しく愛用してた。





アップクロスに投げてラインスラックを取りながら時折ロッドでラインを


弾くような強めのトゥイッチをいれてドリフト


ライン角度に注意をしながらミノーがダウンになるまで流していく


やる気のある魚はものすごい勢いですっ飛んでバイトしてくるので


突然訪れる衝撃がたまらなく楽しい!



サイズは5cmサイズをメインに使用していましたが


プロトタイプの6cmが到着





駄々をこね鮎カラーに塗って頂いた


いきなりボトムを狙う前に表層付近を流して誘う釣り


ハマってます!


さてさてどこにロッドを振りにいきましょうかね








2019年 東北の渓

2019年05月26日 | ツール







































今回もよい釣行ができた





夏のお供にラッシュガード

2019年05月10日 | ツール





だいぶ紫外線が強い季節になってきました。


そろそろ日焼けが気になってきました・・・


昔は釣りに行っている感じがでるので日焼けの跡が


なんだか気に入っていたんですが


最近は日焼け部分がヒリヒリ痛くなるのが嫌なのと


翌日に引っぱられる疲労が嫌でなるべく日焼けをしないように


気を付けています。





特に沖磯へ行ったときは尚更で


身動きがとれず一日中炎天下にさらされると


こんがりと丸焼けになってしまうことが多々あります。


それを防止するためにもラッシュガードを愛用しているんですね。


それと併用して使うのがネックガード


これを着用していると一番ダメージを受けやすい


首元を守ることができるんです。


また、このラッシュガード自体に冷たさを感じさせる成分


であるキシリトールが使われているのでよりヒンヤリ感


を得られる!そうです





海水や水をラッシュガード部分やネックガードを濡らすと


気化熱でより冷たさを感じられます。


私の場合はこのラッシュガードの上に


速乾性のTシャツなどを羽織り組み合わせて使っています。


どうしても素材の特性上、ライフジャケットを


上から直に来てしまうとマジックテープの雄などに触れたり


肩回りの硬い部分で毛羽だってしまうのが嫌なので


重ね着をしています。





兎に角熱い夏がやってくるので


夏が始まるまえに今年着潰すように上下を揃えています。


少しでも灼熱の磯を快適に過ごすアイテムを


使ってみてはいかがですか


(詳細はブkックマーク(株)双進RBBから入れます)







クリアカラーの魔力

2019年04月27日 | ツール



昨年に引き続き対馬へお邪魔してきました。


水温が14度だいとかなり冷たい潮が続いており


ベイトも皆無


そんな中で見つけた唯一のベイトが6センチほどの


キビナゴ


去年も3センチから5センチくらいのチビイワシに


つく青物に苦戦したのに年を明けても小さいベイト


に苦戦させられるなんて


まぁそれでも遠征3日目にしてやっと見つけた


ベイト





それまでは全く魚の気配もなかったのでまだマシか


時折おこる単発のボイルにダイビングペンシルを


大なり小なり投げてはみるが一向に無反応


そんなこともあろうかとクリアカラーのシンペンを


持参している。


実際のルアーはと言うと


ヤマリアさんのリライズの生シラスカラー


ベイトが小さいときにクリアカラーが効果あり!


の状況が昨年もあり一本は持ち歩こうと決めたカラーだ


このクリアカラーはプラスチックルアーならできるカラーなので


メタルジグやウッドプラグでは再現し兼ねる。


そして何故かベイトが小さいときや本当にシラスを


捕食しているときに効果がある。


今回の釣行ではクリアカラーで唯一のヒラマサが獲れた


持っていなかったらと思うとゾッとする。


そして今回も昨年もクリアカラーをただ投げている


だけではイマイチの時もあり


魚がボイルしている場所にダイレクトに投げ込むのが


効果があった。





通常はボイルが出ている沖側にキャストし、ボイルしていた


場所まで引っ張ってきて食わせるのだが


何故かダイレクトに叩き込むと反応がよかった


その時にあまり沈めすぎずに表層をスキッピング


させるように引くとバイトが得られた。


その他に効果があったのは20gや30gの小さめのメタルジグを


投げるのも効果があるのだが


タックルがヘビーな為に飛距離が稼げなかったり


魚に対して鈎が不安の残るサイズしか付けれない


のがネックになっていた。


そういった条件を越えられたのがクリアカラールアー


だった。





昨年夏ごろにアピア開発の松本氏と釣行したときに


このルアーで圧倒的に差を付けられたので


持っていないといろいろな状況下に対応できない


ことを思い知れされましたよ


あとはクリアカラーのダイビングペンシルや


ポッパーも効果があると思います。


前年ながら私はまだ結果がだせていないので


クリアのトップで是非とも釣ってみたいものです。





対馬釣行動画

https://www.youtube.com/watch?v=tp1uVRK-EqQ








雨後の伊豆半島

2019年03月21日 | ツール



先月中旬に春二番が吹いたときには散々な目にあわされたが


今回は暖かくなり良い釣りができるであろうと睨んで


風向きと波を見ながら車を走らせる。


車をたたきつけるような雨が長いこと振り続け


これはイヤな予感がする





川ヒラじゃないんだから濁りは程ほどにしてほしい


案の定、川が流れ込むエリアは酷い濁りが沖まで続く


なるべく流入河川が無いエリアを選んで磯へ入ってみるが


背後の崖から沢が!


普段は涸れ沢だったところからダクダク流れ込んでいる。


こりゃ渋いだろうなと思った通りのセイゴ一尾





明日濁りがとれるよう祈ります


翌、日が代わり晴天


風も西から10mほど吹き続け本日もサラシは期待がもてる


前日と同じ磯を朝から釣るがコツりともこない


このエリアから魚が離れてしまったのか?


う~ん


大きく場所移動





西風が吹いているので南南東方面はサラシが出ていないだろうと


考え南に移動


一発目の大場所はスカ!


その帰りの小場所でバイトがでる。





サイズは60センチ足らずだが


体高がやたらとある綺麗な一尾


二日間投げて二尾のみとは渋かった


ちょいと前までベイトが沢山居たとの話しも聞こえてきたが


今回はほとんど見当たらなかった…


なかなか渋い釣行だったがこういうヒラスズキ探しが


とても楽しい!


さぁ次はどこで竿を振ろうか悩みます!