八王子現代家具工芸学校

八王子現代家具工芸学校での生徒達の木製家具の製作過程などの紹介。

国際森林年:高尾山でのイベント

2011-09-25 02:30:18 | 八王子現代家具工芸学校
今年は国連が定めた国際森林年です。その記念として10月1日から11月30日までの2ヶ月間高尾山を中心とした八王子周辺で
「高尾の森・ふれあいと学びのキャンペーン」として様々な森や木に関するイベントが行われます。学校でも倒木材・廃家具材から
のカンナを使った「My箸作り」を10月16日(日)10:00~18:00に学校にて行います。0円~500円材料によってかかります。
また10月1日(土)国際森林年記念高尾の森・ふれあいと学びのキャンペーン」キックオフイベントが高尾山で行われます。
その日のイベントの1つで高尾山の親子間伐体験があります。東京の森の中で貴重な体験が出来ると思いますので是非ご参加して
みてください。まだ定員に少し余裕があるみたいです。締め切りは過ぎておりますが大丈夫みたいです。
詳細は下記ホームページをご覧ください。
http://www.green.or.jp/fukyu/o_fukyu/event/entry_654.php



10月16日のお箸は下記のようなお箸をカンナを使って作ります。(画像が大きいみたいですので横にスライドして全体をご覧ください。)
コメント

村内ファニチャーアクセス「チャリティーバーゲンセール」

2011-09-16 01:26:25 | 講師:伊藤家具デザインより
明日から3日間、17日(土)18日(日)19日(祝)に学校があります村内ファニチャーアクセスでは年に一度の大バーゲン「チャリティーバーゲンセール」が行われます。お買い得品がありますので是非いらしてください。その他焼きそばなどの出店もあるみたいです。
学校は17日(土)10:00~17:00、18日(日)10:00~15:00、19日(祝)10:00~17:00で開いておりますのでお気軽に見学にいらしてください。


詳しくは下記村内アクセスのHPの八王子本店でご確認ください。
http://www.murauchi.net/

コメント

寝椅子製作②

2011-09-16 00:41:45 | 生徒制作過程
残暑が毎日厳しいですね。過ごしやすい秋はいつごろ来るんですかね。
今日は前回の寝椅子の続きです。前回までは曲げるための型製作の画像でした。今回は曲げ材料の製作と曲げの画像です。木を曲げるには厚い木を蒸気にかけて曲げる方法と木を薄く割いてからまた貼り合わせる方法があります。学校にはまだ水蒸気曲げの設備が整っていませんので薄い木を貼り合わせて曲げる成形合板と言う方法で曲げます。
生徒さんはご自身でたくさん厚い材木を持っておりましてそれを使って薄く切り、また貼り合わせて曲げました。

材料運搬。約長さ2m・幅500mm・厚さ90mmくらいのニッキの木とケヤキの木です。ものすごく重いのでクレーン車をレンタルしてきました。


かなりの厚さと重さでした。


帯鋸で製材開始。とりあえずは角材に。今回はニッキの木で作ります。ニッキの木は私は初めて見たのですが、削り出すとはっかみたいな匂いがしてました。


角材に。


角材にしましたら薄く割いていきます。順番に番号を書いて貼り合わせるときにその順番通りに貼り合わせますと1つの木が曲がったように見えます。


割いて、カンナをかけて、また割いての繰り返しでした。


接着準備。


ボンドです。


ボンドを塗り型に入れて曲げたところです。









コメント

寝椅子製作①

2011-09-12 00:55:44 | 生徒制作過程
今週末は暑かったですね。秋は近そうでまだまだ遠いのですかね。テレビの明日の天気予報は最高気温32℃だそうです。湿度が低くなってきたとはいえまだ暑いです。でもミンミンゼミから最近はツクツクボーシになってきているから秋になって来ているんですね。今日スーパーに行きましたら栗もありましたし。
今日は応用家具コースの生徒さんの製作過程です。もうすでに完成はしておりまして、たまっている製作画像を紹介いたします。ご自宅用の成形合板で曲げた寝椅子です。


完成した寝椅子です。




曲げ型を作るためのテンプレートです。



型となる板にテンプレートを置き鉛筆で線をつけています。



線をつけた後ジグソーで線より1,2ミリ外を切ります。


後はネジでくっ付けてコロツキルーターで切っていきます。



少し手で微調整をして型の出来上がりです。

コメント

小皿製作

2011-09-06 22:49:03 | 生徒制作過程
こんばんは。今日の朝の天気予報では30度を超え残暑厳しくかなり蒸し暑いと言っていましたが、私はそんなに暑いとは感じませんでした。30度は超えていたのですかね。
今日は生徒さんの一人の前の作品です。余った材料を有効利用してお皿を製作致しました。
余り材とは思えない素晴らしい出来栄えでした。家具製作では多くの木端が出るので無駄なく上手く利用しましたね。


色の明るい材と濃い材を上手く合わせた小皿です。



皿のえぐりはテンプレートを作り特殊なルーターの刃で削りました。
便利な刃があるものですね。



削り終わり。



その後、お皿の周囲を別のルーターの刃で削っています。



その他、グレードアップした縞模様のアレンジです。
いやー、本当に綺麗ですね。



お皿として削ったもの。



ちょっと違うつなげ方のお皿。
コメント