地域で評判の逸店のお話

地域で評判の逸店のお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際ジャーナル けいれん性発声障害

2010-10-06 13:23:14 | 日記
先日、あるテレビ番組で「けいれん性発声障害」についての特集が紹介されていました。


「けいれん性発声障害」とは、のどが締め付けられるような声になったり、震えたりする音声
障害のことだそうです。リラックスした場面では自然に、そして楽に声が出せるのですが、
緊張した場面になると、極端に声が出しにくくなるというものだそうです。
例えば、周囲の人から単に緊張しているせいで声が出ないと思われたり、電話応対や人前で話を
することが難しくてもそれらを課せられたりなど、なかなか人には理解してもらえないそうです。

しかしけいれん性発声障害は、現在のところ医療従事者でも診断が難しく、治療できる医療機関
も限られているようで、相談する相手もなかなか見つからないのが現状のようです。

番組内でインタビューに答えていた女性が、かなりの医療機関を利用したそうです。耳鼻咽喉科、
心療内科、精神科・・・数年ほど通院したそうです。ですが、「けいれん性発声障害」という診断
を受けるまでは「精神的なものでしょう」という診断しか受けなかったようです。
そして、女性はきちんと話している状態であっても「声がガラガラすぎて聞きづらい」と周りから
よく言われるそうです。かなりつらい思いをされているようです。

新しい治療法として、ボツリーヌス菌毒素を声帯を動かす筋に注射して、収縮しすぎている筋を
一時的に麻痺させる方法なのだそうです。この方法は、現在世界中で行われているそうです。

世の中には、私たちが知らないような病気、障害でつらい思いをされている方は少なくはない
でしょう。
少しでも心が楽になれるような、医療機関、相談場所があれば、どれだけ救われるでしょうか。
私は、信頼されるような医療機関作り、施設作りを政治には希望したいと思っているのです。



報道通信社
現代画報
コメント   この記事についてブログを書く
« 国際ジャーナル 一本の線の上を | トップ | 月刊・国際ジャーナル・国際... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事