現代文化の快楽

60年代に〇大の文系・理系の大学院生がコラボして、他大学にも声を掛けて、横断的に作っていた現代文化研究会へのオマージュ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千代田区長選挙に見る地方自治の未開(三) 小池劇場の危険性(続々) 

2017年01月21日 | 随想録

「馬 人参 イラスト」の画像検索結果

人参にありついて幸せな馬 (選挙の「兵隊さん」)

  

小池氏が笑いをかみ殺したような表情で語った都議選立候補志願者を千代田区長選に動員する作戦は、前回述べた中世のウィリアム・テルの物語のゲスラー他、様々な事例を思い浮かばせます。写真や絵に簡単な文章を添えることにましょう。

 

この二つの闘争に共通するで特徴的なことは、本来の利害関係者である住民よりも、地域外からの活動家が多いともされていることです。つまり背後に何物かがあって、「兵隊さん」を派遣できる間は、不毛な紛争が際限なく続く構造になって居る。

 「紅衛兵」の画像検索結果 「紅衛兵」の画像検索結果

風化したはずの紅衛兵は、また復活するという見方が出ているようですが、いずれにせよ平和時の政治目的に軍人でない「兵隊さん」を動員することは同じ。             

そしてナチスは様々なシロートの「兵隊さん」を上手に使いました。

「兵隊さん」を敵に鍛えさせる・・・これは多くの一党独裁を目指す組織が、常套的に使って来た非常に優れたメンバー育成・訓練・闘争の手法です。大学のように武力闘争と無縁な世界でも、全共闘のような若気の至りのチャンバラごっこでなく、ファカルティ・レベルの本格的な政治紛争の場合は、これを行う組織が有って、大いに迷惑したものです。

さてカイロ大学で、何でも二人だけしか学生が居なかったという超レア(エリート?)コースで、首席で卒業されたという小池百合子氏。これまでの都政については、大いに評価しておりますが、この「兵隊さん」を敵に鍛えさせるという手口を、そこで学んだのでしょうか?

いずれにせよ、それが、最初の見かけとは真逆で、民主主義とは全く馴染まない手法であることは、歴史を見れば歴然としているのです。

小池塾の塾生さんが、千代田区長選に高齢の区長さんを五選させるため「兵隊さん」として励んで、首尾よく都議選に立候補出来たとしても、何か政治家としてもっと大切な尊厳を失ってしまうのではないのか? (↑イラスト)

 

[お断り] 冒頭イラストの著作権は、 PIXTA(ピクスタ)  https://pixta.jp/illustration/9416828 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 千代田区長選挙に見る地方自... | トップ |   
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国民生活の危機充満 (喝采)
2017-01-22 18:54:36
 慧眼の主さんが、指摘されているのだから、K女史の手法については、お説ご尤もの感が強いです。

 橋元戦法を首都版に焼き直したものではないですかね。中核スタッフ(参謀本部)は同一のようだし。

 府民の圧倒的支持を受けた橋元が何をしたか、何を府政にもたらしたか、その惨憺たる結果は何より本人が、一番よく知っていることでしょう。さすがに恥じくらいは感じているのでしょう。しかし、後継者は、コーベあたりが似合いそうなイメージですね。 

 K女史が、都政に何を残すかは、まだ結論は出ていませんが。知事職以降についての野心は満々ということだけは確かでしょう。

 小生は、K女史よりも、現在は、赤いロメオの坊ちゃんのほうが、心配です。
 本人というよりも、支持率増加のタイミング(ホクセン、ロシア、中国、フィリピン、米国に対してどれだけのポイントを挙げたのか。国民ベースではマイナスでしょう。にもかかわらず、韓国に強腰で、支持率が上がる。国内政治では、国民に負担をかけ、将来の国民生活を不安にすることが顕著な傾向として出ているにもかかわらず)が。
 民主主義がナチスを作り上げたという歴史の残像が目に浮かびます。

 庶民は声を上げることしか、なすべきことはない、ですか。

コメントを投稿