玄文社主人の書斎

玄文社主人日々の雑感もしくは読後ノート

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中村彝と小熊虎之助

2007年05月12日 | 日記
 今号には、同人の霜田文子さんから、中村彝アトリエ探訪のレポートを寄せてもらった。アトリエ保存会の活動に強力な援後となってくれることを願ってやまない。十日現在で、中村彝アトリエ保存賛同者の数は六百六十七人で、まだまだとても少ない数でしかない。
 期せずして、柏崎刈羽郷土史研究会の「柏崎刈羽」第三十四号に、横浜市在住の村山佐さんによる「小熊虎之助と中村彝」という論考が掲載された。村山さんは柏高四回卒。早稲田大学卒業後、神奈川県で高校教師をつとめ、定年後日本私学教育研究所客員研究員。任期満了で、現在も好きな歴史研究に打ち込んでいる方である。
 小熊虎之助は、中村彝と洲崎義郎を引き合わせた人物。洲崎家の援助で、一高、東京帝大へ進んだ柏崎生まれの秀才で、心理学者として名をなした。小熊と中村彝の出会いは、大正元年「岡田式静坐会」に、中村屋の相馬黒光に伴われて入ってきた彝と同席したのがきっかけだった。
 小熊は大正三年に新宿・中村屋のアトリエに、洲崎義郎を伴って彝を訪れたのだった。運命の出会いを演出した人物だったと言わなければならない。小熊は彝の病状の危機に際しても、医師に治療を頼むなどの奔走をしているし、何よりも彝の死後『芸術の無限感』の編集を行い、情熱あふれる序文と後記を残している。
 後記の中に中村会同人の一人として、平野啓司の名が挙げられている。柿崎出身で小熊と柏中同期、京都大学医学部卒。ゲーテに傾倒した医学博士で、東京駒込に胃腸病科・平野医院を開設し、自宅を「ゲーテ精舎」と呼んだという。小熊に誘われての中村会参加だったのだろう。
 ふるさと人物館の「勝田忘庵への手紙」展で、忘庵への書簡二十通が展示されている。戦後すぐの頃、タイムス紙に「感激と感想」という文章を連載したというから、是非探し出して読んでみたいと思っている。

越後タイムス5月11日「週末点描」より)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« おかま掘られてレンタカー | トップ | 中国が怖い »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
薬の名前 (hirakan)
2009-06-18 08:33:35
おはようございます。
時々遊びに来ています。
自分ネタにコメントします。

祖父のつくった薬の名前がわかりました。
ハルコールというものです。
遺品をひっくり返していたら、額縁の裏からでてきた記事に書いてありました。
越後タイムスのものかもしれません。
不要な情報をとりとめもなく、すみません。。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事