ペットシッター・ジェントリー ☆書籍出版までの道のり

愛知県でペットシッターを営んでいます。初の著書『ペットシッターを知っていますか』の出版までの経緯を詳しくご紹介します。

23. 秒読み

2018年02月08日 10時44分46秒 | 出版までの道のり

9月に入り、月末の発売日が少しずつ近づいてきました。校正をした分の最終確認は出版社様でしっかりおこなっていただけるとのことで、あとはほぼ待つばかりとなりました。
 本の中で紹介したお客様には発売予定日をお知らせし、そのほか、ペットシッターの依頼を下さった方にも口頭ですこしずつ伝えていきました。皆さん、「本当ですか?! おめでとうございます!」と喜んでくださり、「発売されたら買います」ともおっしゃってくださいました。

日本ペットシッター協会様からは、特に内容修正などはなく、一緒に喜んで下さいました。そのうえ、会報誌に掲載していただけることになり、急いでその原稿を作って送りました。ところが僕の勇み足でまた大量の文章を送ってしまい、「そんなにたくさんは載せられません」とのお叱りを受け(笑)、書き直しました。

そんな折り、ふと戯れにamazonを覗いてみると、なんと! 既に本のデータが出てくるではありませんか! 書影(表紙画像)はまだですが、タイトルと著者名はしっかり載っています。自分の本がamazonに掲載されているなんて、夢のようです。何度も検索しては読み返しました。紹介文の中で、僕の生年月日が違っているのと店舗表記に抜けがあるのを発見し、それとなく出版社様に伝えたところ、すぐに修正して下さいました。

その後、出版契約書が送られてきました。前にも書いたとおり、契約書を作らないケースもあると聞いていたので、こうして発売前にしっかり契約を交わせることで、とても安心できました。契約書の内容は以前に提示されたものとほぼ同内容で、本のタイトル、発行年月日などが正式なものに変更されていました。捺印、割り印を押し、振込先の銀行口座を記入して、送り返しました。

出版社様からは、15日に見本ができあがる予定だとの連絡がありました。
もうすぐ僕の本が手元に届きます!


最新の画像もっと見る

コメントを投稿