ペットシッター・ジェントリー ☆書籍出版までの道のり

愛知県でペットシッターを営んでいます。初の著書『ペットシッターを知っていますか』の出版までの経緯を詳しくご紹介します。

21. 校正完了、そして表紙ができあがる

2018年02月01日 22時42分08秒 | 出版までの道のり

ゲラはB4版の紙が100枚ほどの束になっており、なかなかボリュームがありました。これと赤ペン、メモ用のノートPCを持参し、毎日近くのスーパーのフードコートで校正作業をおこないました。広いスペースと涼しい環境が必要だったのです。集中して作業したおかげで、3日で校正は完了しました。元の僕の原稿にあったミスが大半で、何度も読み返したのにこれだけ誤字脱字があるのか、と呆れました。

赤ペンを入れたゲラはゆうパックで送り、校正内容をまとめた文書は別途、メールで送りました。ウサギについての追加文章も完成していたので、そちらも添付しました。
 出版社様から追加で、巻末に掲載する著者紹介の文章を書いてほしいという依頼がありましたので、これも2日ほどで書き上げて送りました。

8月25日。
表紙画像のゲラがメールで送られてきました。
素晴らしい!
一見して、思っていた以上にいい表紙に仕上がっていることに驚き、感激しました。

写真は、撮影日に集まって最初に撮ったものが採用されていました。タイトル、タイトル上のキャッチ、写真下のキャッチなど、すべてが望んだ通りのものに仕上がっていました。伊藤会長にはすぐにお礼の返事を送りました。
 その後、著者名の前に肩書きを入れたほうがいいかということになり(氏名だけだと、「誰だコイツ」と思われてしまいそうなので)、「ペットシッター・ジェントリー代表」と付記して頂くこととなりました。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿