時計の針の 巻き戻し

ふだんの生活の中で、ふとやり残した感じがすること有りませんか?時計の針は、自分で巻き戻すものです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創価学会活動を辞めても・・・

2008-10-25 15:08:55 | 思想と宗教
父の葬儀の時、親戚の人からヒソヒソ声で「まさか、創価学会式でやるんじゃないでしょうねぇ?」と聞かれた。納骨の時には、一緒に行ってくれた別の親戚のおばさんから、「ここは創価学会のお墓?ずいぶん辺鄙なところにあるね」と言われた。

創価学会活動を、実家も私も事実上やっていない。曼荼羅は置いてあるが。兄や父はずっと日蓮正宗の寺院通いであった。それでもそう言われる。

その墓も実は日蓮正宗の墓だが。

先日、従妹の家に遊びに行った。行く前に電話すると、従妹は「軒ちゃん、うちは公明党とか創価学会とか、そういうのはダメだからね」と念を押された。選挙が近いという世間のうわさが飛び、また創価学会が選挙態勢に入っているから、そう言われたのだろう。

私は彼女や彼女の家族に、公明党への投票を頼んだことなど無いのだが・・・。

「あの家は創価学会だ」ということが親戚中に知れると、2世・3世はこういう苦労もする。いっそのこと、きちんと脱会して、脱会届のコピーを親戚中に送らなければ信用してもらえないのかも、と感じる。

数年前に亡くなった伯母の家族には、義理の従姉の親戚に創価学会のかなりの幹部がいて、いつも選挙が近づくと頼まれる、そのたびに断っている、とのこと。そのせいか、その家からは亡くなった父の四十九日に誰も来なかった。

一度創価学会に入ると、親戚からも疎まれる。私のような、何もわからぬうちに入会させられた2世は、理不尽なことだと感じる。

しかし創価学会は実際にまた、世間から疎まれるようなことをしてきたからこそ、こういう現象もあるのだろうと感じる。

関係修復は容易ではない。
コメント (9)

韓帝国主義と李承晩ライン

2008-10-13 21:52:18 | 政治と社会

「はてなダイアリー」より http://d.hatena.ne.jp/keywordmobile/%97%9B%8F%B3%94%D3%83%89%83C%83%93  李承晩ライン                          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 韓国は第二次世界大戦の講和条約である日本国との平和条約に戦勝国として参加することを希望していたがアメリカによって拒否されてしまう。

 

1965年(昭和40年)の日韓基本条約締結によって日韓併合条約が「もはや無効」とされる以前は法理論的には併合が適法であることを否定するのは困難であり、韓国が連合国に参加したとは認めにくかったためであった。

 

また、対馬、波浪島、竹島を自国領土であると主張していたが、対馬が日本領であることは明白であったし、波浪島は実在しなかった。1951年(昭和26年)、韓国はこれらの領土についてアメリカに要望書を提出したが、アメリカは「ラスク書簡」にて、これらの島が韓国の領土であることを否定した。竹島については日本の主張が認められて日本が朝鮮に返すべき地域のリストから外されることが確定した。

 

竹島の領有が認められないことは、1905年(明治38年)の日本による竹島の編入は朝鮮に対する帝国主義的侵略の発端であるとする李承晩の主張が覆されることであり、政権の存立を危うくするものである。このような状況の下、李承晩は「獨島は韓国のもの」との主張を通すため実力行使に出た。それが李承晩ライン設定の真の目的であると考える説もある。しかし実証はされておらず、あくまでも仮説にとどまる。1952年(昭和27年)4月28日に朝鮮の領域を確定する日本国との平和条約が発効する直前の電撃的行動であった。    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーまた、「言葉と記憶」では  http://www1.cts.ne.jp/~clab/unchiku/letter-ri-10.html#李承晩ライン                                          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*李承晩ラインりしょうばんらいん。

 

1952年(昭和27年)、国際法を無視して、韓国初代大

統領李承晩が勝手に公海上に引いた漁船立入禁止

線。

 

漁船に艤装(ぎそう)した韓国武装船は至近距離で警告

なしに銃撃をおこなった。

 

日本人死傷者44人、拉致された人は3,929人、拿捕

(だほ)された船舶328隻。漁船は返還されなかった。

 

銃撃による負傷者の治療を行わない(その結果亡くなっ

た方もいた)、

 

取り調べが終わるまでは食事を与えないなど、

 

拉致された人達への虐待も激しかったという

 

小学生の時、社会の授業で習った。地図の教科書にも

この線は赤で引かれていた。

李承晩ラインは、日韓基本条約締結と日韓漁業協定が

結ばれた1965年まで続く。

 

基本条約を結ぶにあたって、拉致された日本人を人質

 

半島に残した財産の放棄や、経済援助することを日本

側は飲まされた。

 

また、韓国政府の要望で、強盗、殺人、強姦、窃盗など

の刑法犯で服役中の朝鮮人472人を釈放せざるをえな

かった。

 

 日本の領土である竹島は、李承晩ラインの韓国側にあ

った。韓国政府による不法占拠は今も続いている。           ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恐るべきことである。私も少年期にこの話は良く聞いた。韓国の不法侵略はまさに「韓帝国主義」そのものである。漁船に偽装する、などのほか、やることは基本的に北朝鮮と同様、いやそれ以上に残虐である。

 

しかもこの帝国主義者たちは日本人を虐殺したり、乱暴狼藉の限りを尽くしてきた。 いま対馬が危ないことは、多くのサイトでご存知の方が多いであろう。

 

ところがそれにもかかわらず、創価学会の池田名誉会長は、「韓日友好」などと言ってこういう問題に正面からかかわろうとしない。 「生活を守る公明党」などと言う看板があちこちに立てられているが、大虐殺の無法国家・韓国を正面きって糾弾するのが創価学会=公明党としての筋であろう。しかも韓国SGIは、堂々と「竹島はわれわれのものだ」といって反日運動をしているのにいまだに韓国SGIを除名しないのはどうしたわけか。

 

実際、2005年の「愛国大祝祭」では韓国SGIがひどい反日行動をして”盛り上がって”いる様子が伺える。http://www.mp3-hollywood.com/showbiz/2005/ksgi.shtml一人でも多くの創価学会員が、こういうサイトをじっくり見てほしいと思う。

 

創価学会に対しては、断固とした態度をとりたい。私ならば「F活動」に行って、創価学会の理不尽さ、韓国の残虐さ、それに対する創価学会の態度などを詳しく説明し、さらに公明党の政策の危険性を詳しく訴え(例えば外国人への参政権付与法案、人権擁護法案、共謀罪など)「それでもあなたは公明党に1票入れますか?」と話してきたい。

コメント

日本教育心理学会

2008-10-13 21:18:20 | 心理学雑論
日本教育心理学会に参加した。場所は東京都武蔵小金井の東京学芸大学。私はシンポジウム1つに指定討論者として参加し、学会発表を単独で1つ、共同で第二著者としてもう1つ発表した。

いつも思うが、心理学会に来る人は大部分は非常に真摯な態度の人だ。この学会でも数年前、東京の国立T大学准教授が発表したとき、私は方法論的な不備を指摘して、『こうすればはるかによくなるという方法を具体的に細かく話して』論じたことがあった。

その准教授は、私の考えを受け入れて、今回はそのとおりに分析方法を訂正して発表してくれた。データも増えていた。とても大変な作業であり、数千人のデータをすべて分析し直すわけだから、私も思いきったことを言ったが、彼はそのとおりにしてくれた。

とても嬉しかった。物事を感情を抜きにして純粋に論理で考え、より良いデータを得るために他の人の言うことに耳を傾けてくれる、というのは、すばらしいことだと思う。

しかし実はこのことはそんなに簡単なことではない。

自分の狭い経験に基づいて、相手の揚げ足取りをする人がいる。相手が真剣に答えると、今度は論旨の中心から外れた部分や細かい部分を際限なく聞いてくる。それに答えるとまた揚げ足取りのような質問を繰り返す。

心理学会では非常にまれだが、そういう人もいないわけではない。自分の考えや感情を守るために、本当は最初から人の意見を聞かない人である。心にゆとりのない人である。

ブログ、サイトの世界にも、そういう人はいるであろうか?
コメント (4)

家庭を犠牲にする学会活動家

2008-10-11 10:29:07 | 思想と宗教
ある壮年部から悩みを聞かされた。彼は、「籍だけ学会員」だが奥さんは支部婦人部長であり活動家である。彼が言うには、奥さんは洗濯もあまりせず、本人が会社に着ていくワイシャツやハンカチのアイロンがけを全くしない、とのことであった。学会活動がほぼ毎日、詰まっていると奥さんは話すそうだ。

確かに家庭によっては、そういうものをクリーニング屋に出す人もいる。しかし彼の奥さんは、そうもしないしアイロンもかけないとのことであった。

ワイシャツやハンカチぐらいで、という考えもあるだろうが、男にとっては会社でお金を稼ぐための大切な道具である。生活のために必要なのである。彼は夜遅くまで働いているために、自分でアイロンがけする時間がなかなかとれない、とのことであった。逆に、彼の奥さんは彼があまりにも遅いので、時間を作ってもっと学会活動するよう彼に強く働きかけており、喧嘩が絶えない様子であった。

この逆のパターンも知っている。旦那さんが活動家であり、奥さんのことを全くかまわない、休日にもどこにも連れて行かない、家族サービスもしない、という例である。

子どもの教育は奥さん任せ、それでいて財務には多額の金額を差し出してしまう。

壮年部も婦人部も、学会の活動家というのは本当に困る。家庭を犠牲にして学会活動している。財務に多額の金を差だし、選挙になれば家庭そっちのけで公明党のために動く。

彼らは普段から「罰が出るぞ!」という脅しでコントロールされ、その気持がすっかり心の中にしみ込んでいるから「罰が出たら大変だ」という気持ちになってしまう。そうして学会上層部や職業幹部のために金を貢いでいる。

創価学会とは何なのであろうか。信者をコントロールして金と票を貢がせ、大作先生は金や女性を意のままに自分のものにし、社会のあらゆる層に信者を送り込んでいる。創価学会の目的は、本当は何のであろうか?
コメント (3)

学会員のエゴグラム結果

2008-10-06 10:22:23 | 心理学雑論
以前行った学会員に対するエゴグラム検査の一部を紹介する。エゴグラムとは、厳しい父親の心(CP)、優しい母親の心(NP)、大人の理性的な心(A)、自由な子供の心(FC)、言いつけを守る良い子の心(AC)の5つの役割がどれくらいあるかを調べる性格検査である。簡単な割には専門的にも高く評価されている。
グラフでは、上に書いた順に左から得点を書き込み、折れ線グラフや棒グラフで表示する。

場所は地区の拠点の家。地区総会。
まず県婦人部長はNP優位型。なだらかに両側に下がる。外向性であり適応型。

本部婦人部長はM典型。外向性で人付き合いが良い。面倒見も良い。

支部婦人部長は極端なM型。外向適応型であるが、相手に合わせることがほとんどできず、また反省したり自分で悩んだりすることもない(ACがほとんどない)。そのため自分の意見のみを通そうとする。少々のことではめげない。

地区婦人部長は変形V型。理性的に物事を処理できず、神経症やヒステリーを起こす。この人は以前書いた、痙攣発作を起こす人。やや外向的であるが不適応型。現在は役職を降りている。

白ゆり長AはNP優位型で、NPを頂点になだらかに下がる。本来はリーダー型だが、ACがほとんどないので、人の言うことを聞き入れず、時々衝突を起こす。

白ゆり長BはM型。人の言うことを聞く穏やかな外向性。

白ゆり長Cは変形V型。この人と上述の地区婦人部長は精神科に通っている。内向的。現在はほとんど会合に出てこない。

壮年部では、まず支部長は平均型。特に特徴はないが問題点もない。

地区部長はA優位型だが、両側にグラフがなだらかに下がっており、外向適応型で理性的に物事をてきぱき処理するタイプ。

B長AはNP優位型。人の世話を良くするタイプ。外向的。

B長BはA優位型。地区部長と同じく、合理主義的。面倒見も良い。外向的。

一般の学会員だが、ある婦人部員がW型(典型的な内向型)のほかは、M変形型3人、N型(ストレスがたまりやすいタイプ)1人、全体が低いW変形型(内向的でエネルギーが低い。しばしば抑うつ的)2人、という具合になっていた。

結果的に、
1.幹部の多くはいくつかのパターンには分かれるがほとんど外向的でありかつ社会に適応している(地区婦人部長と白ゆり長Cは除く。この二人は現在、事実上活動を中止している)。
2.一般の会員の場合、会合に出てくる人の性格はさまざまである。M型の人は人間関係が得意であり、W型はその逆であるが、いずれも活動家に引っ張られて出てきたのだろう。

こういう幹部のような性格だったら、学会組織を辞めても一般社会でも適応できるが、W型やV型のような人は、一般社会でも適応が難しいであろう。しかし、学会によって迷惑をこうむるのは一般会員も多いから事は難しくなる。

「組織を辞めたら罰が出るぞ!」などという脅しに弱いのは大部分、一般会員か、婦人部で言えば地区婦人部長・白ゆり長クラスで元来社会不適応な性格の人である。ある程度の幹部になれるような人は、逆に辞めても精神的に早く立ち直れるはずである。なんとも皮肉な話ではある。
コメント (15)