時計の針の 巻き戻し

ふだんの生活の中で、ふとやり残した感じがすること有りませんか?時計の針は、自分で巻き戻すものです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全体主義の恐ろしさ

2008-01-28 19:10:15 | 心理学雑論
創価学会は間違いなく全体主義の集団である。個人の考えなどは問題にされない。逆に、全体の権力者は政敵を次から次へと倒しながら、好き放題にやっている。

このような集団で自己実現というのは本当は無理だ。活動の第一線では、いろいろなノルマによって参加を強制され本やDVD、民音のチケットなどが強制される。

この全体主義は、政治的な偏りがあり、例えば韓国や中国への極度のへつらいや国の防衛面から見ても危うい参政権授与など、恐るべき政策を遂行しようとしている。

他方、創価学会は極めて効果的な金儲け集団である。上述の強制や聖教新聞の無償(事実上)配達、財務などによって、金はどんどん集まる。

とにかくこの集団にいて自分で物事を考えようとするのは大変な努力が必要だ。だがそうしないと、家庭がめちゃめちゃになったり、身ぐるみはがされたり、自分で考えられない人間になったりする。
コメント (10)