「境界に生きた心子」

境界性パーソナリティ障害の彼女と過ごした千変万化の日々を綴った、ノンフィクションのラブストーリー[星和書店・刊]

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分のスタイルを見極める

2017年03月06日 20時44分01秒 | 「DBT実践トレーニングブック」より
 
※ 練習8-2 自分のスタイルを見極める
 
 あなたの典型的な行動を 反映するものに、 チェックを入れてください。
 
□ 自分が気に入らなくても同調する。
 
□ 不快が伴っても、 人に正しいことをさせる。
 
□ 人が何をしても、 何を言っても、 愛想よくおおらかでいようとする。
 
□ そうすべきときは、 遠慮なく文句を言う。
 
□ 自分のニーズが分からなくなっても、 人の要求や感情に敏感であろうとする。
 
□ 自分の望むものを知っていて、 怒りを伴うとしても、 それを強く要求する。
 
□ 対立するとき、 譲歩して相手のやり方に従う。
 
□ 人が適切・ 正当なことをしないとき、 そのままにしておかない。
 
□ 気分を害することを言うより、 その関係から身を引く。            
 
□ 人の勝手さや愚かさを、 そのままにできない。
 
  彼が理解するまで 気付かせようとする。
 
□ 人をあるがままにさせて、 構わないでおく。
 
□ 自分の要求を無視されたり、 無駄なことを強いられると、 イライラする。
 
〔「弁証法的行動療法 実践トレーニングブック」星和書店
(マシュー・マッケイ,ジェフリー・C・ウッド,ジェフリー・ブラントリー)
 訳/遊佐安一郎,荒井まゆみ〕より [星和書店の許可のうえ掲載]
 
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受動的行動と攻撃的行動 | トップ | 「私の欲求と彼らの欲求」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「DBT実践トレーニングブック」より」カテゴリの最新記事