みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

今の日本では、年齢を重ねるとともに歯が悪くなるというイメージがあります

2018-10-22 14:25:09 | 日記
虫歯や歯肉炎、歯周病などにより痛みが出たり不調を感じてから歯科医院に訪れていませんでしたか?
実は痛みを感じて歯科医院を訪れたときにはすでに重症という場合がほとんどであり、一度削った歯は元には戻りません。お口のトラブルが発生する前に原因を作らないよう予防することが大切です。
歯科レントゲン
今の日本では、年齢を重ねるとともに歯が悪くなるというイメージがあります。通常、人間のお口の中には28本の歯がありますが、現在の日本では80歳で残っている歯の本数は平均でたったの5本です。それに対して北欧では80歳で平均20本です。ではなぜこのような差があるのかというと、日本人の頭の中に「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」という考えがあるからです。外国と大きな差がついた最大の原因はそのような日本人の意識からくるものなのです。

虫歯
虫歯を作り出す細菌は食物などに含まれる糖質から酸を作り出します。その酸により歯が溶けた状態が虫歯です。お口の中では脱灰といって歯を溶かす作用と再石灰化といって歯を作る作用が交互に行われます。しかし、細菌から作られた酸により歯を溶かす作用ばかりが働いてしまうと、元の状態に戻すことができなくなります。これが、虫歯の始まりです。

歯周病
歯周病とは、歯の周りにある歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯茎が腫れたり、歯茎から出血したり、最終的には歯を支えている骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう病気の事を言います。毎日きちんと歯ブラシをしているから大丈夫と思っている方がほとんどだと思います。しかし、歯ブラシを一生懸命しても歯石(歯垢が唾液のカルシウム成分を含み固まったもの)とバイオフィルム(台所の三角コーナーにできるぬめりのようなもの)は落とすことができないのです。どちらもお口の中にある細菌のかたまりで、これらは歯科医院できれいにしてもらう必要があります。歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進行していきます。痛みや腫れが出てくるのは末期になってからで、それまでほとんど自覚症状がありません。
マイクロモーター
歯周病と全身のつながり
近年、歯周病がさまざまな全身の病気に関与していることがわかってきました。
歯周病を引き起こす歯周病菌は、腫れた歯茎から血管に入り血流を介して全身に運ばれます。その結果、例えば「糖尿病」では血糖値を下げるホルモンの働きを邪魔するので症状が悪化します。また、「脳梗塞」では歯周病の人がそうでない人の2.8倍なりやすいという報告もあります。その他にも、「口腔ガン」「心筋梗塞」「肺炎」なとがあります。歯周病を長期間放置するとこれらの病気のリスクを高めることになります。早期に治療をしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 虫歯は歯が溶ける病気ですが... | トップ |  審美的な治療と保険適用の一... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事