みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歯周病は、歯垢(プラーク)中の細菌が歯周組織(歯の周りの歯肉や骨)に炎症を起こす病気です

2017-04-24 16:26:38 | 日記
お口の中には、口腔常在菌が歯垢1mg中に約1億個もいると言われています。これらの細菌には、ほとんど病原性はありません。しかし一定の条件が満たされると幾種類かの細菌が弱い病原性を発現して炎症が始まるものと考えられています。炎症のために歯の根の周囲の骨が吸収され、進行すると最悪、歯が抜け落ちる場合があります。
超音波スケーラー用チップ
歯周病はお口のメンテナンスをしっかり行うことで予防できる病気です。セルフケアとプロケア、ふたつのケアを継続して行い、いつでも健康な歯を維持しましょう。

歯周病の影響は口腔内のみに留まらず、糖尿病や心臓病などの全身疾患なども引き起こすと言われています。歯周病菌がお口の中から体内をめぐることで、次のようなさまざまな全身疾患を引き起こすことがあるのです。
http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/
心臓病
歯周病菌による炎症から血栓ができると、動脈硬化が起きやすくなり、それによって心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)を招くことがあります。ほかにも細菌性内膜炎になるケースもあります。

ご自分でできるセルフケア
ご自分でできる一番の予防法は、毎日のブラッシング。そのポイントは、正しい方法かどうかです。お口の中の状態や咬み合わせなどによって適切なブラッシング方法は異なりますので、一度歯科医院であなたに合ったブラッシング方法をチェックしてもらうことをおすすめします。
エアーモーター
歯科医院で行うプロケア
正しいブラッシング方法でブラッシングをしていても、どうしても磨ききれない部分が出てきます。そこに溜まったプラークや歯石は、歯科医院での「スケーリング」「ルートプレーニング」といった処置でキレイすることが可能。これらの処置を定期的に行うことで、歯周病知らずの健康な歯を維持できます。

スケーリング
「スケーラー」という器具を使用し、歯や歯の根の部分から歯石をキレイに除去します。処置後は水がしみたり、歯と歯の間に隙間があいて歯が長くなったように感じたりしますが、数日で歯ぐきが引き締まり元に戻ります。

ルートプレーニング
スケーリングでも取ることが難しい、歯周ポケットに入り込んだプラーク・歯石を徹底的に除去します。処置後は歯の表面がツルツルになり、汚れがつきにくくなります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラークコントロール ― 歯周... | トップ | 歯ぐきや歯を支えている骨な... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事