みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

虫歯になる原因

2016-06-28 16:51:54 | 日記
虫歯は、細菌が糖質から作った「酸」によって歯が溶かされる病気で、「細菌の塊=プラーク(歯垢)」が原因で起こります。歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ、歯と歯茎の境目の溝など歯ブラシが届きにくく、磨き残しの多いところが虫歯になりやすいのですが、しっかりと予防を行えば、確実に防ぐことができる病気でもあります。『ニッケルチタンファイル

C0
歯のエナメル質(表面)が白く濁って、透明感がない状態。ほおっておくと虫歯に進行してしまいます。

C1
表面のエナメル質が溶け始めた状態。歯の表面が白く濁ったり、黒く見えている状態で、痛みなどの症状はありません。

C2
虫歯が進行して象牙質まで達した状態。歯の表面が黒く見え、この段階から痛みを感じ出します。

C3
さらに虫歯が歯髄(神経)まで進行した状態。激しい痛みを感じることもあります。

C4
歯冠部(歯の頭の部分)がほとんど残っていない状態。歯髄が死んでいれば激しい痛みはほとんどありません。
歯科用バー』.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 虫歯になる原因 | トップ | 虫歯はこんなふうに進みます »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事