みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

虫歯治療の際に、天然の歯のような色調の材料で治したい。

2019-01-14 14:42:19 | 日記
口元はその人の印象を大きく左右します。輝く白い歯はあなたの印象をよくし、自分自身も笑顔に自信がもてます。
審美歯科とは、黄ばんだ歯を削らずに白くしたり、金属やレジンの詰め物や被せ物の代わりにセラミック等の素材を用いて、 口元を美しくする治療などを指します。また美容歯科とは違い、歯の機能回復を重点に行います。

セラミック治療
虫歯治療など、歯を削った時等には詰め物や被せ物をしますが、保険がきくのはレジン(プラスチック)や金属といった素材になります。機能としては問題ありませんが、大きく口を開けたときにどうしてもギラギラと見えてしまいます。そこで金属やレジンの代わりに、自然歯に近い色調や透明感をもったセラミックやハイブリッドとよばれる素材を使用します。その効果は驚くほど自然で、本物の歯に近い仕上がりになります。また、セラミックは陶器ですので、強度も高く、金属アレルギーもありませんので、安心して装着することができます。
歯科重合用光照射器
虫歯治療の際に、天然の歯のような色調の材料で治したい。
過去の治療物がギラギラとしているので、なんとかしたい。
歯を白くしたいが、ホワイトニングが適応しない症例。
短期間で歯並びを美しくしたい。歯と歯の隙間をなくしたい。

メタルセラミックとオールセラミック
虫歯で歯の一部を削り、それをポーセレン(セラミック)泥を焼成し作成したインレー(詰め物)やメタル(金属)のフレーム(内冠)上にポーセレン(セラミック)泥を築盛し焼き付けるメタルボンド(被せ物)が現在もまだ主流でしたが、弱点の脆さの点で壊れるという治療後のトラブルも少なくありませんでした。
歯科用高圧蒸気滅菌器
このメタルセラミックの弱点を上手くカバーした方法がCAD/CAM(コンピュータによる設計および切削)によるオールセラミックです。壊れにくい工業的な規格化されたセラミックのブロックから、削り出す事によって、破損に非常に強いインレー(詰め物)や冠(被せ物)を作り出す事ができ、非常に高度な接着技術・高品質な材料も手伝って、メタルセラミックでは出来なかったトリートメントが可能となりました。また、メタルセラミックで起きていたマージン部(歯牙に近い歯肉接触部)のシャドー(金属色で歯肉が黒くなる)もなくなり歯肉まで明るく綺麗にトリートメントできるようになりました。さらには最近多くなって来た金属アレルギーの患者様にも適応可能です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セラミッククラウンとは、セ... | トップ | ・天然歯と同じ色調で作るこ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事