みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

金属を一切使用しない審美歯科治療を行っています。

2019-01-11 09:41:29 | 日記
金属を一切使用しない治療
これまでは、歯科治療に金属を用いた歯科材料が一般的に使用されてきました。現在も健康保険適用範囲内で金属を使用した銀を用いた治療を選択される方が多いと思います。しかし、近年はメタルに劣らない機能で、より身体に優しく、さらに見た目も美しい歯科材料が発達してきました。それがジルコニアやセラミックといった素材になります。これらの材料は見た目にも人間の自然な歯の色に近く、硬さも本物の歯に近いので、健康的にも優れています。当院ではメタルフリーという、金属を一切使用しない審美歯科治療を行っています。
歯科プライヤー
金属アレルギー
金属を用いてしまうと、金属アレルギーを引き起こす原因になる場合があります。口腔内の唾液により、長年で金属が腐食してしまい、銀イオンが露出する場合があります。その結果、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。
二次的なむし歯
金属は人間の歯と比べ、非常に硬い素材です。物を噛む際には、本物の歯に硬い歯が重なってしまうので、毎日噛み続ける事により、健康な本物の歯にヒビが入ったり、傷が出来たりしてしまいます。そこから新たな虫歯が進行する事もあるのです。
このような理由で、金属を一切使用しない「メタルフリー」は健康面・審美面でも優れた治療法と言えます。定期的にクリーニングは必要ですが、2次的な虫歯の繰り返し治療を防ぐ事ができ、長期的な保存も可能になります。

ジルコニア
従来のセラミックより、かなりの強度があります。曲げる強度が非常に高いため、硬さ・欠けにくさ・割れにくさを兼ね備えています。粒子が極めて小さく、表面が非常に平滑なので、耐摩耗性にも優れています。しかし、独特のツヤがあり、色調が限られているため、自然な歯の再現が難しくなっています。ジルコニア単独ですと比較的安価に使用できます。

ジルコニアセラミック
ジルコニアにセラミックを焼き付けた物になります。セラミックは自然な歯の色ツヤが再現でき、強度が強く、耐久性にも優れています。変色や艶落ちがほぼなく、着色や汚れの付着が少なくなっています。しかし、ジルコニア単独よりも価格が高くなり、極度な衝撃で割れることがあります。部分的な詰めものには向いていません。
抜歯 器具
プレスセラミック
従来のセラミックの3倍以上の強度があるプレスセラミック。強度はジルコニアに次いで固い素材です。変色や艶落ちがほぼなく、着色や汚れの付着が少ないです。また、比較的安価にできます。部分的な被せものにも向いていますが、極度な衝撃で割れることがあります。多数の歯の欠損には不向きで、前歯では単独や少数本の症例には向かないこともあります。コストはかかりますが、自然に再現することも可能です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 審美歯科治療とは、つめ物・... | トップ | 虫歯などで歯を削って治療を... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事