みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

高齢の方ではほとんどの方が歯槽膿漏や歯周病で悩まされており、歯が抜け入れ歯になる原因が歯周病です

2018-07-14 11:24:16 | 日記
歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することで起こる炎症性疾患です。初期では歯周の歯肉に炎症を起し、歯ぐきの腫れ、出血などがみられます。放置して進行すると膿が出たり、歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらついてきます。

歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんど無いため、気づかないうちに進行し、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともある軽視できない疾患です。また近年、歯周病は口腔内だけの問題ではなく、心臓病や肺炎、糖尿病など多岐にわたる疾患の発症リスクを高めるほか、歯周病の妊婦さんは約5倍も早産リスクの高いことが明らかになっています。
タービン 歯科
歯磨きが不十分なために、歯と歯肉の間に細菌が棲みついてプラークが溜まると、そこに炎症が生じます。これが歯周病の始まりです。初期には自覚症状はほとんどありませんが、次第に赤みや腫れ、出血、排膿、口臭など、様々な症状が起こり始めます。

プラークが石灰化して歯石になると、通常のブラッシングでは取り除けなくなり、歯周病は悪化します。歯と歯肉が付着しているすき間に「歯周ポケット」ができて、さらに炎症が歯肉の内部まで進行すると、歯肉溝が深くなってきます。やがて歯根膜(歯と歯槽骨を繋いでいる組織)や歯槽骨が破壊され、歯を支える力が次第に弱くなって、歯はグラついてきます。このままの状態を放置すると、最終的に歯は抜けてしまいます。

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯周ポケットの中に隠れている歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を使って取り除きます。歯石の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、そのままにしておくと、細菌が歯周組織を破壊してしまいます。そのため歯周病の原因であるポケット内の歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には大切なのです。
歯科用LED照射器
ルートプレーニングとは、目に見えない歯周ポケット深部に入り込んだ歯石をスケーラーで取り除き、さらに歯根を滑らかな面に仕上げる治療です。歯周ポケットが深いと、歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す“毒素”が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除くのが、ルートプレーニングです。ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、通常は局所麻酔をした上で行います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 欧米では何十年も前から予防... | トップ | 健康な歯の維持だけでなく、... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事