みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

虫歯や歯周病の大きな原因はプラークの中にいる細菌です。歯垢や歯石は細菌繁殖の温床です

2018-07-13 15:00:28 | 日記
歯科疾患の多くは事前の取り組みにより、発生のリスクを軽減することができる場合が存在します。
また、検診によって見つけられた疾患を、早期に加療することで治療期間や重症度を軽減する可能性もあります。歯医者は歯を削って治療するだけの所ではありません。「虫歯や歯周病にさせない事」も重要な役割です。予防歯科は地味な治療ですが、歯を美しく・健康に保つ大事な治療と考えております。

歯垢・歯石の除去
虫歯や歯周病の大きな原因はプラークの中にいる細菌です。歯垢や歯石は細菌繁殖の温床です。 こうした歯垢や 歯石をこまめに除去していくことで虫歯や歯周病を防ぐ事が出来ます。
歯科バイブレータ
PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯科衛生士による徹底した歯面清掃処置(PMTC)です。専用の材料を用いることで、歯周病による腫れや出血、口臭の予防に大変効果的です。歯石や歯垢の除去の他にPMTCを行うことで高い予防効果があげられます。 毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所や、※「バイオフィルム」が形成されてしまうところが出来てしまいます。歯ブラシのみでは除去が難しいものです。

この部分のクリーニングを歯科衛生士が専門の器具を用いて、お掃除を徹底的に行います。食べかすや歯垢は歯みがきで取り除くことができますが、バイオフィルムに包まれた細菌の塊、茶しぶや煙草のヤニなどはなかなか落としきることができません。これらが口臭や虫歯、歯周病などの原因にもなるので、定期的なクリーニングが必要となります。「PMTC」は、まるで歯のエステです。

日本と歯科先進国の予防意識の差
日本では、「歯科医院は歯が痛くなってから治療に行くところ」という意識をお持ちの方がまだまだ多いのが現状です。しかし歯科先進国といわれるようなスウェーデンや米国などの欧米諸国では「歯医者は虫歯や歯周病にならないように行くところ」と認識されています。
エアスケーラー
たとえば、スウェーデンでは約9割の方が、米国では約8割の方が歯科の定期検診を受けていますが、日本での受診率はまだ数%です。そして70歳になったときの平均の残存歯をくらべると、スウェーデン、米国、日本の順番でいうと20本、17本、14本だという報告があります。歯が20本以上残っていると、通常のお口の機能はほとんど損なわれないといわれていますので、日本では年齢を重ねたとき、まだまだ入れ歯などの装着を余儀なくされているといえるのです。いつまでも自分の歯で飲食や会話を楽しむためにも定期検診の活用をおすすめします。
コメント

これまで歯科医院には「歯が痛くなった時に行く」と考えられてきました。

2018-07-13 11:59:04 | 日記
しかし、歯は治療するたびにダメージを蓄積しもろくなってしまいます。ご自分の歯を長く使うためには、発症する前に予防するのがいちばん。近年では、歯科医院は「予防のために行く」という考え方が広まっています。予防歯科を受診すれば、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを未然に防げ、天然歯を削ったり抜いたりしなくて済みます。皆さんもこれまでの認識を変え、積極的に予防歯科を受診しましょう。

予防歯科の重要性
私たち日本人のほとんどは、歯科医院の役割が治療だけだと思っています。しかし、そう思っているのは、日本人だけのようです。今や世界では予防のために歯科医院を利用することが当たり前になっているのです。予防歯科のポイントは、定期的に通うこと。定期的に口腔内のチェックを行うことでお口のトラブルやその兆候を見逃さず、もし治療が必要になったとしても、早期のうちに対処が可能。ダメージを最小限に抑えます。さらに、専門的な予防処置で口腔内の衛生状態を常に一定に保ちます。予防歯科はお口のトラブル回避にとても大切な役割を果たしているのです。
歯科器具中古販売
一般的に「虫歯・歯周病予防」と言えば、「虫歯や歯周病にならないために行う処置・対策」をイメージしますが、当院では「口腔環境を整えて末永くお口の健康を維持すること」をめざしています。 たとえば、歯並びが悪い場合は、歯と歯の間に汚れや食べカスなどが詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因のもとです。また、発音がしにくかったり、見た目に悩んだりなどメリットが見当たりません。しかし、予防歯科の観点から、この歯並びを正すことは、ブラッシングもしやすくなり、虫歯・歯周病の予防にもなります。さらに咬合(かみ合わせ)や、発音、見た目も改善されるため、お口全体の健康につながり充実した毎日を送れます。
歯科用LED照射器
また、歯を失った部分にはインプラント・入れ歯・ブリッジなどの治療を行うことで、かみ合わせを改善します。歯科予防の観点でいえば、しっかりとかめる・話せる咬合(こうごう)を作ることがさまざまな病気への予防にもつながります。食べ物をしっかりとかむことは、脳に新鮮な血液が多られるため、認知症の予防にも効果があります。反対にかめなくなると脳への血液供給が妨げられ、認知症の発症率が高まるとされています。ほかにも、歯が抜けた状態を放置したまま、そのまま過ごしていると、隣接する健康な歯にも悪影響を与えかねません。歯が抜けたことで、かみ合わせが悪化し、他の歯までもグラついて抜けてしまう場合があります。
コメント

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます

2018-07-13 10:59:44 | 日記
みなさまは治療が終わったあとに、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で再度治療を受けた経験はありませんか?
もしそういう経験がおありでしたら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。
メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。
歯科医療機器
予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じません。また歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。

「PMTC」は「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専用の機械を使って歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングのことです。虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、ご自宅でのブラッシングだけでは落としきれません。歯科医院で行うPMTCには、少しずつ蓄積していく汚れを取りのぞくという役割があります。

とはいえ、PMTCは一度受ければよいというものではありません。定期的に受けることで予防効果が高まります。歯科先進国と呼ばれるアメリカでは多くの方が継続的にPMTCを受けており、日本に比べて虫歯や歯周病にかかる人の割合が非常に少ないというデータもあります。PMTCを上手に活用し、健やかな口腔内環境を守りましょう。
歯科 光照射器
定期検診(口腔内管理)の重要性
治療が完全に終了した口腔内は、歯科来院前と比較し、口腔内細菌の数もコントロールされているはずです。治療期間中は、毎日のセルフケアに加え、歯科医師・歯科衛生士によるクリーニングが施され、最も口腔内環境がよい状態です。歯科に通院しなくなった翌日より、患者様のセルフケアだけで口腔内細菌の数をコントロールしていかなくてはなりません。ブラッシング方法が自己流になり、特異的にブラッシング不良になった場所に、う蝕(虫歯)や歯肉炎・歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が付着し、口腔内環境を破壊していきます。また、歯牙は、毎日休むこともなく使われており、6歳に萌出した6歳臼歯(第一第臼歯)はその名のごとく、6歳から患者様の年齢まで使われています。毎日使われている歯が正常に機能するかを検査する必要性はあります。車ですら、新車で3年、通常は2年に1回車検があり、1年に1度は、ディーラーや自動車専門店で定期検査をうけます。エンジンを起動させるエンジンオイルですら、3000㎞~5000kmに一度は交換することもあるかと思います。以上のように、定期検診の目的は、う蝕(虫歯)や歯肉炎・歯周病の早期発見と早期治療、そして何歳になっても機能的(健康に食べることができる)で、清潔な歯を持続するためのメンテナンス(歯科医師・歯科衛生士による専門的な口腔内清掃と管理)だと言えます。当院では、患者様の口腔内状況に合わせて、2・3・4・6・12ヶ月ごとに定期検診をさせて頂き、口腔内管理をさせて頂きます。
コメント