真夜中の映画&写真帖 

渡部幻(ライター、編集者)
『アメリカ映画100』シリーズ(芸術新聞社)発売中!

D・フィンチャー版『ドラゴンタトゥーの女』の女優はルーニー・マーラ。エリカ役からの見事な変身

2011-02-05 | ロードショー














『w magazine』の映画特集より。
『ソーシャル・ネットワーク』で、少ない出番ながら知的な清潔感で強い印象を残し、ザッカーバーグにとっての「薔薇の蕾」を象徴したルーニーマーラ。
彼女の新作は、同じくデヴィッド・フィンチャーによるベストセラー小説『ドラゴンタトゥーの女』の映画化&再映画化。写真で見る限り見事な変身ぶり。フィンチャーにどう料理されるか、いまから楽しみだ。



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« MARLOES HOLST 飽きさせない... | トップ | いつか昔の窓際のバレエ »
最新の画像もっと見る

ロードショー」カテゴリの最新記事