海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

16ちゃご14号&21号、診察へ・・・

2016年09月24日 14時00分51秒 | マルギナータリクガメ
たまたま休みとなった今日の午前中、16ちゃご14号と16ちゃご21号を連れて、
隣県の掛かり付けの動物病院に行ってきました。




待合室での16ちゃご14号(下)と16ちゃご21号(上)


無理を承知で、16ちゃご14号の口が開かなくなっている原因の確認と対策、
そして、成長不順の16ちゃご15号の診察というより相談?が目的です。


・・・が思っていた通りですが、レントゲンを撮ったとしても影が薄過ぎて、
形状を写すのは無理ということで、レントゲンでの骨の状態の確認は断念、、、

器具を使って口を開けさせることも、骨折のリスクが高すぎると、やはり、、、

もしも原因が癒着だった場合は、早めに顎を動かす必要があるようですが、
あまりにも危険です・・・


ある程度の成長・骨格を丈夫にすることが出来れば、処置も可能ということで、
まずは成長のための、栄養補給を優先することにしました。







まずは皮下に注射でカルシウムを補給、成体サイズでは経験していますが、
これだけ小さな仔での注射はもちろん初めての試みです・・・

一応、1日1回の注射ですが、注射部位があまりにも限られていますので、
毎日では皮膚が持たないでしょうし、状態を確認しながら8回分。

2かめとも注射を勧められましたが、21号は食べることはできていますので、
注射の前に口からの栄養摂取の強化を試みることにしました。


その栄養強化のため、強制給餌用の粉末フードを2種類、画像左がパウダータイプ、
右が少し粗さが残る粉末タイプ、どちらもウサギ用ですが・・・

病院で試してみて、粉末タイプのほうが明らかに喰い付きが良いのですが、
口の中にはほとんど入っていないような・・・

パウダータイプはクリームのような感じ、隙間から吸い込まれていましたが、
リクガメにはちょっと炭水化物が多いようです。

どちらが良いか聞かれましたが、結局両方とも頂いてきました。。。



果たしてどれだけ効果があるのか?先が見えて来ませんが、、、

頑張るしかありません!

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 月末には早いですが成長記録... | トップ | 15もあ1号&2号、1歳ヽ(^o... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり (クロカメ)
2016-09-24 14:23:55
 やはりそうでしたか。どの獣医さんでも、小さい子は診れない。骨も薄いので、写らないんですね。この サイズでは、獣医さんの意見を聞くというよりも、自分の意見を聞かれ、判断の手助けをしてもらうという風になってしまいますね。成長しない子は、栄養価の高いものを与え、成長するかを見て、そこから方向性を決めるしかないですね。
 口の開かない子の方ですが、経験豊富なiZooに相談されてはどうでしょうか?今、盲目のゾウガメを育てていると聞きました。もしかしたら、同様の経験をされているかも知れません。
 何とか育って欲しい。がびおさん宅の子ガメですが、僕自身、その思いは強いです。また、何か情報をつかんだら連絡させて頂きます。
クロカメさま (がびお)
2016-09-26 22:56:00
やはり・・・、診断も処置もムリでした。
無理は承知の受診でしたが、注射と強制給餌飼料を入手できただけでも、
選択肢が拡がります。
先が見えてきたとは、とても言えませんが・・・

盲目のカメを飼育しているという情報は、これまでも幾つか目にしていますが、
口が開かないカメが成長したという話は見当たりませんね、、、
出来るだけ情報を集めてみたいと思います。

正直なところ、成長を望む前に、まずは体力を保つこと、
どうすれば安定して効率よく栄養を摂ってもらえるのか?考えています。。。

コメントを投稿

マルギナータリクガメ」カテゴリの最新記事