海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

マルギ♀ちゃご、まさかの4thクラッチ!

2018年06月30日 23時01分10秒 | 産卵
6/14に今年3回目の産卵を済ませていたマルギ♀ちゃご、
一週間前に未成熟なおたまごを排泄していたとはいえ、産んだのは2つ、
これはさすがに今年はこれで最後だろう!?と思っていたのですが・・・


実は、一昨日6/28の晩から産卵床ケージに入って頂いておりました。

触診で抱卵を確認したわけでも、行動が怪しいと感じたわけでもなく、
相変わらず旺盛な食欲と排泄物、体重が増えた訳でもなくでしたが・・・

ただ単純に、初めての産卵の一昨年、そして今年のこれまで3回の産卵で、
その間隔は14日~18日、もしも万が一産むとしたらそろそろ??
そして、数日間は天気が悪くなるという予報・・・

我が家のマルギたち、特に♀たちは雨降りの日はあまり活動することなく、
食餌にはほとんど手を付けません。

だったら、天気が悪くなる間、空いてる産卵床ケージに入って頂いて、
ちょっとくらい様子を観察しておこうか・・・くらいのつもりでした。



・・・が、産卵床ケージに入ってもらってから2度目の朝になる今日、
朝5時の点灯から一時間近く経った頃・・・






なんとっ!?

ホリホリを始めてしまいました。。。。



一昨年の初産の年も4回、私の知る限りでは初産としては多いほうだと!?

一昨年は冬眠明けからペアリングを2回行っていました。

初めてのペアリングの試みで、1回目は果たして交尾が成立していたのか?
そもそも繁殖能力が備わっているのか??半信半疑でしたので・・・


4回も産卵したということは、2回目のペアリングは必要なかったんだ!!
というのが至った結論、ここ2年間抱き続けていた確信でした。

ですので、昨年1年休んで、今年のペアリングは1回のみで十分と判断、
これで産卵数は減るはず!?と思っていたのですが、、、



掘り始めたものの、いつものことながら、何度も目の前を往き来されて、
足を止めてはまた掘り始めを繰り返し、結局出勤前には産むことなく、、、




夜になって帰宅し、様子を確認すると・・・






掘り散らかしたまま、、、

疲れ果てて休んでいるわけでもなく、しっかり起きてますね・・・



これは産んでいないな!?と思いながら、ちゃごを持ち上げてみると、
意外なほどに軽い手応え!?

測ってみると、






2365g(-137g↓:6/24前回測定日比)

大きく減少!?冬眠明け時の体重と比べても、140g近く減っています??


さすがにこれは産んだのか!?

まだ半信半疑でしたが、産卵床を掘ってみると・・・






5つ出てきました。。。

埋め戻しは???でしたが、確りと産んでくれておりました。。。


5つのおたまごに、×印と23~27の番号を記して掘り出したのですが・・・






下から、もう一つおたまごが出てきました!?

6つでしたね、、、



掘り出した6つのおたまごを測定。



      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.23    13.1      30 / 27
No.24    14.7      31 / 28
No.25    14.4      31 / 28
No.26    12.7      31 / 26
No.27    13.6      32 / 26
No.28    14.0      31 / 28


4Thクラッチともなると、大きさはちょっと控えめでしょうか??


さすがに今年はこれで最後だと思いますが、気を緩めることなく、
慎重に観察を続けます・・・
『爬虫類』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 残念なおたまご、、、、と、... | トップ | 2018シーズン最初の孵化開始! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

産卵」カテゴリの最新記事