海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

月末の成長記録~~2019年5月・大きい組

2019年05月26日 21時51分01秒 | 成長記録
このところ5月とは思えない程の暑さが続いていますね・・・

特に今日は、5月の最高気温の記録を更新、しかも北海道で、
というニュースも入ってきましたが、、、


予報でも今日は特に暑くなるということでしたので、
早めの時間に山道へ向かいましたが、ここ瀬戸内では幸い(?)
午前中は薄曇りで、適度に過ごし易い気候でした。

昼過ぎまでは・・・


その朝の山道での収穫は、






クサイチゴと桑の実、かめずにしっかり味わって頂きました。。。

画像はありませんが、、、




季節の恵みを味わって頂いた後は、月末恒例(??)とは
言い難くなってきたかめずの測定、完全屋外の11かめの番です。

屋内越冬の孵化仔たちも、先週末にはすべて屋外へ移行してますが、
別の機会にということで・・・



かめ庭で11かめに順番に温浴戴いてから、全員の体重と、
小さ目の5かめは甲長も測定、15cmのノギスでは測れなく
なりつつありますが、、、、




結果




マルギ♂じょじ

2140g(+133g↑:前月4/28比)

成長というより、しっかり溜め込んだようです・・・





ヘルマン♂はび

913g(-1g↓:5/1冬眠明け時比)

冬眠明けとほぼ一緒ですが、活性・食欲は問題ないと??





ヘルマン♀くう

1279g(+27↑:前月4/28比、+102g↑:5/14産卵後比)

産卵後からすっかり回復、というか今日の触診で抱卵を確認。

ヘルマンにしては短い間隔だと思いますが・・・





ヘルマン11孵化仔♂ふぃん

565g(+46g↑:前月4/28比)
135mm(±0mm→:前月4/28比)

実は・・・

冬眠明け後から、寝床に篭って食餌も摂らず、約半月が過ぎ、、、

気掛りだったのは体重増のまま冬眠入りして、春まで減らないまま、
お腹の中で排泄物が固まっている?それとも腐敗・・・???

歩く際には後肢がぎこちなく、踏ん張りが効かない様子、
温浴すると息んでみせますが、出せない様子、、、

そこで、オリーブオイルを試してみました。
以前結石対策として聞いたことがあった方法ですが・・・

5/10晩に1回目、1cc程をシリンジとチューブで胃内に直接注入、
翌朝の温浴で、5-6cm程のパスパスに乾いて固まった排泄物を2つ。

2日続けて2回目、翌5/12はイベントで丸1日出掛けていましたが、
留守の間に同じくらいの排泄物を2つ、4-5日後にもう1つ出ました。

その後は活性・食欲が徐々に上がってきているような気がしますが、
食餌量より、排泄量が少ないようで、消化管の状態が万全ではない??
ような気がします・・・





ヘルマン13CB♀えぱ

946g(+14g↑:前月4/28比、+79g↑:5/15産卵後比)
155mm(+1mm↑:前月4/28比)

産卵後の体重はしっかり回復して、2ndクラッチがありそうな???

先日の1stクラッチの6つのおたまごは、全て白濁して、
発生が進んでいるようです。。。

初の孫かめ誕生に期待!?





ヘルマン13孵化仔♂こるも

719g(+80g↑:前月4/28比)
156mm(+1mm↑:前月4/28比)

色合いと顔付きがだんだん父かめはびに似てきた気がします。

大きさも負けないくらいになってほしいとこですが・・・





マルギ13♀ふれあ

1494g(+148g↑:前月4/28比)

見た目にも、甲羅はちゃごに見劣りしないよう感じていましたが、
しっかり増え続けてますね。

でも、顔はなんだか小さいんですよね・・・





マルギ♀ちゃご

2745g(+25g↑:前月4/28比、+136g↑:5/21産卵後比)

これまでは4thクラッチまでが2回、まだ産みそうな・・・


ところで、1stクラッチで割れたおたまごの中身が着いたおたまご、
4つにカビの発生を確認し、発生の進みも遅れているようです。

そこで今日、4つをかめ庭の土に埋めました。
軒下の雨がかかり難いところをブロックと金網で囲んで。

発生したカビを拭き取っても、再び発生することは目に見えており、
いっそのこと、土壌の浄化力と太陽の力に託すことにしました。。。





マルギ♂ばる

1070g(+104g↑:前月4/28比)

今年こそ、成長であってほしいですが・・・





ヘルマン11♀もあ

848g(+50g↑:前月4/28比、+111g↑:5/23産卵後比)
157mm(+1mm↑:前月4/28比)

温浴でかなりの排泄物を出したのですが、産卵3日で増え過ぎ!?

それだけ凄まじい食べっぷりだったことでしょうね??





マルギ16孵化仔じょじ1号

449g(+58g↑:前月4/28比)
140mm(+6mm↑:前月4/28比)

ヘルマン3♀と同居にしていますが、今のところ発情行動はなく、
マイペースでしっかりと成長してくれています。。。








はびだけは減量、ふぃんの経過も気になるところですが・・・

抱卵続きの♀たちに、いやが上でも気を取られてしまいますが、
体調変化を見落とすことないよう、しっかりと観察とお世話を
続けます。。。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ヘルマン11♀もあ、2019・1s... | トップ | ヘルマン♀くう、2019・2nd... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (natsuchiharu)
2019-05-28 19:26:03
みんな可愛いですね!
大阪で次はいつ会えるのか楽しみです。
ちはるさま (がびお)
2019-05-28 23:09:14
コメントありがとうございます。

体重測定の愛想のない画ですが・・・
すっかり大きくなった仔も含めて、それぞれ個性があって、
愛着があるというか(?)可愛らしいですよ~

次の大阪出展は・・・
手元に残っている孵化仔たちの数を数えてみると、
今年の孵化仔誕生を待ってからになりそうな、、、_(._.)_
Unknown (natsuchiharu)
2019-05-30 20:56:18
ベビーの誕生が待ち遠しいです。
また、お会い出来る日を楽しみにしてます。ママ、パパ、誕生の瞬間の写真があるなんて素晴らしいと感動しました。
もし、もう一度飼育できるチャンスがあればそんなカメさんがいいと思いました!!
ちはるさま (がびお)
2019-05-31 22:23:15
ありがとうございます。

1かめ1かめの誕生日と個別の記録が分かるのは、小規模ブリーダーならではでしょうね。
孵化仔の数が多くなって、目印を付けないと分からなくなってきていますが、
それぞれの個性を持った孵化仔たちです。
日常の様子を綴る余裕はとてもありませんが、せめて誕生の様子と節々の成長を、
記録に残したいと思っています。
ブログ投稿と販売時の誕生画像は、記録を残すついでで、自己満足の遣り甲斐です。。。

悲しいお別れのは、決して忘れることは出来ませんが・・・
楽しかった思い出とともに学んだことも多かったはずです。
学んだことを再び活かすことも弔いと思うのは、私の勝手な解釈かもしれませんが・・・
ちはるさんの心を動かすような、素敵な出会いがあることを祈っています。

大阪出展は未定ですが、再び笑顔でお会いできることを楽しみにしています。
その節には、お声をお掛け下さい。
これからも宜しくお願いいたします。。。

コメントを投稿

成長記録」カテゴリの最新記事