ガウスの旅のブログ

学生時代から大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。現在は岬と灯台、歴史的町並み等を巡りながら温泉を楽しんでいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

群馬県の旅(1)

2006年12月02日 | 旅行
 忙しかった仕事も一段落したので、土日月と3連休を取ることにしたんだ。ただ、どこへ行くかを決めていなかったんだけど、土曜日の朝、急に思い立って、群馬県の四万温泉へ行くことにした。仕事疲れをいやして、リフレッシュしてこようと思っているんだけど、はたしてどんな旅になることやら、...。
 そんなわけで、出立が9時半頃になってしまったので、初日はとにかく走るだけになってしまった。渋滞している高速道路を避けて下道を行くことにし、第2産業道路を北上し、国道17号線へ出、上武国道で群馬県へと入っていったんだ。
 まず、赤城山の麓の蕎麦屋で昼食を取ったんだけど、なかなか美味しかったよ。
 その後は、渋川を経由して吾妻川沿いに中之条へと至った。そこで、歴史民俗資料館を見学したんだけど、明治時代に建てられた小学校を保存し、その中にいろいろな郷土資料や民俗資料が展示されていて、とても興味深く見学したよ。
 その後は、さらに北上し、今日の宿四万温泉へ着いた。早めの4時前の到着となったんだけど、泊まった「積善館」にはいろいろな浴室があって、楽しめるからいいかと思って...。建物もとてもレトロで築300年は経っているとか...。とても風情があって気に入ったんだ。それに、本館だと休前日でも1泊2食付き7,500円(込込)の低料金で泊まれるんだよね。
 部屋に荷物を置くとさっそく湯巡りを始めたんだけど、まず最初に「元禄の湯」というメイン浴室に浸かりに行った。この建物も古く、群馬県の文化財に指定されているんだよね。2,3人が入れる浴槽が5つと個室の蒸し風呂があり、お湯は源泉掛け流しで、とても心地よかったよ。それから、「岩風呂」に行ったんだけど、ここは、地下のような所にあり、混浴なんだ。でも、誰も入っていなかったけど...。それから、別棟にある「杜の湯」へ行ったんだけど、ここにはとても大きな露天風呂があるんだ。そこに入っていると庭側から除いているのがいる。何かと思ったら、カモシカの子供なんだよね。とてもビックリしたよ。「山荘の湯」にも入ってから、部屋へ戻り、6時から大広間で夕食を食べたんだ。箱に入った「京風弁当」で、きれいに作られていたんだけど、ちょっと量が少なかったかな...。でも、お酒も冷やで2合頼んで、とても良い気持ちになった。後は、テレビを見ながら横になっていたら、まどろんできたので、早めに床に就いてしまった。
続く

人気blogランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« むさしの湯天然温泉「小さな... | トップ | 群馬県の旅(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事