ガウスの旅のブログ

学生時代から大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。現在は岬と灯台、歴史的町並み等を巡りながら温泉を楽しんでいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松本電鉄上高地線乗りつぶしの旅

2018年08月25日 | 旅行
今日は、猛暑になるとの予報だったので、少しでも涼しいところはないかと考えた結果、余っている「青春18きっぷ」を使って、日帰りで長野県へ行って、アルピコ交通の松本電鉄上高地線の乗りつぶしをしてくることにした。
 特別に早起きをし、朝食を済ませてから、自宅を出て、武蔵野線の始発電車へと乗り込み、西へと向かった。西国分寺駅で中央本線へ乗り換えさらに西進して、高尾駅で松本行き普通列車に乗り継ぐ。土曜日の早朝なので、長野県方面へと向かう登山客が結構乗っていた。それでも座席を確保することができ、まどろみながら車窓を眺めていく。とにかく早起きしたために、睡魔が襲ってきて、目の焦点が合わなくなってきた。山梨県へ入ると雲が多くなり、途中雨がパラついたりしたが、中央本線の最高地駅である信濃境を過ぎるころには、晴れ模様になってきた。早朝の電車だけに途中で特急に抜かれることも少なく、順調に走って、出発から4時間半ほどで、9時35分には松本駅へと到着した。
 その後は、いよいよ松本電鉄上高地線へ乗ろうと思ったが、次は10時10分までないとのアナウンスだったので、いったん駅の外へ出ることとした。松本駅改札の自販機で、松本電鉄の新島々駅(片道700円)までの切符を買おうとしたが、その脇に一日乗車券(1,000円)があると書かれていたものの、その購入ボタンがない。不思議に思って、JRの駅員に尋ねてみると駅前のアルピコ交通バスセンターで販売しているとのことだった。そこで、まだ出発時間に余裕があったので、駅前広場を横切り、バスセンターまで足を運んで購入することとした。普通に往復乗車するだけでも1,400円(700円×2)かかるので、かなりお得なことは確かだ。しかも、その一日乗車券にはかわいい女の子(渕東 なぎさ)のイラストが描いてあって、気に入った。
 駅に戻って、松本電鉄上高地線のホームへと向かったが、そこには渕東なぎさ(身長152cmの19歳との設定)のイラストがラッピングされた「なぎさTRAIN」の3000系電車が待っていた。車両に乗り込んで座っていると車掌と思しき人が、乗車記念カードとコンサートの案内を配っていて、不思議に感じる。そうこうしているとバイオリンを持った男性が現れ、最後尾車両での演奏が始まったのだ。なんでも新島々駅へ着くまで、車内で無料のバイオリン生演奏が聞けるとのことで、とても驚いた。
 そんな中で、定刻通り10時10分に発車したが、電車の走行音とバイオリンの音がミックスしてなかなか面白い。アルピコ交通もなかなか粋な企画をするものだと感心し、その車両に乗り合わせた幸運を喜んだ。この上高地線は14.4kmの延長なのに14駅もあって、駅間距離が短い。その駅名標には、イラストが描いてあったりして、結構楽しめるのだが、少し雨が降ってきて気になった。車窓には、北アルプスの山々や田園風景も見え、バイオリンの音色をバックにして、心地よく30分ほどで執着新島々駅へと到着した。ここからは、多くの人々がバスに乗り換えて、上高地方面へと向かっていったが、私は駅舎の写真を撮り、駅スタンプを押しただけで、この電車で折り返すことにする。
 帰りの電車もバイオリンの生演奏が聞けて良かったが、沿線の風景を見ながら少し考えてみた。地方の私鉄は、自家用車の普及と沿線人口の減少で、苦境が続き、廃線に追い込まれるところも少なくない。その中で、この松本電鉄上高地線が頑張っていられるのはなぜだろうかと思う。一つは、上高地への観光客をある程度あてにでき、バスとうまく連携していること、一つは、沿線に高校や大学があって通学客が多いこと、一つは、松本駅でのJR線への乗り継ぎが便利なことなどが考え付いた。こういう路線は、地域住民の足としても貴重なので、いつまでも存続してほしいと願わずにはいられなかった。
 松本駅からは、12分ほどの待ち時間で、11時34分発の甲府行き普通があったので、売店で山賊焼弁当(760円)を買って乗り込むことにする。この弁当を社内で食べたが、安い割には結構美味しかった。
 昼間の普通列車は特急に追い抜かれるため、停車時間の長い駅がある。そこで、塩尻駅、岡谷駅では待ち時間を利用して、駅スタンプを押しに行ったが、これも普通列車の旅の楽しみなのだ。
 13時47分には甲府駅に着き、そんなに待ち時間もなく高尾行きの普通へと乗り継げた。ここら辺では、雨は降っていないものの雲が多く、車窓からの富士山が隠されているのを残念に思う。
 15時半前に高尾駅へと着き、ホームへ下り立つと暑さでむっとした。関東平野は相当の猛暑となっているようだが、それをおして、駅の改札へ行き、駅スタンプを押す。これをしばらく続け、中央本線の各駅に降りて、スタンプを押しながら西国分寺駅まで行ったが、あまりの暑さに辟易とする。その後は、武蔵野線へと乗り換え、自宅へ直行したが、日没までには帰着することができた。

人気blogランキングへ
国内旅行ブログランキングにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
コメント