田中長徳氏は勘違いしている

 田中長徳氏が書いた「カメラに訊け!」(ちくま新書、2009年3月10日第1刷発行)を読んだ。この中で田中氏は、郷秋<Gauche>的に超訳すると「デジタルカメラはホンの1、2年でモデルチェンジするから信用ならんしけしからん。それに引き換え自分のライカは誕生以来50年以上になるのにいまだに現役で使う事ができる。カメラと云えばライカ。デジタルカメラは無論のこと、ライカ以外のカメラは『糞』である」と書いている。しかしだ、田中長徳氏ともあろうお方が、大きな間違いを犯しているぞ。

 写真技法は1837年にルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明されている(フランス学士院で発表されたのは1839年だが、その2年前で自作の「ダゲレオタイプ」で撮影に成功している)。「ダゲレオタイプ」と呼ばれるそれは世界最初の実用的写真技法であったが、銀メッキをした銅板などを感光材料として使用し露光(露出)時間も数十分と長いなど、撮影することでネガフィルムを作り、そのネガフィルムからプリントを得ると云う、現代の写真技法とは大きな隔たりがある。

 1837年以来、多くの人のたゆまぬ努力によって、(35mmフィルムを使う)現在のカメラの直接の先祖と云っていいUr Leica (ウル・ライカ)が登場するのが1914年、21世紀の現在でも実用に供しえるM3の登場が1954年、田中長徳氏の愛器、M2(M3の廉価版。番号は若いが発売は後)の登場が1958年である。

 つまりだ、田中氏のM2はダゲレオタイプの発明から何と121年もの間、改良に改良を重ねた結果の、35mmフィルムとレンジファインダーを使うカメラとしては完成形であり、その後はそれ以上のカメラは登場していない(時代はNikon Fなどの一眼レフに移りレンジファインダーは顧みられなくなったのが実態)。戦前のライカは日本では「家一軒」と云われる程高価。高価かつ高品質(機械としての工作精度が高い)だったからこそ今でも使えるのである。

 デジタルカメラはと云えば、コダックが世界最初のデジタルカメラを開発(原理の発明)したのが1975年、最初に市販されたデジタルカメラとなったFUJIX DS-1P(現富士フイルム)の登場が1988年、実用に供せる事を世に親しめることとなったデジタルカメラであるカシオQV-10の登場が1995年、ニコンD3S&Xの先祖、D1が発売されたのが1999年。デジタルカメラの出現以来わずか22年。より現実的かつ実用的なカメラの登場からは10~15年しか経っていないのである。つまり、デジタルカメラは進化の途上にあるのだから、改良型が1年と云わず半年毎に登場するのも当然のことである。

 もう一度繰り返す。Leica M3は一世紀以上の時間をかけて進化してきたレンジファインダーカメラの完成形であり、田中氏が愛でるM2が登場した1958年に、ダゲレオタイプを愛用していた写真家もしくは写真愛好家は(ダゲレオタイプの愛好家を除けば)皆無であったと断言できる。同時に、発展途上にあるデジタルカメラにおいては現時点の最高峰であるD3SとD3Xがプロ用機材として使われているが、1、2年の後により高機能・高画質なD4シリーズが登場すれば、最先端のプロは当然のこととして挙ってD4に買い換えることになる。これが完成された(あるいは進化から取り残された)カメラと進化途上のカメラの違いである。

 50年前に既に技術的に完成されカメラと現在進化の途上にあるデジタルカメラとを比較して、Leicaは素晴らしい、デジタルカメラは「怪しからん」と云う田中氏の時代感覚、取り分け科学史的な感覚を郷秋<Gauche>は疑わざるを得ない。もっとも氏はそんなことは先刻承知の上であえて「Leicaは素晴らし、デジタルカメラは怪しからん」と書くことで耳目を集め自著の売上げを伸ばそうとしている確信犯なのである。大したものだぞ、田中長徳。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 写真展出品作... 写真展出品作... »
 
コメント
 
 
 
カメラと云えばライカ (CAO)
2017-10-04 13:37:26
 CAOと申します。はじめまして。
 私も「ライカ、ライカ」と騒いでいる?人はどうも苦手です。M3も持っていましたが、全然使わないので売ってしまいました。最近はデジカメばかりで、最後に使った銀塩はフジGA645だったりします。要するに手軽に写せるカメラが好き、ということでしょうか。
 
 
 
Unknown (郷秋)
2017-10-06 08:33:16
CAOさん、初めまして。
7年も前に書いた記事にコメントを頂き恐縮です。自分が書いたものをあらためて読んでみると、7年前と現在とでカメラ(当然のこととしてデジタル)がおかれた状況が随分と変わってきているなと感じます。そろそろ5年、10年と使い続けることができるカメラが登場しているような気がするのです。
思い起こせばオートフォーカスやフィルムの自動巻き上げがボディに内蔵された時期のカメラの変化も激しかった。デジタル化はそれ以上に大きな変化でしたが、そろそろカメラについてではなく、そのカメラで作る作品について語られるべき時代が来たのかなと思うこの頃です。
 
 
 
Unknown (neko)
2018-08-05 20:22:32
 はじめてコメントさせていただきます。私はクラシックカメラバブルのころから田中長徳の文章が嫌いでいっさい読みませんでした。未だにこのようなことを言っているのかと呆れます。
 私自身は未だにM3にモノクロフィルムを通し、自家現像・プリントで作品制作していますが、それは単なる道楽で、本来の作画優先であればライカを褒め称えるなどあり得ないことです。わたしもカラー作品制作なら迷わずデジを使います。まして、田中長徳がプロ写真家を自称する以上、デジを否定するのは完全なアナクロニズム、ライカを讃えるのはノスタルジーに過ぎません。
 田中長徳は一種のファンタジストで、約20年前にたまたま時代とマッチして荒稼ぎしただけです。現在の様子を見ればそれは明らかでしょう。
 郷秋様のお考えは完全に正しいと思います。これからも遠慮なく発言なさって下さい。
 
 
 
 
Unknown (郷秋)
2018-08-06 09:41:20
nekoさん、初めまして&コメントありがとうございます。

自家現像とプリントを楽しんでおられるとのこと、プリントまでとはうらやましい限りです。私は引き伸ばし器は手放してしまいました。フィルムの現像はできる体制は整えておりますが、もうしばらく使っておりません。使いもしないカメラ(Nikon SLR)だけ増殖中です(^^;

さて、田中氏の件。2005年には「さらば、ライカ―アナログ派のためのデジカメ活用術」などと云う本も書いているようです。ライカ使いであることを売りに、耳目を引きそうなことは何でもする、書くことが氏の立ち位置なのでしょうね。才能ある写真家でもあるようですので更なる活躍を祈りたいと思います。
 
 
 
Unknown (neko)
2018-08-06 17:01:56
郷秋様、お返事ありがとうございました。田中長徳はこんな事もコメントしているので紹介させていただきます。http://www.chotoku01.com/article/460316326.html
 ワークショップあたりでこのようなやり方をしているのでしょうか。問題外です。モノクロフィルムは、メーカー指定の露光を与え、メーカー指定の条件で現像してメーカーが企図しているネガが得られるようになっています。その仕上がりでは自分がしたい表現ができない、という場合に諸条件を変えていくわけで、わざわざ印画紙用現像液を使い、しかも濃度、温度、時間などを「秘伝・口伝」にしている理由が理解できません。
 相手がアマチュアであればなおのこと基本を大切にした現像方法を教授すべきで、自身それが出来ないからこそこのようなヤクザなやり方で目立とうとしているとしか思えません。なお、田中長徳はこのような失敗もしているようなので紹介いたします。
http://chotoku.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/60-7dc7.html
 現在、モノクロフィルムに取り組んでいるのは表現にこだわりにある人たちですから、ぜひ基本を大切にした「標準ネガ」が得られる方法をアルゴリズム化して身に着けていただきたいと心から思います。
 わたし自身はここ2年ほど中川一夫氏が「現像引伸のうまくなる本 」(現代カメラ新書)で紹介しているシュテックラー法で現像し、ほぼ満足できる結果を得ています。撮影時の露光、現像時間、現像温度など諸条件をできる限り一定にするよう心がけています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。