ガチャピンのHAPPY LIFE 2

日常生活で感じたままに綴っています。

観劇始め!

2019-01-09 23:28:16 | 舞台、映画観賞
昨日は宝塚大劇場へ行ってまいりました。

お正月らしく門松が飾れていました。
ホールにも、お正月らしさが…


元日から公演の始まった星組さんの
「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」を観てまいりました「霧深きエルベのほとり」は、
菊田一夫氏が宝塚観劇団の為に書き下ろした作品の再演。
エルベ河に隣接する港町を舞台に、ビア祭りの夜に出逢った船乗りのカールと、
名家の令嬢マルギットとのはかない恋の物語…
今の星組さんに合わせた脚本になっているようですが、
トップスターの紅ゆずるさんの演技に心しめつけられ、涙…
(ネタバレになるので、今回はこれくらいで…)

幕間には、レストラン「フェリエ」で公演ランチをいただきました。

劇の舞台ドイツに合わせたビール煮の玉ねぎが添えてあったり、
船乗りの主人公に合わせて、舟形のデザート。

添えてある人参やチョコレートが星形になっています。
公演に一回は必ずいただく、楽しみなランチ、
大劇場の横を流れる武庫川のきらめく川面を眺めながら、
ちょっと優雅にランチタイム…

でも、優雅に余裕があったのはここまで…

スーパー・レビューの「ESTRELLAS」で、歌い踊るかいちゃんを
観た途端に、涙がじわじわと溢れだし…

そして、ソワレ。
マチネは初見で、全体のストーリーを観ていたのですが、
ソワレはかいちゃんに目が釘付け!
私のソワレの席がオペラグラスなしで表情も見える列のセンター位置で…
センターに立つジェンヌさんが、ちょうど私の前に…
こんなよい席で、かいちゃんの大劇場最後のお芝居…と、思ったら泣けた…
で、レビューも同じく…
お化粧が全部流れてしまったのでは…と、思うくらいに
涙が頬を伝いました。
間隙初日なのに、先が思いやられます…(/。\)

きっと今は最後の瞬間まで舞台の上の自分の姿を輝かせよう…
と、かいちゃんは思ってみえるはず…
心が決まった人がみせる“輝き”を感じました。
寂しい、悲しい、切ない…様々な感情が溢れますが、
やはり一番はかいちゃんに出逢えて、良かった!ってこと。
そんなことを感じながらの、観劇始めでした。
(詳しい観劇備忘録は、また後日…)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新年初の伊吹山 | トップ | 鏡開き! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台、映画観賞」カテゴリの最新記事