<鼻歌で散歩>

くも膜下出血で受け死にかけました。鼻歌を歌って散歩しながら体力つけて100まで生きるつもりです。

木の根元が白いわけ

2007-03-26 20:30:03 | ガルマルの鼻歌で散歩
えー、地面の近くの幹を白く塗ってある木があります。ラオスでも、中国でも見たことがあります。もちろん、ベトナムでもそうです。さて、理由はあまりはっきりしないんです。曰く「夜車を運転する際に目立つように」、曰く「虫よけだよ」、曰く「冬に幹が凍らないように」とまあ、人様々なんです。

てなことで、写真のように、ホーチミン市でも、木をきれいに塗ってありました。たまたま、ホーチミンの担当の人がいたもんで聞いてみたんですが、白く塗るのは国からお金をもらってるんだそうです。それで、理由は二つあって、一つは、虫や病気を防ぐため、もう一つは、飾りだそうです。

というわけで、ベトナムの街路樹の幹が白く塗られる理由は明らかになりました。でも、他の国では、どんな理由で塗られているんでしょうか。同じ理由なんでしょうかね。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 裸で養蜂 | トップ | メコンデルタの運河 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ガルマルの鼻歌で散歩」カテゴリの最新記事