団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

ティノアドベンチャーへ行くこと

2018-09-18 | 雑記

さいたま市に住んでいる娘と4歳の孫(男の子)がこの連休来てくれた。4歳で年少さん、言葉もはっきりし今が一番可愛い頃だ。

今は恐竜に夢中ということで娘が調べてきた名古屋市緑区にある大高緑地内の一角にあるディノアドベンチャーに行ってきました。

等身大の恐竜が何体か林の中に造られており圧搾空気で動いたり吠えたりする一周30分位で回ることのできる有料施設。

前日までは寒い位の天気だったが行った日は30℃超えの真夏日。広大な緑地公園だが散策を楽しむことができず早々に退散することになってしまい残念。

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 駅ピアノ・空港ピアノ総集編... | トップ | 玉ねぎ2回目の種まき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にゃあ)
2018-09-19 01:06:24
酔って帰ってきて、Gさんのブログ開いて、驚きましたよ! この爬虫類は本物かっ?て。本物なわけがないんですけど(笑)
Unknown (G)
2018-09-19 17:42:10
にゃあさん>こんにちは
等身大ということでティラノザウルスなどやはり迫力です。2億年間もの長い間生きた恐竜たちが小惑星衝突で全滅したと考えられていますが、若しそれがなかったらどう進化したのでしょう。ロマンを感じます。人類はほんの20万年ですが、その人類が地球を壊しているとは・・・一体いつまで生き延びることができるのですかね。後10年で氷河期に入るという学説もあるようですから。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事